あや

大学附属鍼灸整骨院スタッフ 日々の業務で出会った不思議を解剖学的に科学的に試行錯誤していくブログです。 決して解決する策を提案するものではありません。あくまで試行錯誤していくものです。論文など。

あや

大学附属鍼灸整骨院スタッフ 日々の業務で出会った不思議を解剖学的に科学的に試行錯誤していくブログです。 決して解決する策を提案するものではありません。あくまで試行錯誤していくものです。論文など。

    最近の記事

    Anatomical and functional segments of the deltoid muscle

    こんにちは!!あやです!! 今回はPET study について学んでいきましょう! 難度が大学の授業で学んだような気がするのですが、すっかり抜けてしまっています。 今回は学び直しの意味も含めて楽しい回になりそうです。 では読み進めていきましょう! PET study 6人の肩関節の痛みや傷害の既往歴の無い健康的な方たちはFDG-PETを用いて検査された。4人の男性と2人の女性が対象となり、平均年齢74歳であった(67歳から85歳)。 これらの被験者は私たちが以前発表し

      • Anatomical and functional segments of the deltoid muscle

        こんにちは!! あやです!! 今日も元気よく知識を深めていきましょう! 被験者と方法 解剖学的研究 60の肩関帯は30人の防腐処理された遺体から摂取された。15人は男性で15人は女性、平均年齢は82歳(ふり幅68-91歳)。 生前の肩関節の手術歴は無し。 皮膚を取り除いた後、私たちは最初に三角筋の表面解剖を調査し、表面の筋線維を観察した。 FIG.1三角筋の表面解剖。(a)三角筋の前外方。この線維は前下方方向へ走行し(赤い矢印)、三角筋粗面の前側へ収束している。(b

        スキ
        1
        • Anatomical and functional segments of the deltoid muscle

          Hello there, I'm Aya. How are you? I hope you all are doing well. こんちゃす!! 今回はIntroductionを読んでいきますよ~!! Introduction 元々三角筋は解剖学的に3部になっていた;前部;中部;後部。前部は肩峰の前1/3と鎖骨部の外1/3、中部は肩峰外側縁、後部は肩甲棘へ付着する。 筋の動きの中の動作パターンはこれらの3部により異なるということが信じられていた。同様の解剖学的部分にお

          スキ
          2
          • Anatomical and functional segments of the deltoid muscle

            こんにちは!!あやです。 お久しぶりです。 少々バタバタ。。。 はしていませんが、間が空いてしまいました。 気を取り直して、さっそくやっていきましょう! 今回は、三角筋が実は7つのセグメントに分かれているという旨が記載された論文です。 Abstract これまでの研究では三角筋内は3つの区分線で形成されていると示されていた。 今回の研究の目的は、様々な解剖学的セグメントを筋腱内の付着部の解剖を基にし、三角筋の新しい分割方法を公にすることである。 私たちはさらに2fl

            スキ
            3
            • Anatomical and functional segments of the deltoid muscle

              スキ
              1
              4か月前
              • Anatomical and functional segments of the deltoid muscle

                スキ
                2
                4か月前
                • Anatomical and functional segments of the deltoid muscle

                  スキ
                  3
                  4か月前
                  • Deltoid Ligament: Functional Analysis of the Medial Collateral Ligamentous Apparatus of Ankle Joint

                    こんにちは!あやです!! 皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は、寒い間は朝起きれないので、毎日自分と戦うところから朝が始まります。 皆さんはどんな朝から始まりますか?? さて、今回は最終章です。 さっそく、読み進めていきましょう:) Discussion Grath(1975)は三角靭帯の浅層部が足関節の安定性に重要だと述べた。 Padovani(1975)は三角靭帯の浅層部を切断することにより外旋角度が増加することを見つけ,Wirth(1978)はTCLが背屈時に緊

                    スキ
                    1
                    • Deltoid Ligament: Functional Analysis of the Medial Collateral Ligamentous Apparatus of the Ankle Joint

                      こんにちは!あやです。 今回は結果を読んでいきます。 いつも著者の方たちに、感謝をして、読んでいきたいですね。 そして、しっかりと理解を深めてたしなんでいきたいものです。 さっそく、いきましょう!! Resolts【結果】 全ての症例で浅層のTCLが最初に切断された。 これは矢状面と水平面での可動パターンにはほとんど影響がなく、前額面の外転可動域は一貫してわずかに増加した。 下の表の7つのグループを分けて報告する。 記載したように、TCLはすでにカットされて

                      スキ
                      1
                      • Deltoid Ligament: Functional Analysis of the Medial Collateral Ligamentous Apparatus of the Ankle Joint

                        こんにちは! 投稿し始めたら、サクサク行きますよ~。 毎日、毎日、本当に寒いですね~ かっぜが冷たい冷たい。 風邪ひかないように気を付けようねぇ。 はい、ということでね、続き行きますよ~!! Anatomy【解剖】 三角靭帯の解剖学的な説明は個々の構成要素が曖昧にしか区別していないため、広い範囲の中で変化する。 もっとも詳細な記述は、Pankovich と Shivaram(1979)によってされており、浅層部は脛舟靭帯、脛踵靭帯、脛距靭帯で構成されており、深

