れんげ舎

常識を吟味すると本当の自分に出会える

常識を吟味すると本当の自分に出会える

「常識に囚われない」と「常識外れ」はまったく違います。常識に囚われないためには、常識を丁寧に吟味にかける必要があります。そして吟味した結果出会えるのは、まだ知らない「本当の自分」です。 あまのじゃくな人の本質は常識人「俺は世間とは違うんだ! 他人とは違うことをやるんだ!」 そんな考えで、敢えて常識から外れた選択をするあまのじゃくな人がいます。「自由で自分自身を持っている人」と見なされることもありますが、こういうあまのじゃくな人って、じつはゴリゴリの常識人です。一貫性のある

スキ
19
続・恋愛ってそんなに大事?恋愛は「変態」説

続・恋愛ってそんなに大事?恋愛は「変態」説

前回は「恋愛は心の風邪説」をお届けしました。今回は一歩進んで、恋愛って「変態」なんじゃないの?という話をお届けします。 恋愛は変態だと言った人を知っていますか?前回、恋愛なんてそんなに大事でもないし、高尚でもないし、人生もっと大事なものがあるんじゃないの?という少々ドライな話をしましたが、今回はそれに留まらず、 「恋愛しているの? 変態だね」 という驚きの展開です。恋愛を変態だと切って捨てたのは、だれもが知っているとても有名な人物です。 雨ニモマケズや銀河鉄道の夜の作

スキ
21
恋愛ってそんなに大事?恋愛は「心の風邪」説

恋愛ってそんなに大事?恋愛は「心の風邪」説

「恋愛」にまつわるコンテンツは、歌・映画・ドラマ・漫画・小説など多岐に渡っており、巨大なマーケットになっています。でも、恋愛のこと、少し大事に考え過ぎじゃないでしょうか。 今回と次回は「恋愛ってそんなに大事?」というテーマを扱います。今回は「恋愛なんてただの心の風邪」という考え方を紹介します。 恋愛している人が輝いて見える理由恋愛している人、特に付き合い始めの人は、とても輝いて見えます。外見に気を使うようになるということもあるのかもしれませんが、本質は別のところにあります。

スキ
30
自分を悪く言ってはいけない本当の理由

自分を悪く言ってはいけない本当の理由

「俺バカだから」「わたしポンコツなんで」 こうした自分を悪く言う言葉を使う人は、おそらくそれほど本気でもないのでしょう。でも、たとえ本気でなくても、自分のことを悪く言うと自分自身の心身を傷つけます。なぜなら、「話し手としての自分」ではなく、「聞き手としての自分」が、あなたの言葉にじっと耳を澄ませているからです。 謙遜し過ぎの日本社会特に若い世代に顕著ですが、「させていただく」を連発する人が増えています。何でも「させていただく」って言えばいいんじゃないんだぞ、と聞いていて思

スキ
49
自分の道を貫くと天涯孤独になりますか?

自分の道を貫くと天涯孤独になりますか?

こんな質問をいただきました。 Q:自分の人生は自分で決めたいと思っています。でも、自分らしく生きることを貫き続ければ、天涯孤独になることもあるのではないでしょうか。天涯孤独は嫌だなと思います。長田さんはどう思いますか? あなたならどう答えますか?下記が、僕なりの答えです。 自分の道を貫くことが別れにつながることもある自分の道を貫くこと、つまり自分の気持ちに正直に自分自身の人生を生きようとした選択が、離婚や退職のように、目の前の関係を壊し痛みを伴う変化に繋がることがありま

スキ
32
「もうオッサンなんで」と言わないで

「もうオッサンなんで」と言わないで

よく男性が「もうオッサンなんで」とオチを付けることがあります。相手や相手の話に興味を持って聞いていても、なんだか急に白けます。「オッサン」という群れに安易にダイブする姿勢がつまらないからです。 ユーモラスなようで残念な表現「もうオッサンなんで」 言い訳のようでもあり、オッサンなのにすごいだろというアピールのようでもありますが、やっぱりいまひとつよく分かりません。 ユーモラスな感じの言葉ですが、それでもこう言われて笑う人はあまりいないでしょう。僕は「つまらないオチ」のよう

スキ
36
じぶん綴り方|サークル概要

じぶん綴り方|サークル概要

【コンセプト】自分を語り、自分と出会う。 (*綴り方=作文) 「じぶん綴り方」とは、自分自身について語り(書き)、良い聞き手がそれを聞く(読む)、相互に書き合い、読み合うサークルです。 自分らしく生きたい人のための「ちょうどいいサイズの場」として、同じ思いを持つ人たちと、書いたり読んだりすることで自然とつながりを感じられるようになる場を目指して運営しています。 どんな思いで始めたのか、開設の思いについては下記記事をご覧ください。 【活動内容】2つのことに取り組みます。

スキ
49
心に届く「発信」とは?

心に届く「発信」とは?

相手の心に届くような発信をしたい!そのためにはどうすればいいのでしょうか。正直さを武器にすることが出来ます。 何よりも「本当に思っていること」を発信すること大切なのは、借りものの言葉で語らずに、自分たちが本当に思っていることをまっすぐに発信することです。 借りものの言葉で語ると、軽さや空虚さとして相手に伝わります。 このような発信は、盛れば盛るほど、飾り立てれば飾り立てるほど、軽さと空虚さを強調することになります。また、そのような発信に反応して集まってくる人たちは、求め

スキ
40
自分らしく生きることをあきらめない #myしゅぎょう【いえのみ①】
+1

自分らしく生きることをあきらめない #myしゅぎょう【いえのみ①】

はじめまして。れんげ舎のいえのみと申します。 0歳の赤ちゃんを育てながら、れんげ舎で活動をしています。出産前までは家にいることなんてほとんどなかったのに、出産後は毎日家で赤ちゃんと二人きり。「子育てはとても孤独だ」と感じました。 出産から3ヶ月、夏の始めくらいまでが、精神的にも体力的にも一番辛い時期でした。もうれんげ舎を続けていけないのではないかとさえ思いました。その後、仲間の力を借りて活動とのつながりを取り戻しました。希望を取り戻しつつあるものの、まだまだ悪戦苦闘してい

スキ
50
書くことで前に進める!「じぶん綴り方」を始めるよ

書くことで前に進める!「じぶん綴り方」を始めるよ

この秋から、れんげ舎で「じぶん綴り方」というサークル活動を始めます(「綴り方」とは「作文」のこと)。自分自身について語り(書き)、良い聞き手がそれを聞き(読み)ます。相互に書き合い、読み合います。 シンプルだけど、「よい聞き手に向けて語る場」は、自分を取り戻し、新しい自分を知るためには最高の機会です。 「大人の進路説明会」を開いた話僕が講師をしている「場づくりクラス」の過去受講生を対象に「大人の進路説明会」という集まりを開いています。 学生向けに開かれる「進路説明会」は、

スキ
89