ベネズエラ音楽

本日の一曲 13日目 Pajarillo Verde - Cecilia Todd

ベネズエラを代表する歌手の一人で弦楽器クアトロ奏者セシリア・トッドの1974年に当時滞在していたアルゼンチンにて録音された1stアルバムより、彼女の初期大ヒット曲「パハリージョ・ベルデ(緑の小鳥)」。 2016年にワールドミュージック系フェス『スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド』出演にて来日す…

[2020.08]チェオ・ウルタード|ベネズエラ【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEX…

「彼がクアトロを手にすると火山の如き熱風が巻き起こり、オリノコ川のテンブラドール(デンキウナギ)がその指に電気ショックを与えたかのようだ。そうだ、チェオ・ウルタードはユニーヴァーサルな存在なのだ」(エリアス・イナティ) チェオ・ウルタード●プロフィール  1960年ボリーバル市生ま…

今日出会った音楽 Los Amigos Invisibles- Espérame

今日出会った音楽。 Los Amigos Invisibles- Espérame Los Amigos Invisiblesは、ベネズエラのグループ。 ビデオが気に入った。 歌詞にしてもビデオにしても、私はストーリーのあるものが好き。 最後にクスッと笑えるのもいい。 そし…

Edward Simonとベネズエラ音楽

Jazz The New Chapterで知られる柳樂光隆さんの このツイートへのアンサーという体で、ベネズエラ出身サンフランシスコ在住のジャズピアニストであるエドワルド・シモン(エドワード・サイモン)が演奏している、彼のルーツとしてのベネズエラ音楽の紹介/プチ解説のエントリーです。 Apple Musicのプ…

どこからが曲? 〜ベネズエラ音楽を聴いて考えたこと〜

「じゃああの曲やろうよ!」とか「この曲いいよね!」とかみんなが気軽に使っている「曲」という言葉について、最近改めて考えています。 「曲」とは 鳥の声が音楽に聴こえたとしても人が手を加えて組み立てるまでは曲にはならないし(もちろんある人にとって「音楽」かもしれない。鳥にとっては会話…