GRAFFITY | ARで、リアルを遊べ。

Graffityは、ARエンタメスタートアップです。ARゲーム事業・ARエンタメDX事…

GRAFFITY | ARで、リアルを遊べ。

Graffityは、ARエンタメスタートアップです。ARゲーム事業・ARエンタメDX事業を展開しております。 ARエンタメDX事業では、AR技術に特化した新規事業の企画・開発・運用改善まで支援しています。 HP : https://graffity.jp/

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【ARの日常化を目指して】Graffity x NTT QONOQ 制作インタビュー『LOST ANIMAL PLANET』

Graffityは、東京拠点のARエンタメスタートアップです。現在は2C向けにARゲーム事業、2B向けにARエンタメDX事業を展開しております。ARエンタメDX事業では、「最短3ヶ月で“心動かす”ARエンタメ」をコンセプトに、AR技術に特化した新規事業の企画・開発・運用改善まで支援しています。 今回は株式会社NTT コノキュー様と開発を行った『LOST ANIMAL PLANET』の制作について、両社のチームメンバーから座談会形式でインタビューを行いました。 『LOST A

    • コンサルで培ったスキルとスタートアップでの学び、キャリアの掛け算がもたらした成長 【Graffity COOインタビュー】

      掛け算がないとバリューが出せない、コンサル3年目の気づきからGraffityへ ——Graffityでは現在どのような業務を担当していますか? ゲームプロデューサー・ディレクターとして、ARゲーム『Leap Trigger』や『LOST ANIMAL PLANET』の制作に携わっています。お客さんとやりとりしながらプロジェクトマネージメントや進行管理、内部方針の決定やバランス調整といったプランニング業務を広くやっていますね。 そのほかにも会社の戦略立案からマーケティング、給

      • 『タカノメAR』 見たい選手の練習場までAR道案内【実例紹介】

        『タカノメAR』 とは?福岡ソフトバンクホークスのキャンプ地宮崎で選手たちの練習場所がわかるAR道案内サービスです。キャンプ見学において、「キャンプ地が広く、見たい選手がどこにいるかわからない」「地図で簡単に探せるようにしてほしい」といったお客様の声から福岡ソフトバンクホークスは選手の練習場所を検索できる「タカノメ」サービスを提供していました。そこにGraffityの提供する最新のWeb AR技術とARエンタメ企画の知見を活かし、選手の居場所がリアルタイムでわかり、さらに好

        • 【インタビュー記事】Apple Vision Pro向け視線入力タイピングゲーム『Ninja Gaze Typing』の制作背景

          Graffityは、東京拠点のARエンタメスタートアップです。ARシューティングバトル「ペチャバト」をはじめとするARゲームの企画・開発および「最短3ヶ月で“心動かす”ARエンタメ」をコンセプトにAR技術に特化した新規事業の企画・開発・運用改善を支援する「Graffity AR Studio」を運営しています。 Apple Vision Pro向けのSpatialゲーム『Ninja Gaze Typing』をリリースしました! Vision Proが発売されAR業界も大きく

        • 固定された記事

        【ARの日常化を目指して】Graffity x NTT QONOQ 制作インタビュー『LOST ANIMAL PLANET』

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Graffity 社員インタビュー
          GRAFFITY | ARで、リアルを遊べ。
        • #ちょっとGraffity
          GRAFFITY | ARで、リアルを遊べ。
        • Graffity実績紹介
          GRAFFITY | ARで、リアルを遊べ。
        • AR BLOG
          GRAFFITY | ARで、リアルを遊べ。 他
        • ARエンタメユースケース
          GRAFFITY | ARで、リアルを遊べ。

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          Vision Proの体験まとめ&日本のローンチアプリ7選

          こんにちは、ARエンタメスタートアップGraffity代表の森本です! 2023年6月のWWDCでVision Proが発表され、ついに2024年2月2日にVision Proが発売されました!!!! Graffityでは、Vision Pro向けのアプリの企画・開発をすでに進めており、リリースに向けてブラッシュアップしております! すでに会社のFTEの90%以上が事前にVision Proを体験しており、Vision Proにかなり前のめりな会社です。会社で2台Vis

