森玲奈
釜ヶ崎ココルームでの「けんきゅうのつくりかた」ワークショップ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

釜ヶ崎ココルームでの「けんきゅうのつくりかた」ワークショップ

森玲奈

2017年に大阪の釜ヶ崎というところにある「NPO法人こえとことばとこころの部屋:ココルーム」で、「けんきゅうのつくりかた」というワークショップを行いました。

ココルームというのは大阪の釜ヶ崎というところにあるユニークなゲストハウスです。釜ヶ崎というのは、いわゆるドヤ街と言われているエリアで、私は大学院に入る前、似たような地域である横浜の寿町にある保育所でワークショップをしたことがあります。そういうこともあって、ココルームの存在を知ったとき、非常に親近感を持ち、関西出張があるときは泊まったり立ち寄ったりしていました。

画像2

画像3

ココルームは詩人の上田假奈代さんという方が運営されています。HPの説明がわかりやすいので載せておきます。

表現とであいの場をつくろうと、2003年、大阪の新世界で喫茶店のふりからはじめました。2008年、西成・釜ヶ崎のちいさな喫茶店に拠点をうつし、釜ヶ崎芸術大学やまちかど保健室などをひらき、2016年からゲストハウスを運営しています。「生きることは表現」ととらえ、さまざまな人たちがであい、悩みも喧嘩も笑いもありのままに「日々人生劇場」が繰り広げられています。分野横断的な取り組みは実践も言語化することも難しいですが、どのように人生を生きるのかを意識することからはじまります。まずは「こんにちわ」って、声にします。自分自身を呼びおこすように。 (ココルームHPより)

どんなワークショップだったかというと、身の回りにある問いを、どんな方法で解決できるか考えてみようというものでした。

画像1

老若男女参加者がいたので、1時間半と短い時間で行い、反省点も多々ありました。その翌年からは、実践フィールドにより近くお住まいの村上正行さん(現:大阪大学教授)にホストを交代していただきました。

最近、関西に行けていないので、コロナ禍で釜ヶ崎芸術大学という活動ががどうなっているのか気になりましたが、zoomなども使いながら活動されているようです。

深刻な問題を、ありのままに捉える上田さんの姿には、少し浮世離れしたものを私は感じました(女神様とか)。しばらくお会いしていませんが、お元気だといいなと思いいます。みなさんも、ココルームを覗いてみませんか。カフェだけの利用もできます。ほんわかした和食を囲む生活や、少しエキゾチックな空間を体験できて面白いのでおすすめです。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
森玲奈

私の記事を読んでくださってありがとうございます。サポートされると今後の実践・研究の励みになります。よろしくお願いします。

嬉しいです!
森玲奈
帝京大学共通教育センター准教授。専門は教育学、生涯学習。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、研究と実践を続けている。国内外での調査、アクションリサーチ等で、特に「40歳からの学び」を積極的に支援している。HP➡https://harinezuminomori.net/