ヘッドフォンアンプとしても有能なMOTU MicroBook IIを4000円で入手

オーディオインターフェイスMOTU MicroBook IIのジャンク品を見つけ、思わず買ってしまいました。「ジャンク品に出していいのは3000円まで」というマイルールを超えて4000円も払ってしまいましたが、送料込みだったのでギリセーフとさせてください。幸いなんの問題もなく動作してくれています。

私は普段パソコンのミニジャックにスマホ付属のおまけヘッドフォン挿して動画編集しているような人間なの

もっとみる
よろしければシェアもお願いします♪
3

英国CHORD社DAC-AMP Hugo2

6月30日にイギリスのCHORD社が開発したHugo2というデジタルアナログコンバーター(DAC)を内蔵したヘッドフォンアンプが発売されました。このHugo2はかなり前に記事にしたMojoの兄貴分にあたるDACヘッドフォンアンプで、これまでHugoが発売されていましたが、その後継にあたる機種です。

外箱を開封した中身は上の写真の通りで、据え置き使用に便利な赤外線リモコンまで今回は付属しています。

もっとみる

外でよい音を楽しむには?

最近ハイレゾ音源というのをよく耳にするようになってきたと思います。最近はメーカーもこれまでの製品と差別化をしたいため、ハイレゾ対応製品に力を入れるようになってきました。

ハイレゾ音源というのは分解能が16bitを上回るか又はサンプリング周波数が44.1kHzを上回る無圧縮或いは可逆圧縮のデジタル音源のことです。

ところが、思ったようにハイレゾ製品は売れているかというと、そうではないです。理由は

もっとみる

xDuoo XD-05 オペアンプ交換 その2

前々回のnote記事でXD-05のオペアンプを交換したことを書きました。その時交換に使ったオペアンプはOPA2211AIというオペアンプで、1個のパッケージに2つのオペアンプが入っている(こういうのを2回路オペアンプと言います)ものでした。つまり、下の図で言うところの右が2回路版で、左が1回路版です。

で、製造元のテキサスインスツルメンツ社のデータシートをつらつらと見ていましたら、1回路版のOP

もっとみる

xDuoo DAC-AMP XD-05 その2

またまたxDuooのDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプの話題です😅

DP-X1とのUSB接続は全く問題なし

前のノート記事でDP-X1とのUSB OTGケーブルの接続の認識にコツが必要なことを書きましたが、どうもUSB OTGケーブル自体のコネクタの接触の問題だったようで、USB OTGケーブルのコネクタのピンを接触が良くなるようにしたらUSB OTGケーブルを刺した状態でDP-X1の電源

もっとみる

xDuoo XD-05 オペアンプ交換

DAC-AMP XD-05のオペアンプ交換やってしまいました(笑)
なお、交換してしまうとメーカー保証は効かなくなりますので、あくまで自己責任です😅。オペアンプ、交換用ドライバー、変換基板やソケットは大阪日本橋の共立電子産業株式会社で入手しました。

まず本体の基盤を取り出し方ですが、本体正面の4つのネジを外す必要があります。このネジは星型の特殊ネジですので、専用のドライバーが要ります。下記写真

もっとみる

xDuoo DAC-AMP XD-05

xDuoo XD-05は、2016年5月20日より日本国内でも発売された中国(乂度科技有限公司(xDuoo))のDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプです🎵。PCM、DSD、DXDの再生が可能です。USBのオーディオプロセッサにXMOS社のU8A、光/同軸入力にはシーラス・ロジック社のCS8422、DAC(D/Aコンバーター)には旭化成エレクトロニクス(AKM)のAK4490を搭載しています😉。

もっとみる

英国CHORD社DAC-AMP Mojo

皆様、Mojoってご存じでしょうか。Mojoもデジタルアナログコンバーター(DAC)を内蔵したヘッドフォンアンプで、イギリスのCHORD社というハイエンド・デジタルオーディオでは有名な会社が作ったヘッドフォンアンプです。

上記はMojo(専用本革ケースに入ってます)と、ONKYO DP-X1 です。

Mojoが面白いのは、DACにバーブラウンやESSなどの既存のDAC用LSIを使わず、FPGA

もっとみる

DP-X1リアルタイムDSD変換

最近はONKYOのポータブルデジタルオーディオプレーヤー(DAP)・DP-X1とDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ(ポータブルDAC)・PHA-3をDP-X1内蔵の専用オーディオプレイヤーのリアルタイムDSD変換を利用して聞くようになっています。

DSDとは?

DSDというのは、簡単に言えばPCMが音の大きさを時間毎に棒グラフにしたものだとすると、DSDは音の大きさは一定(つまり0か1)で

もっとみる