          Vision Proの体験まとめ&日本のローンチアプリ7選

          『SushiCraft』 開発期間1ヶ月半 社内ハッカソンから生まれたARグラスゲーム【事例紹介】

          『SushiCraft』 とは?『SushiCraft』 は、お客様に頼まれたお寿司を作り、スコアを競うARグラス 「ThinkReality A3」用のゲームです。 ラスベガスにて開催された世界最大のテクノロジー見本市「CES 2023」ブース展示用に、ARグラス向けの開発プラットフォームSnapdragon Spacesを提供しているQualcomm社とARグラス ThinkReality A3を販売しているLenovo社と共同で開発を行いました。 本企画は社内ハッ

          『SushiCraft』 開発期間1ヶ月半 社内ハッカソンから生まれたARグラスゲーム【事例紹介】

          Apple Vision Proを体験したメンバーで、Vision Pro向けの1Dayハッカソンを開催しました!

          フルタイムメンバーの9割以上がVision Proを体験!Graffityは、東京拠点のARエンタメスタートアップです。現在は2C向けにARゲーム事業、2B向けにARエンタメDX事業を展開しております。ARエンタメDX事業では、「最短3ヶ月で“心動かす”ARエンタメ」をコンセプトに、AR技術に特化したエンタメの企画・開発と、DX化を支援しています。 2023年5月にApple Vision Proが発表され、AR業界は大きく盛り上がりました。ARエンタメスタートアップとし

          Apple Vision Proを体験したメンバーで、Vision Pro向けの1Dayハッカソンを開催しました!

          Graffityのイマが分かる、透明性の高い経営合宿とは?

          Graffityは、「ARでリアルを遊べ。」というミッションのもと、ARエンターテイメントにフォーカスしているスタートアップです。リアルで人々のつながりを豊かにするARを使った「遊び」エンタメを発明し続けて行きたいという思いが込められております。 Graffityは設立から6年が経過しており、フルタイムは16名、直近3ヶ月間で3名が中途入社しており、組織を急拡大しております。 組織が急拡大するにつれてリスクになることは、メンバー間のミッション・ビジョン・バリューの浸透が難しく

          Graffityのイマが分かる、透明性の高い経営合宿とは?

          AR is Now !! Apple Vision Proの注目機能5選と最新MRヘッドセット比較まとめ

          こんにちは、ARエンタメスタートアップGraffity代表の森本です! WWDC2023にて、AR業界に関わるすべての人が待ち望んでいた MRヘッドセット「Apple Vision Pro」が発表されました!!!!!!! 2017年にスマホ向けにARKitが発表され、ちょうど6年が経過し、この日を待っていました。感動です。 ARの時代は2023年から大きく飛躍します! AR is Now!!!!! Apple Vision Proの注目機能5選ともに、その他の最新のM

          AR is Now !! Apple Vision Proの注目機能5選と最新MRヘッドセット比較まとめ

          大手企業とスタートアップ、それぞれの経験でキャリアを最大化させる!【社員インタビュー vol.4】

          成功しているキャリアというものは、大手企業での経験を指すことがこれまでの世間のイメージとして多くありました。しかし、近年ではスタートアップでの経験も注目されるようになってきており、スタートアップへの転職や就職する人も増え、少数精鋭が故に広範なスキルや経験を得ることができるとされています。 そんな中、大手企業とスタートアップの両方を経験しており、それぞれのメリットを知る河上にインタビューを実施しました。 新卒から大手総合商社でキャリアをスタートさせた河上は、その後いくつかの

          大手企業とスタートアップ、それぞれの経験でキャリアを最大化させる!【社員インタビュー vol.4】

          最古参のARエンジニアが語る!多様なキャリアパスと、社内の魅力とは【社員インタビュー vol.3】

          ARについて社内で最もよく知るエンジニア。Unityエンジニアとして活躍する梁瀬は、社内の中でもARの知識はTOPクラス。 ” ARエンジニア ”として多くのプロトタイプの開発に携わっています。 そんな梁瀬とARの出会いは大学生の時代まで遡ります。当時少し話題となっていたApple社が提供するARKitを触ったり、所属していたサークルにて購入したHoloLensを体験するなど、AR黎明期から楽しみながら知見を増やしていくことができたといいます。 「HoloLensはハンド

