中国特許

2021年中国企業トップ500社発表|新エネルギー企業の快挙(翻訳)
+5

2021年中国企業トップ500社発表|新エネルギー企業の快挙(翻訳)

  9月25日に中国企業連合会と中国企業家協会は「中国企業トップ500」を発表しました。この発表は国際的な常識に従い20年連続で行われているもので、ランキングは主に2020年の企業の事業収入に基づいています。エネルギー関連企業としては、石炭、石油・ガス、電力、新エネルギー、総合エネルギー、自動車などの企業95社がランクインしています。   このランキングに関する記事(原文はこちら)の翻訳をご紹介します。後半では特許情報に基づくランキングも掲載します。 1.「中国企業トップ

スキ
5
2021年深圳市科学技術賞(青年賞、特許賞、規格賞)
+3

2021年深圳市科学技術賞(青年賞、特許賞、規格賞)

深圳で2021年深圳市科学技術賞が発表されましたので概要を紹介します。 1. 2021年深圳市科学技術賞  深圳市では「深圳市科学技術賞」が毎年発表されています。この賞は深圳の科学技術イノベーションの動向を反映する重要な指標であると認識されています。市長賞、自然科学賞、技術発明賞、科学技術進歩賞、青少年科学技術賞、特許賞、標準賞の計7種類の賞が設けられています。   9月13日、深圳市科学技術賞委員会事務局は、「2021年深圳市科学技術賞」のうち3つのカテゴリーの賞「青年

スキ
3
中国量子技術主要プレイヤー8社|中国スタートアップ・民営企業
+4

中国量子技術主要プレイヤー8社|中国スタートアップ・民営企業

  6月29日に、合肥ミクロスケール物質科学国家研究センター、上海量子科学研究センター、中国科学院量子イノベーション研究所の研究者が共同で執筆した「Strong quantum computational advantage using a superconducting quantum computer」という論文が発表されました。   論文には、66量子ビットを調整可能な結合構造で構成した中国の「祖冲之号(Zuchong)」プロセッサが、記録的な「量子覇権」を達成したこ

スキ
8
特許から見えるFPD用フィルム開発動向
+4

特許から見えるFPD用フィルム開発動向

 日本、韓国、台湾のメーカーが中心だったフラットパネルディスプレイ(FPD)産業で中国シフトが加速している。新型コロナの影響からの経済回復と、韓国勢の液晶パネルからの撤退により、中国企業の勢いが増している。 近年の中国の大型投資は、液晶パネルにとどまらず、さらに先の有機ELディスプレイやミニLEDあるいはマイクロLEDなども視野に入れており、ディスプレイ事業の主役を目指している。 1)FPD用フィルムの特許出願の動向  FPD用の「機能性フィルム」の特許出願について、日本、

スキ
2
中国ブロックチェーン特許報告2020レポートより
+11

中国ブロックチェーン特許報告2020レポートより

  アリババグループのアリペイや、テンセントの子会社のテンセント・ミュージック・エンターテイメント、バイトダンス(未公表)などがNFTのためのプラットフォームをローンチしたというニュースが最近相次いで公開され、中国のブロックチェーンに関するニュースがますます世界を賑わせています。   中国商務部からは8月21日付けで『第14次5か年計画期間における商業分野における標準化体系構築の強化に関する指導意見書』が公表され、商取引における標準化を実現する手段として、デジタル技術応用の

スキ
5
中国5Gスマート医療における深圳大学の特許出願
+9

中国5Gスマート医療における深圳大学の特許出願

  深圳大学付属華南病院がチャイナモバイルと提携し、国家5Gスマートホスピタルを構築するというニュースが8月20日の中国のニュースサイトに掲載されました。深圳大学は2020年の国際特許出願数に関して、中国国内の教育機関別ランキングで第1位を獲得した大学です。また5G技術やハイテク医療設備は、2025製造リストに掲載されている分野です。深圳大学はどのような知財活動を行っているのでしょうか。深圳大学の5Gスマートホスピタルに関する技術に着目し、特許出願状況を調べてみました。 1

スキ
7
中国商業宇宙開発スタートアップの特許紹介
+5

中国商業宇宙開発スタートアップの特許紹介

Ⅰ. 中国の商業宇宙開発   最近まで中国の宇宙活動は、中国航天科工集团(CASIC)と中国航天科技集团有限公司(CASC)という2つの国有企業に圧倒的に支配されており、国内での操業を許可されていたのは一部の民間宇宙企業だけでした。例えば、1980年に設立された中国长城工业集团有限公司(実質的にはCASCの子会社)は商業的な打上げを行っていますが、それ以外には中国には商業宇宙産業はほとんど存在しませんでした。衛星は製造するのも打ち上げるのもコストがかかり、サイズと重量が大きく

スキ
7
建設機械メーカー世界3位|中国XCMG超大型クレーンの特許

建設機械メーカー世界3位|中国XCMG超大型クレーンの特許

  前回の記事で第22回中国特許賞について紹介しました。今回の記事では、同賞にランクインしていた企業のうち徐州市で唯一の金賞受賞企業である徐州重型机械有限公司に注目し、該当の風力発電設備に使用される技術に関する特許と、同社のグループ企業である徐工集团工程机械股份有限公司(XCMG)の知財活動や最新情報について紹介したいと思います。 (画像引用元)http://news.cmol.com/2021/0720/89008.html 1.  徐州重型机械有限公司   徐州重型机

スキ
3
中国特許金賞からわかる深圳企業の活躍

中国特許金賞からわかる深圳企業の活躍

  2021年5月10日に、中国国家知識産権局によって第22回中国特許賞の審査結果が公表されました。中国特許賞は1989年に設立され、中国国家知識産権局と世界知的所有権機関が共催する中国知財最高賞とされています。この受賞リストから深圳企業の活躍にせまってみたいと思います。 1.  第22回中国特許賞   中国特許賞とは、中国国家知識産権局とWIPOが共同で主催する、中国における発明創造に奨励を与える専門的な賞です。『中国特許賞評価規則』の規定に基づいて、国務院の関連部門の知

スキ
1
ファーウェイが選んだ「天使少年」はどのような特許を保有しているか?

ファーウェイが選んだ「天使少年」はどのような特許を保有しているか?

  2019年、ファーウェイの任正非氏は次のように発表し、「天才少年」プログラムを開始しました。 今年は世界中から20~30人、来年はさらに200~300人の優秀な若者を採用したいと考えています。これらの優秀な若者たちはまるで「ドジョウ」のように私たちの組織に穴を開け、チームを活性化させてくれます。ファーウェイは今後も世界を牽引して独自の基準を作らなければなりません。我々が世界最先端に立つことで基準となれば、他の人たちもその後に続くでしょう。 1. ファーウェイの「天才少

スキ
4