さがたび

日本の有田焼はリヒテンシュタインの宝物

渋谷Bunkamuraで開催している「リヒテンシュタイン公爵家の至宝展」に行ったのですが、佐賀の焼きもの旅後記とも言える学びがあったので、noteに起こします。

展覧会のタイトルにも「ヨーロッパの宝石箱」とあるように、順路はしばらく、うっとりするような絵画がずらり。
そんな中に登場した、古伊万里(有田焼)などの東洋磁器がテーマのコーナー!
会場に行くまで、まさか1コーナーまるまる磁器だと思わなか

もっとみる
今日もいいことありますように🌼
6

【さがたび DAY7】新しい歴史のはじまり

夜が早ければ朝も早い。
すっかり健康的な生活リズムになった私は、朝の浜辺を散歩する余裕まで出てきた。
週明けからは、できるだけ不健康なリズムに戻らないようにしないと。

この前も言ったけど島々の霞み方が芸術的すぎる。日本画の世界だ…

雨上がりの神事

朝は唐津くんち「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」へ。

雨模様でビニールを被っていた曳山も、スタート時刻には無事晴れたのでお目見え。
漆がつるつ

もっとみる
かーらーの私もスキ
3

【さがたび DAY6】情熱溢れるからつもん

自分の地元の好きなところを聞かれたら、1つや2つは思いつくだろうか。
唐津に来てから、羨ましくなるくらい魅力に溢れたところだなと何度も思っている。

太閤秀吉の威厳は時効

虹の松原は基本車に乗って走るところ。
当然知らずに迷い込んだ私は、(いつ海と松の浜を歩けるのだろう…)と思いながら、車道ギリギリをとても恐縮しながら歩いた。

一度歩き始めたら、簡単には脱出できない。
見通しのいい松とはいえ、

もっとみる
楽しんでいただけたら何よりです☺️
3
楽しんでいただけたら何よりです☺️
3

【さがたび DAY5】朝焼けから夕焼けまで

焼きものの産地を巡る度も終盤に差し掛かる。
今日は気球の世界大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」からスタート。
本当に欲張りな旅になったなと思う。

夢みたいな景色

東の空が薄赤くなってくる頃ホテルを出発し、大会中しか停まらない「バルーンさが」駅で下車。
朝焼けに照らされる幻の駅、それだけでワクワクした。

会場は司会が気球にまつわるエピソードや競技の説明をしている。
世界大会、どれだ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります✨
2

【さがたび DAY4】小さな有田の壮大なはなし(続き)

後半部分がまるっと消えてしまったので、もう一度続きを書くことにします。

有田焼って色々な模様があるよね、という話について、「柄には年代によって流行りがあった」という答えでした。



有田焼の絵柄で印象的だったのは、初めて赤色の絵付けと焼成に成功した柿右衛門様式。
左右非対称で、古伊万里に比べ余白がある。

それから、西欧ウケが良かった「芙蓉手(ふようで)」。お皿の縁部分を放射状に描くのが特徴

もっとみる
めっちゃうれしいです💘
3

【さがたび DAY4】小さな有田の壮大なはなし

もしも有田の印象を聞かれたら、「圧倒的な量と大きさ」と答えると思う。
少ないのは、街中の宿泊施設と飲食店くらいなものだろう。(本当に調べて行かないと途方に暮れる)

特に上有田は景観保護の地域だから、コンビニもつくれないそうだ。
そのネームバリューからはまったく想像できない、観光地ではなく職人の住まう街。

有田は「多い」!

源右衛門窯に工房見学に行ったら、まず職人さんの人数に驚いた。
分業制の

もっとみる
ドゥルルルルル デン!大吉!
2

【さがたび DAY3】うつわざんまい

昨晩にひき続き、食材の味をひとつひとつ確かめながら味わう朝食を楽しんだ。
昼間の暑さとは裏腹に、朝晩の冷え込みが強い有田。
あつあつのスープが沁みる。
山盛りの野菜は、旅行中意外と食べられない代物だからありがたい。

ぜったいに買いすぎる有田焼

アリタセラは焼きもののショッピングモール。
窯元系の器をお土産にと考えていたらお財布にしばかれるし、本場だからこそ安く買えるところでお土産を揃えてしまお

もっとみる
めっちゃうれしいです💘
3

【さがたび DAY2】晴天と秘密の鍋島焼

天気の子という映画、皆さんは見ましたか?
人は晴れを望んでる、晴れている空にどこか安心し、心を動かされるという描写が印象的な映画だったなあと思います。

さて、二日目に訪れたのは、鍋島藩の秘窯 大川内山(おおかわちやま)です!

鍋島藩のおかかえ窯、鍋島焼について

今回の旅でしっかり知ることになったのですが、伊万里焼と鍋島焼は違うものなんだそうです。
産地としての伊万里焼の中に、製法やジャンルと

もっとみる
もしよければシェアもお願いします🥺
7

【さがたびごはん編】五感で食べる有田のフレンチ

今回の旅でも、上位に入るお楽しみ。
あまりに美味しかったので、番外編でお届けします。



aritahuisのフレンチは、“器の選べるフルコース”。
デザイナーズ、コンテンポラリーのテーマも選べるけど、もちろんトラディショナルを選びました。

●アミューズ
秋刀魚とフロマージュの春巻、下にはスモークしたナス

旬のじゅわっとジューシーな秋刀魚、ざくざくの衣。
スモークしたナスは、まるで香りを食

もっとみる
次回もよろしくお願いします🙌
2