ウルシオール

5000年以上の歴史を持つ天然樹脂、漆と人類の関わり合い

皆さんこんにちは。毎日投稿は少し厳しいですが、なるべく多くの記事を投稿するように頑張っていきたいです。

 本日は天然樹脂の話について書いていきたいと思います。

 そもそも、樹脂とは何なのか

 樹脂とは、松脂や漆のような樹木から出る樹液が固まったものです。このように自然から採取できる樹脂のことを天然樹脂といいます。

 かつて、樹脂は天然樹脂のことだけを指していたのですが、有機化学や高分子化学

もっとみる
ありがとうございますっ!!
2

vol.3 ウルシオールの酸素共有

前回では,ウルシオールはラッカーゼが水素を奪うことで,ウルシオールの酸素が二重結合し,同じく水素が奪われたウルシオールと架橋することについて説明した.

今回は,ウルシオールは架橋の過程で2つのウルシオールが酸素を共有し,ジベンゾフランへ変化する過程について説明しようと思う.

何度もしつこいかもしれないが,この六角形はベンゼン環,OHはヒドロキシ基,Rはアルキル基と呼ぶ.そして,酸素が二重結合し

もっとみる

vol.2 ラッカーゼの自動酸化反応

前回では,漆はウルシオールという物質からなり,ラッカーゼ酵素によって結晶化することについて簡単に書いた.今回は,ラッカーゼがウルシオールを酸化させる過程について説明を加えようと思う.

今一度,ウルシオールの構造式を見てみよう.

ラッカーゼは常温で多湿な環境でウルシオールの水素を奪い,ウルシオールを酸化させる.このとき,ラッカーゼ自身も空気中の酸素を取り込んですぐに還元(元の状態に戻る)する.す

もっとみる