          最古参のARエンジニアが語る!多様なキャリアパスと、社内の魅力とは【社員インタビュー vol.3】

          ARのデザインは可能性が無限大!?UIUXデザイン未経験でも活躍できた、生存戦略とは【社員インタビュー vol.2】

          現実に映し出されるもので、自在に派手にデザインができるのがAR。 「とにかく派手で、未来的。テンションのあがるデザインがしたかった。」 2022年7月にGraffityにデザイナーとしてJOINした福岡は、デザインでキャラクターや武器などのイラストを担当。またARグラスに映し出される画面デザインなどを行っています。目下は3Dモデリングを学習中。 もともとゲーム会社でイラストレーターとしてのキャリアをスタートさせ、そこからプロダクトをユーザーに届けるということに興味を持ち

          ARのデザインは可能性が無限大!?UIUXデザイン未経験でも活躍できた、生存戦略とは【社員インタビュー vol.2】

          Graffityが魅力的なユースケースを多く開発できるワケ【CES 2023 出展(後編)】

          前編では、世界最大のテクノロジー見本市「CES 2023」に出展した目的と成果を書きました。 こちらの記事では ・Graffityはなぜ開発力が高いのか ・グローバル展開を進める秘訣 ・Graffityに欠かせない人材 など、会社として大事にしている価値観に触れながらご紹介します。 経済産業省・西村大臣も体験した「SushiCraft」の開発ラスベガスで開催された「CES 2023」において、 Lenovo社のARグラス「ThinkReality A3」を活用した

          Graffityが魅力的なユースケースを多く開発できるワケ【CES 2023 出展(後編)】

          世界最大のテクノロジー見本市「CES」に出展した目的と成果【CES 2023 出展(前編)】

          世界最大のテクノロジー見本市「CES」に出展1967年から開催され、50年以上続く世界最大のテクノロジー見本市「CES」。弊社Graffity株式会社は、2023年1月5日〜8日にネバダ州ラスベガスにて開催された「CES 2023」に出展しました。 出展ブースでは、Qualcomm社、Nreal社およびLenovo社と共同で開発したARグラス向けゲーム「GrooveWave(グルーブウェーブ)」と「SushiCraft(スシクラフト)」を体験していただき、大きな収穫を得て出

          世界最大のテクノロジー見本市「CES」に出展した目的と成果【CES 2023 出展(前編)】

          エンジニアとして新たな挑戦。大手からのJOIN、その理由とは。【社員インタビュー vol.1】

          新卒大手ゲーム会社で3年、新たにベンチャーへのチャレンジ。「現状に不満は全くありません、でももっと出来ることがあるんじゃないかとも考えていました。」 11月にGraffityにUnityを用いたフロントエンドエンジニアとしてJOINした高橋。大学院ではVRの研究を行なっており、卒業後はもともとエンタメ領域に強い興味をもっていたことから新卒では大手ゲーム会社に入社。ソーシャルゲームの運用開発を行なっていました。新しい機能開発を行い様々な経験を積んできました。スキルUPも実感し

          エンジニアとして新たな挑戦。大手からのJOIN、その理由とは。【社員インタビュー vol.1】

          【Meta Quest Pro】カラーパススルー・ハンドトラッキングを活用したARゲームを作ったみた

          GraffityのUnityエンジニア、高橋現秀です。 会社から「Meta Quest Pro貸すからARアプリ作って!」とのことで、本記事はその試行錯誤と開発の記録になります! Meta Quest Proの3つの特徴作る前に「このデバイスは何ができるの?」から見ましょう。 いくつかある中で、今回注目した機能は以下の3つです。 1.フルカラーのビデオパススルーによるAR 装着型ARデバイスにおける現実世界と仮想世界の合成方法には大きく2種類あります。1つは光学シースル

          【Meta Quest Pro】カラーパススルー・ハンドトラッキングを活用したARゲームを作ったみた