一国民の会

第3回sjcまとめ

今回は衆議院議員 松原仁先生による「アフター・コロナに向けた「減税政策の進め方」
現役国会議員の話は、今の政府の考えがわかりやすい。

これは、現状をふまえた松原先生のご意見。
①お金は何かの手段だったはずなのに、今はお金の為に、という認識になっているから、幸せを感じにくい。
②減税団体ができて議員に圧力をかけたら、減税の動きは起こせると思う。そして、減税すべき。
③今はパラダイムシフト、今までの

もっとみる
嬉しい、ありがとう❣️
1

渡瀬裕哉と行く高知 気づき✨6-3 なによりも大切なこと。それはナショナルヒストリー!✨減税は両輪が必要だ!

アメリカと日本の現状を6-1,2でご紹介しました。
今回はまとめです。

減税運動を車で例えれば、

ナショナルヒストリーとお金の話の両輪が必要なんだ!

と言えるでしょう。
お金の話、つまり経済的な話です。
でも、それだけでは弱い、と渡瀬裕哉さんは仰います。

きっとTeaParty運動しているアメリカ人の
「アメリカ人だから減税だ!!」という一見論理飛躍しているような主張に
実は、アメリカ建国

もっとみる
あなたが好き💛 スキ感謝します💛
10

渡瀬裕哉と行く高知 気づき✨その4 地元の自由民権家をちょっとだけ調べてきいてみたら。。。

※写真は桂浜。風も無く、素晴らしい眺めで。光の筋が映り込んでいました。。。。

高知の旅のこともあり、地元の自由民権家についても少し、調べてみました。地元の資料、となると、図書館の持ち出し禁止のものが多いですね。

一冊、購入できた本がありました。『近代川崎の民衆史』けやき出版刊

その中で、二人ほど重要人物(上田忠一郎、井田文三)がいたこと。
自分が今住んでいる、溝の口、が実は、武州の橘樹郡(た

もっとみる
あなたに良きことが雪崩のごとく起きます!スキ感謝しま~す💛
9

渡瀬裕哉と行く高知 気づき✨その1~借りたほうが強い?!

今回の旅では、武相困民党について勉強したことが、より理解を助けてくれたように思います。

武相困民党については私の大叔父、八幡城太郎のこともあって、私事として大変興味を持って調べました。詳しくはややリバ通信をご参照ください。
https://yayaliberty.jp/1938/

常日頃、渡瀬裕哉さんが強調されるのは、
「自由民権運動は左翼のテロ行為ではない!」ということです。

私も、武相困

もっとみる
天国言葉。ツイてる、嬉しい、楽しい、(続く)スキ感謝します💛
25