二拠点生活フリーライター

おしゃれ野菜を育てるの巻~本番舞台へ挑む~

山梨では緊急事態宣言がまもなく解除。そんな中、私は相変わらず庭で野菜と戯れているわけだが、ここ数日でついに我が子を畑という成人の舞台へ立たせる時がやってきた。

今日は、感動すべき我が子の成人式の様子をお伝えしよう。

一番手はやはりこの子達

先日どの子よりも速く鉢へ昇級したゴールドラッシュ(トウモロコシ)だが、彼らの成長は留まることをしらず、この鉢も小さく見えるほど大きくなった。

彼らは次の

もっとみる
スキありがとうございます♡
6

おしゃれ野菜を育てるの巻~26歳で脱サラした女の変化~

おしゃれ野菜の種を蒔き始めてはや3週間。
また、東京でのサラリーマン生活を脱し、都会と田舎との二拠点生活を始めて3か月。

いろいろな変化が起き始めている。

今回は、野菜の成長とともに、訳あって26歳で脱サラした私自身の生活、そして心と体の変化をつづっていく。

お種が私の生活を変えた

ここは山梨県北杜市の高原地帯のため、
今の時期芽が出るには少々時間がかかったものの、
前回の記事の通り、はや

もっとみる
スキありがとうございます♡
4

活動の目的とその理由を言語化する大切さ

「こんなことをやりたい!」

急に思い立って行動することがある。失敗と歓喜を繰り返して達成感なんて言葉はどこへやらひとり反省会して、モヤモヤをちょっぴりのアイデアに変えていく。そんなことを毎回繰り返しているものの、その場ですぐに言語化する習慣のない私は、それらのアイデアを瞬殺で宇宙の彼方に葬り去ってしまうのだ。

ああ、もったいない。

沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT」代表、

もっとみる
感謝!明日も生き抜こう🎶
4

2019年版!5月・6月に沖縄で開催する「ライター講座」のご案内

はじめまして。二拠点生活ライター・編集者 #みやねえ (@miya_nee3)です。実は実は、5月と6月に沖縄で「ライター講座」が目白押し!

現在、3つの「ライター講座」を沖縄で開催予定です。どの講座に参加すればいいのかな…?と迷われてる人がいるかと思いますので、各講座の特徴や学べることを簡潔にまとめていきます。

1. 【終了しました】5月18日(土)開催!フリーライターのための「#超実践セミナ

もっとみる
大丈夫。キミならできる🎶
8

せこい考えは、平成の時代に置いていく

自分が損をすると感じた途端、人は急に自分ごと化する。

それに似たような言葉を、広告PRの本か何かで読んだ。「得をする」よりも「損をしたくない」といった気持ちを人は強く抱くらしい。だから「あなた損してますよ?」と感じさせて商品への購買意欲を掻き立てる広告PRは有効なのだと。事実、これが実証済みだからこそ、ネガティブな感情に訴えかける広告が存在するのだろう。

ネガティブな感情といえば…

以前、自

もっとみる
月が綺麗ですね。
5

あの頃は、二度手間が苦手だった

私が作業を効率化する理由は、きっとただひとつ。

それは「二度手間が苦手」だからだ。一度で終わらせたくて作業を開始する前に必ず行うのが手順を考えることと、事前にスケジュールを立てること。

二度手間になって無駄に時間を消費したくない。というよりは、一度作業したものが、再びゼロの状態へ戻ることに憤りを感じているからだ。そして、そんな時は必ずこう思った。

「今までの私の時間を返してぇぇ…」

とにか

もっとみる
月が綺麗ですね。
8

沖縄の5月は梅雨、6月までインドアで

5月の沖縄は憂うつな気分が蔓延する。それは梅雨の時期に突入するからだ。稀にこの時期に快晴が続くと、ダムの水位が減少して夏場の水不足が深刻化。豪雨でも快晴でも心配事は尽きないようだ。

6月に沖縄でWebライティング講座を開催しよう。

そう思ったのは、5月18日(土)に沖縄で開催する #超実践セミナー の現地ディレクターのご相談があり、この流れに乗って沖縄のライター人口が増え続けたらいいなと思って

もっとみる
優しい心をありがとー(Photo by 私)
12

町並み散策中の沖縄マジック

今日は丸一日取材。明日は1日中、原稿を書く日に当てている。昨日、途中まで書いた記事を残して、新規の原稿を書き始める。いくつか入稿された原稿の編集もしながら、マジマジと文章と睨めっこして取っ組み合う日になりそうだ。

これといって今日は書くことがなさそうだ。もっと正確にいえば、丸一日中の取材でヘロヘロ状態。今にも爆睡しそうだからだ。惰性で書いちゃだめよねぇ?いやしかし惰性でも毎日継続して書くことが大

もっとみる
うむ。胸を張って生きろ…(煉獄さん風)
9

沖縄在住ライターが足繁く通う、沖縄・宜野湾市のグルメたち(フォトエッセイ)

2017年に「SUUMOタウン」で執筆させてもらった沖縄県宜野湾市のグルメたち。公開から2年が経過して、現在の最新情報をお伝えしたい。というのも、沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT」の中で活動する #オキグリnote部 で以前でこんなお題を出したからだ。

#オキグリnote部 から第2弾のお題が発表された。

それは「現在の居住地や沖縄で住んだ経験のある場所(1地域)を

もっとみる
うむ。胸を張って生きろ…(煉獄さん風)
7