人気の記事一覧

介護の未来はどうなる。質の向上、人材不足、そして介護のお金 介護給付費分科会、介護保険部会から

「介護保険制度に対する国民の理解を高めていかないと、改革はなかなか進まない…」

所得420万円以上は保険料乗率増へ、2割負担の範囲見直しは2026年度までに結論――第110回介護保険部会(2023年12月22日)

#08 2024年の介護保険制度 ホームヘルプ・サービスのゆくえ(小竹雅子)

保険料負担軽減の公費を処遇改善に、自己負担割合の判断基準には資産勘案の意見も――第108回介護保険部会(2023年11月6日)

2割負担の範囲は結論出ず政府の検討へ、経営情報公表制度等の具体的要件も公表――第109回介護保険部会(2023年12月7日)

#09 高齢者の「負担能力」は? (小竹雅子)

#10 給付カットに使われる総合事業サービス(小竹雅子)

介護保険部会が給付と負担の見直しの議論を再開 利用者負担のあり方年内に結論(2023年7月10日)

次期介護保険制度の改正・重要課題の「結論を年末まで先送り」、加藤大臣は暗に認める

有料
100

第9期基本指針の見直し・被保険者証の電子化等について議論開始――介護保険部会(2月27日)

介護保険部会長の問題提起「介護保険では『地域住民』が『主体』となっているだろうか?」

介護保険制度改正「とりまとめ」の年内決着、加藤大臣「現在議論の途上」と明言避ける

有料
100

軽度者への生活援助サービスの地域支援事業への移行・今回は結論出ずに「検討継続」に

有料
100

介護保険制度改正の議論で「継続審議」となった項目は、いかなる経緯をたどったのか?

「要介護1・2の総合事業移行」、全国老施協・議員連盟に「重大な問題があり反対」表明

有料
100

「『要介護1・2』の訪問介護・通所介護を、地域支援事業に『段階的にでも』移行すべき」

有料
100

介護保険制度改正「訪問と通所の組み合わせ等、新たな複合型サービスの創設を検討する」

有料
100

【詳解】第78回社会保障審議会介護保険部会(6月20日)

介護保険部会の下に文書負担軽減の専門委員会設置へ(6月20日)