haru

17歳からの10年間を摂食障害に費やして生きてきました。 noteでは美容・健康の雑記、摂食障害や心の病の人へ向けたメッセージを綴っています。

摂食障害であることと、幸せを切り離す。

『摂食障害さえ治ったら』 『過食さえ治ったら』 これは毎日毎日わたしの頭の中を支配していた思い。 摂食障害さえ治れば、過食衝動さえなくなれば、まともな人間になれ...

一日一回『ほっこりする』瞬間を持つ。

毎日意識的に『ほっこりする』瞬間を持とう。 猫の動画を見たり コーヒーやハーブティーを飲んだり 好きな香りの入浴剤でお風呂に入ったり なんだっていい。 小さな幸...

吐くのをやめられない理由はなんですか?

嘔吐をしている人。 下剤を飲んでいる人。 チューイングをしている人。 その選択をするのは、そこにメリットを感じているんだと思う。 それはきっと吐いたり、出したり...

わたしが摂食障害について書く理由。

わたしがこのnoteを書く理由。 それは、昔の自分のため。 治りたいのに、普通に生活したいのに、なかなか抜け出せなかった。 親にも理解してもらえず気ちがいを見るよう...

治癒は段階的に起きる。

摂食障害を治そうと思っている人に心得てほしいこと。 それは、『治癒は段階的に起きる』ということ。 摂食障害になる人は完璧主義の人が多いと思う。 だから、『明日か...

痩せても太ってもあなたの価値は変わらない。

摂食障害真っ只中だった頃は信じられなかったこと。 『痩せるとか太るとか、そんなことでその人の価値は変わらない。』 こんなこと聞いてもただのきれいごとだと思ってた...