Ayaka Shima

「場づくり®」を通して、新しい生き方・コミュニティを創造する「NPO法人れんげ舎」のメンバーです。れんげ舎公式note編集長(https://rengesha.com/)。自分が自分でいるための実践の様子などを書いていきます。食べることが大好きで、とにかく悩みすぎないがモットー。

Ayaka Shima

「場づくり®」を通して、新しい生き方・コミュニティを創造する「NPO法人れんげ舎」のメンバーです。れんげ舎公式note編集長(https://rengesha.com/)。自分が自分でいるための実践の様子などを書いていきます。食べることが大好きで、とにかく悩みすぎないがモットー。

    最近の記事

    私が行きたい場所。そして、帰りたい場所

    れんげ舎で主宰している「じぶん綴り方」というnoteサークルでは、毎月異なるテーマで文章を書き合っている。5月のテーマの1つは「私が今、行きたい場所」。海外旅行も解禁になり、梅雨前の快適な気候のこの時期、行きたい場所をあれこれ考えながら、自分はなぜそこに「行きたい」と思うのかを、探ってみた。 本当は求めていないことに気付いた行きたいところ、たくさんあるなぁ… 海外にも行きたいし、国内でも行きたいところがたくさんある。 すごく身近なところでいうと、つい最近、家の近所に図書館

      • イオンの“家族連れ”を見ると切なくなる理由

        イオンに行くと、なんだか切なくなる。子どもの頃はまったく感じていなかった、家族という枠組みへの窮屈感。わたしがその枠を意識し始めたのは、留学先で体験した「家族」の暮らしだった。 家族の団らんを邪魔してはならない留学先で4件のホームステイをし、様々な「家族」の暮らしを体験した。 1件目のステイ先は、両親に男の子3人というファミリー。子供たちが0才〜小学生の育ち盛りで、母親は専業主婦、父親は会社員だった。 一家で仲が良く、人によってイメージは違うと思うけど、“ザ・理想の家族