                        スキ
                        2
                        • Deltoid Ligament: Functional Analysis of the Medial Collateral Ligamentous Apparatus of the Ankle joint

                          It’s been a while. おひさしぶりです。あやです。 皆様、お元気でしょうか。 なぜこんなに久しぶりの投稿かというと、シンプルに私の悪い癖が大爆発したからです。 気を取り直して、今回は足関節の内側の靭帯、三角靭帯の機能と解剖について話していきます。 途中、割愛するところも今回はあるかと思いますが、これを読んでくれている皆様、そして未来の私、許してください。 オンラインでの公開日:2009年7月8日 三角靭帯 abstract 34体の足関節骨靭帯

                          スキ
                          1
                          • How muscle maximize performance in accelerated sprinting

                            こんちは!あやです。 今回はアブストラクトのみですので、比較的早く更新できました。 画像は私が描きましたが、絵心が。。。皆無。。。 練習します。絵は描けた方がいい!! ではさっそく始めましょう。 Abstract スプリントの加速期での前進運動で各脚の筋が相乗的にどのように作用し合い床反力や最大変化量の変化をより理解することを求めた。筋骨格筋と歩行データを合わせて、グラウンドでの最大スプリントの加速フェイズの大部分をシミュレーションした。(19回の接地) 各筋の

                            スキ
                            5
                            • Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation

                              こんにちは!あやです。 最近は週末の朝活にはまってます。 ただただカフェでたわいない話をする時間が大切と思う年齢になったのかなんなのか。 さて、今回はImplementation considerationsとOutcome measuresについてまとめていきますよ~ いきますよ~ Implementation considerations 前回までの内容を実施する際に内在的(年齢、既往歴など)や外在的(プレッシャーや早期競技復帰など)など様々な要因を考慮して行

                              スキ
                              4
                              • Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation

                                こんにちは、あやです。 もうそろそろ秋ですね。 なんてったって、各コンビニでイモのスイーツ出てきてる。 私がそれを好んで食べることは少ないですが、イモ類は美味しいですよね。I've knew it. ではさっそく始めましょう。 Passive treatments platelet rich plasma injection 資源やこれらの管理に携わる医療従事者により、何人かのアスリートはPRP注射を受けた。PRPは軟部組織の強度を治し、急性の筋損傷の治療調査を

                                スキ
                                2
                                • Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation

                                  あやです!今日も元気にやっていきましょう! 今回はアジリティの進行と体幹安定のエクササイズ、ランニングテクニックドリルについてまとめていきます! 徐々に復帰が近くなってきてますね! Progressive agility and trunk stability exercises エクササイズにアジリティの改善と体幹安定性が提案された。再受傷率が保守的なハムストリングのストレッチや強化介入と比較して減少したことにより注目され始めた。続く、HSIのリハビリ研究で競技復帰

                                  スキ
                                  3
                                  • Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation

                                    こんにちは、あやです! 前回の投稿から少し時間が空くとどこまで進んだか分からなくなりますね。今回は股関節の伸展筋の強さとハムストリングの柔軟性エクササイズについてまとめていきます。 Hip extensor strengthening エキセントリックな膝関節屈筋群のエクササイズに加えて、ハムストリングは股関節の伸展時により長い筋長での負荷をかける必要がある。askling's diverのような最大より低い負荷のエクササイズはハムストリングのブリッジ、45°股関節伸展

                                    スキ
                                    2
                                    • Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation

                                      こんちは!!あやです。 少し空いてしまいました。休み明けはリズムを直すための時間になってしまいがちです。そしてまた違う論文を読み始めまして、そちらに気を取られてしまってました。 さて今日はエクササイズ介入-ランニングへの進行-と、ハムストリングスの遠心性収縮エクササイズについてまとめていきます。 Exercise interventions -progressive running-  漸進的なハイスピードランニングとスプリントへの復帰はリハビリの中でも最も大切な側面

                                      スキ
                                      4
                                      • Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation

                                        こんにちは、あやです。 最近は、いくつも仕事を持っている人が増えてきていますね。 私もそうありたいと思いつつ、そうあれない現状や自分の体力のなさと思考力の無さに絶望しています。 本音をぶちかましたところで、本題へ。 本日は、MRIとリハビリテーションについてまとめていきます。 Magnetic resonance imaging 前述では主観的で理学的な臨床試験の取り上げた。MRIではHSIの診断や、場所の特定、軟部組織の損傷の範囲などを確認するために使用される。

                                        スキ
                                        2
                                        • Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation

                                          こんにちは、あやです。 3日連続の更新です。珍しいこともあるものです。 だからこんなに雨が降り続いているのでしょうか。 だとしたら即時にやめたいところですが、これが通常になると雨もやむと思うので続けます。 さてはて、今回は損傷部位の触診、関節可動域、ストレングステストについてまとめていきます。 論文は多くの方が大変な時間をお金と労力をかけて作成したものなので丁寧に感謝をしながら読み進めていきたいものです。そして少しでも目の前の方に還元していきたいものです。 言語が

                                          スキ
                                          2