アメリカインサイト

誰がタリバーンの全土制圧を許したのか
「サイゴン陥落」の再現、「嘆きのアフガン」

誰がタリバーンの全土制圧を許したのか 「サイゴン陥落」の再現、「嘆きのアフガン」

「全土を蹂躙、支配する可能性は極めて低い」 バイデンの甘い見通しがタリバーン跋扈 アフガニスタンからの米軍引き揚げは、ジョー・バイデンにとって、大統領就任以来最大の失態となった。9・11同時多発テロ首謀者のオサマ・ビン・ラディン率いるイスラム過激組織アルカイダ殲滅のため、当時同グループを匿っていたやはりイスラム主義組織タリバーンが政府を形成していたアフガニスタンに米国が宣戦布告したのは2001年。ビン・ラディンの暗殺と、タリバン政府を追い出して親米政府の樹立には成功したものの

有料
200
ガードレールを突き破った中国
米国の強硬策に戸惑う同盟国の現実

ガードレールを突き破った中国 米国の強硬策に戸惑う同盟国の現実

真珠湾まで持ち出し、危機感露わ 全部、米国が仕組んだ仕業と思い込む 米中関係の緊張激化が止まらない。ジョー・バイデン米政権発足以来2度目となった7月末の両国外交高官会合を前に、米国務省筋は米メディアに対し「(衝突防止の)ガードレール作り」を目指すと話していた。しかし、会談は互いの主張と懸念をぶつけ合うだけの全くの平行線。ワシントンポスト紙の「バイデン政権はトランプ政権以上に中国にきついかも(China may be having a harder time with Bide

有料
200
供給ショックには無力、利上げに進むFBRの悩み
まさかトランプが戻ってくる?共和党は正常か?

供給ショックには無力、利上げに進むFBRの悩み まさかトランプが戻ってくる?共和党は正常か?

サマーズらの勧告に全面的屈服したFRB 2023年までに2回の利上げが大勢意見に この春からの米国のインフレ動向とそれに応じた金融政策の在り方を巡る一大論争は、どうやら米連邦準備制度理事会(FRB)側の「敗北」だったようだ。今年に入ってからの急激な物価上昇は一時的なもので、FRBは当初現行の超緩和策から引き締めに転じるのは「2024年以降」としていた。これに対し、ローレンス・サマーズ元財務長官やオリビエ・ブランシャール元国際通貨基金(IMF)チーフエコノミストら、現場の経済金

有料
200
米中対立はスポーツまで巻き込んでいる
2大政治イデオロギーの衝突、米国不利の台湾情勢

米中対立はスポーツまで巻き込んでいる 2大政治イデオロギーの衝突、米国不利の台湾情勢

🔻責任なき五輪開催支持、日本は実験台?   米国の「変わり身」の背景にはやはり中国  新型コロナ禍の「super-spreadder event=1大感染イベント」になるリスクを顧みず、近づく衆議院選挙での勝利と総理再任のための政治的利点に目がくらみ東京オリンピック開催に突っ走った日本の菅義偉首相。そんな首相にとって米国の「変わり身」はとりわけ有難かったはずだ。  5月24日、米国務省は日本について、オリンピック関係者は除外したものの、一般米国人に対し渡航中止を勧告する「警

有料
200
民主主義と独裁政治のどちらを選ぶか バイデンが賭ける「大きな政府」戦略

民主主義と独裁政治のどちらを選ぶか バイデンが賭ける「大きな政府」戦略

40年前に大きな転換があった それはロナルド・レーガンの発言だった「政府が問題の解決策ではない。政府が問題そのものなのだ」  第40代米国大統領ロナルド・レーガン(共和党)は、40年前の就任演説でこう国民に訴えた。そして、それは1929年の大恐慌以来、経済を堅実に成長させて個人の自由と幸福を保障するには、政府が積極的に経済活動に介入する「大きな政府」ではなく、市場と民間の自由な活力を重んじ、政府の規制・関与は最低限に止める「小さな政府」が経済には一番だと、国家的認識を一大転

有料
200
大型対策に経済学の巨頭たちが真二つ
パウエル、イエレンの言い分。対中政策も

大型対策に経済学の巨頭たちが真二つ パウエル、イエレンの言い分。対中政策も

200兆円の大型対策に気迷う米金融市場 長期金利の急騰をもたらしたのは何か 3月11日、新型コロナ克服とそれに付随する経済立て直しを狙うジョー・バイデン米大統領(民主党)の1.9兆ドル(約200兆円)に上る大型対策が成立した。大統領就任前から着々と構想を温め、就任宣誓式から間髪入れずに発表。国民に1人当たり最大1400ドル(15万円)の追加給付を柱とし、拡大失業手当手の継続や企業支援、社会インフラの再整備など米国の「build back better=よりよい再建」を目指す意

スキ
2
有料
200