母親という、均質化されたつまらない役柄

子育てを終えた私がなぜ「母親役はつまらない」と言うかといえば、それはキラキラ主役級の聖母イメージの裏に、社会に強制された"女の義務"が透けるからです。

「素敵なユニフォームを支給しますから、3Kの仕事を真面目にしてね」みたいな感じ。

アドリブは許されず、影があってはいけない、ペラリとした役柄ですね。男の人なら幾つになっても、不良キャラがカッコいいのに……。

それと、実の母親のイメージが悪すぎ

もっとみる
Thanks a million!
9

優等生のノートを借りる常習犯

……それは私です。普通に考えたら、自分のノートでなく優等生のノートを借りて勉強したほうが、いい点が取れてGood――と思うんですけど……。たいていの人は、そうは思わないみたい。

大学生のとき、国際経済学という専門科目がチンプンカンプンだったので、クラスで頭が良さそうだったH野くんという同級生にノートを借りに行きました。

コピーさせてもらい、一夜漬けで勉強したら、Aが取れました。相対評価をする教

もっとみる
I appreciate your interest.
7

人を見て「バカみたい」とつぶやくと、自分も同じ姿になる話(後編)

コレ、本当の話だから注意したほうがいいです。人を見て優越感感じるなんてこと、めったにしない私……ですが、人生でそれをやった二回ともが、自分がバカにしたその立場に自分がなりましたw

2回目は、ニューヨークでのこと。お部屋を借りる前の2011年に、私は二週間ほど事前偵察に来ました。「娘の就職が決まったから、これからニューヨークで音楽を」と望んでいたものの、なんのコネもツテもありません。そこで、オーデ

もっとみる
Happy goes lucky!
6

人を見て「バカみたい」とつぶやくと、自分も同じ姿になる話(前編)

コレ、本当の話だから注意したほうがいいです。人を見て優越感感じるなんてこと、めったにしない私……ですが、人生でそれをやった二回ともが、自分がバカにしたその立場に自分がなりましたw

1回目は、娘を妊娠するちょっと前のことです。結婚後もフルタイム・ベースでピアノを教えていましたが、子供を育てるとなると、フリーランス・フォトグラファーの夫の稼ぎでは、安定が少し心配。今のうちに正社員の勤めでも、と転職

もっとみる
I appreciate your interest.
10

意外に迷信深い?日本のショービジネス

お祓い…ってしたことありますか? 私はないです。ていうか、音楽事務所に勤めてたころ、神社に向かう社員御一行さまに置いてけぼりをくらいました。

音楽事務所勤めっていったら、縁故かと思われたりして……? 昨日の未来ノートに、「才能が満ち溢れてる人以外は、自力でやらないほうがいい」なんて書いたので、「じゃあコネ?」とか疑われないよう、以前日本でしていたエンタメ関係のお仕事のことを今日はちょっと書いてみ

もっとみる
Happy goes lucky!
4

Hotel Fantasia

全てを忘れられるホテルがあったなら……と、書き始めた短編小説集の表題作。購読者25万人の米アート系ウェブマガジンRebelle Society 12/21号に、この短編集中のクリスマス・ストーリー "Lonely Holiday Insurance"が掲載されます。
(掲載記事はこちら。2019年1月更新)
http://www.rebellesociety.com/2018/12/21/mik

もっとみる
Can't thank enough!
6

「Jazz The New Chapter 2」拾い読み

2014年も、音楽はとても豊かでした。その中でもとりわけ活気があったのは、やはりジャズということになるでしょうか。そして、そのシーンの現状をいち早く(おそらく世界で最も早く)、捉えたムックが「Jazz The New Chapter」シリーズ(今の時点では「1」「2」の2冊がリリースされています)であることは間違いないでしょう。このnote記事は、ぼくが「Jazz The New Chapter

もっとみる