一過性では終わらせない

公民連携で年間100万人を集客
補助金に頼らない!
岩手県紫波町「オガールプロジェクト」

公民連携で年間100万人を集客 補助金に頼らない! 岩手県紫波町「オガールプロジェクト」

「日本一高い雪捨て場」からの脱出 補助金を一切使わないスキーム 地域おこしには付き物の補助金。とりわけ過疎地においては、行政からの補助金なくして振興策に取り組めない状況にある。だが、補助金頼りの地域おこしを続けているうちに、「手段」のはずの補助金獲得が「目的」にすり替わることも。そうなれば実効性がある地域おこしには繋がらない。だが、補助金に頼らない地域おこしに成功した事例もある。  岩手県都・盛岡市に隣接する紫波町である。人口3万2000人、盛岡市からJRで20分の通勤圏で

スキ
1
有料
200
優れた「デザイン」で若者を取り込む
北海道上川町「KAMIKAWORK」の挑戦

優れた「デザイン」で若者を取り込む 北海道上川町「KAMIKAWORK」の挑戦

大雪山という町のシンボルを生かした 町づくりを考える大学 「地域おこし」を成功させるのは、「よそ者」「若者」「ばか者」と言われる。だが、この3つが揃っている地域は稀だ。彼らを呼び寄せるところから「地域おこし」が始まる町もある。「ばか者」はともかく、「よそ者」と「若者」を集めるのには、何が一番効果的なのか?その「答え」が北海道にあった。  北海道上川町は豊かな自然と観光資源に恵まれた町だ。大雪山系黒岳への登山口には、北海道の名湯として知られる層雲峡温泉がある。「上川ラーメン」

有料
200