イベントレポート:「『ブランド』を作る思考法」

イベントレポート:「『ブランド』を作る思考法」

5/24(金)ピースオブケイク社にて行われた 「『ブランド』を作る思考法」というイベントに参加してきたのでメモと感想です。 スピーカーは、 ・Takramの渡邉さん ・インサイトフォースの山口さん の2名で、ブランディングについて話を伺うには個人的には申し分ない方々でした。(登壇者の詳細は上記リンクよりどうぞ) モデレーターは最所あさみさん。 トークテーマは ① ブランディングはなぜ必要なのか? ② いいブランドがやっていること・やらないこと ③ ブランド力をつける発信の

17
100
思想が明確なブランドは何が良いのか? ~ブランド戦略のレイヤーの違い~

思想が明確なブランドは何が良いのか? ~ブランド戦略のレイヤーの違い~

「思想~ビジョンや、提供する価値が明確なブランドは何が良いか?」 単にコアファンができたら、指名買いで価格競争から逃れやすくなるだけではありません。思想が明確なブランドの効用は、社内外をまたいだバリューチェーンにおける取引と関係維持のコストが著しく下がることにあります。 強烈なブランドは、その価値に惹かれた従業員が集まり、その価値に惹かれた顧客が集まる、ある種のインナーサークルのコミュニティのような存在になります。 そこでは、阿吽の呼吸を含めたハイコンテクストなやりとり

56
Wantedlyのブランド名で思う、ブランドは誰の代弁者なのか問題

Wantedlyのブランド名で思う、ブランドは誰の代弁者なのか問題

今週はWantedlyさんの上場報道絡みで、いろいろな記事が飛び交いました。この記事はIPOではなく、ブランドと事業の関係を考える題材として、Wantedlyさんは非常に面白いと思ったので書いてみます。 Wantedlyのサービスの骨子は、無味乾燥な言い方をすれば、人材募集の広告メディアであり、求人したい企業と職を求める個人をつなぐマッチングプラットフォームです。特徴としては、ベンチャー企業がターゲットという色が感じられます。 ベンチャーの求人というのは、いわゆる有名大手

23
自己紹介ページ(初めて知った方向け)

自己紹介ページ(初めて知った方向け)

山口義宏プロフィール略歴インサートフォース株式会社 代表取締役社長 ----- 企業のブランド・マーケティング戦略支援に特化したブティック型コンサルティングファーム、インサイトフォースの代表取締役です。 コンサルティングの内容やアプローチは、こちらの対談記事で掘り下げていただいているのでご参照いただくと早いと思います。 Twitterでの話題は経営、ブランド、マーケティングのネタが中心です。ときどき、メディア掲載記事やセミナー登壇のお知らせ情報も投稿します。 htt

76
マーケティング調査の使い方の誤解

マーケティング調査の使い方の誤解

よく、潜在顧客の調査をやったときに「競合の王者ブランドA社は◯◯が強く、チャレンジャーである自社は◯◯が弱い。じゃあ、自社の◯◯を強くすれば、もっと顧客に選ばれるはずだ。」一見正しいようで、この場合の多くは◯◯が強くなっても顧客に選ばれないという罠があり、実に多くの企業で蔓延しています。 これは調査やマーケティングが悪いのではありません。調査の限界と戦略の原則を知らないことで起きてしまうことです。 顧客から、関与度・リテラシーが低い商品・サービスの調査は、回答者も対象の評

166
「働き方改革」で感じる懸念etc.

「働き方改革」で感じる懸念etc.

私やインサイトフォースは別に「働き方改革」の専門家ではないのですが、ちょくちょくそれらの取り組みの実情が耳に入ったり、その文脈背景のなかで「事業レベルでの生産性を高める」テーマのご相談をいただくことがあります。 色々お話を伺いつつ思うのは、事業の生産性を高めるときに、無駄な業務プロセスの見直しはもちろん必須なのですが、最後の最後は、結局のところは 「収益性の低い顧客・サービス・業務から、手を引くことなしに、短い時間で高い成果を産むことは難しい」 ということに行き着きます

16
強いブランドが弱体化した日本企業の真因~強いブランドを創った会社≠ブランド戦略に強い会社~

強いブランドが弱体化した日本企業の真因~強いブランドを創った会社≠ブランド戦略に強い会社~

「強いブランドを創った会社なら、ブランド戦略がうまいに決まっているでしょ?」 そう思うのが素直な反応です。 しかし、今回は、変な逆張りを言いたいのではく、私が長年のブランド~マーケティングのコンサルティング活動によって見えてきた、”日本の大企業のブランドが20世紀に成功し、21世紀に入り衰退した真因”についての大真面目な定性的考察です。 --- 20世紀に世界で存在感を高めた日本発のブランド HONDA、SONY、Canon、TOYOTA・・・20世紀に世界市場で成

30
生々しいCFT(クロスファンクショナルチーム)運営のコツ

生々しいCFT(クロスファンクショナルチーム)運営のコツ

昨日、ITmediaマーケティングさんに連載の最終回『ブランディングとセールスの連動、「CMO待望論」より必要なこと』を寄稿させていただきました。 http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1606/13/news045.html 内容をざっくり言えば ・日本企業は、創業世代の経営者が去った後、誰かひとりに権限が集中することが文化的に馴染まないことが多い ・そのため、マーケティング関連の判断権限が一極集中するCMO(チーフ・マ

8