Gota Shinohara

東京在住。静かな写真が好きです。銭湯によくいます。 https://linktr.ee/gotashinohara/

Gota Shinohara

東京在住。静かな写真が好きです。銭湯によくいます。 https://linktr.ee/gotashinohara/

    マガジン

    • たわごとのかたまり

      時々旅をしたり、ぼんやりしたり、何かを考えたりするマガジンです。

    ストア

    • 商品の画像

      ZINE「移動」

      「旅の途中にあらわれた風景」をテーマに、飛行機や列車、船や自動車などさまざまな移動手段をつかって旅をした際の、その移動中の風景をまとめたZINEを作成しました。 A5版32ページ、中綴じ冊子です。 印刷は長野県松本市の藤原印刷株式会社さんです。 以下は、本書に収録されたステートメントです。 ----- 旅をしていて、楽しさを感じるのは一体どんな時だろう。 例えば街をぶらぶら散策したり、温泉でのんびりしたりするのはもちろん楽しい。 一日中いろんなお店をまわり、お気に入りのものを探してみるのだってワクワクする時間だ。 どこかに着く。美味しいごはんを食べる。お店で買い物を楽しむ。そんな旅の「目的」自体も楽しいことだけど、そこに至るまでにいろいろと試行錯誤したり、ああでもないこうでもないと迷ったりすることも、後から振り返ればいい思い出になったりする。 僕が思うに、旅の楽しさとはその「過程」を味わうことにある。 そして旅における「過程」とは「どこかからどこかへ移動すること」と言ってもいいのかもしれない。 移動する時間とは、必ずしも僕らが旅に求めるものではない。 しかし僕たちは、時にその旅の「過程」で予想外の出会いや思わぬ感動に巡り合ったりもする。 たまたま通った道でぱっと差し込んだ光の美しさに見とれてしまった。 遠くまで続く海を見て、気になる人のことをつい思い出してしまった。 去年も同じ場所にいたはずなのに、今まで気にも留めなかった空の青さを知った。 少し記憶をたどってみれば、誰にでもそんな体験があるんじゃないだろうか。 旅をしている時、僕らが不意に「発見者」になる瞬間がやってくる。 それは、Amazonで買ったガイドブックを見て「ここに行こう!」と決めた場所で起こるものではなく、そこへ向かう途中で予想もしなかった景色に遭遇し、新たな感動を味わうようなものだ。 だからこそ、今まで何度も訪れた場所に行く途中でも、旅は必ず違うものになる。 僕たちが旅の「過程」で見た景色、そこで得られる驚きや感動というものはわずかでも常に新しい。もしかするとそんな「新しさ」こそが、旅の楽しさを引き立ててくれるスパイスなのかもしれない。 そう。移動することも旅の楽しさなのだ。 たとえば車窓をふと眺めた時、目の前に広がる風景の小さな新しさを感じられる人間でありたい。
      2,000円
      Gota Shinohara | 篠原 豪太
    • 商品の画像

      ポストカードセット

      展示「移動」に合わせて制作したポストカードです。計4枚セットとなっております。
      1,000円
      Gota Shinohara | 篠原 豪太
    • 商品の画像

      ZINE「移動」

      「旅の途中にあらわれた風景」をテーマに、飛行機や列車、船や自動車などさまざまな移動手段をつかって旅をした際の、その移動中の風景をまとめたZINEを作成しました。 A5版32ページ、中綴じ冊子です。 印刷は長野県松本市の藤原印刷株式会社さんです。 以下は、本書に収録されたステートメントです。 ----- 旅をしていて、楽しさを感じるのは一体どんな時だろう。 例えば街をぶらぶら散策したり、温泉でのんびりしたりするのはもちろん楽しい。 一日中いろんなお店をまわり、お気に入りのものを探してみるのだってワクワクする時間だ。 どこかに着く。美味しいごはんを食べる。お店で買い物を楽しむ。そんな旅の「目的」自体も楽しいことだけど、そこに至るまでにいろいろと試行錯誤したり、ああでもないこうでもないと迷ったりすることも、後から振り返ればいい思い出になったりする。 僕が思うに、旅の楽しさとはその「過程」を味わうことにある。 そして旅における「過程」とは「どこかからどこかへ移動すること」と言ってもいいのかもしれない。 移動する時間とは、必ずしも僕らが旅に求めるものではない。 しかし僕たちは、時にその旅の「過程」で予想外の出会いや思わぬ感動に巡り合ったりもする。 たまたま通った道でぱっと差し込んだ光の美しさに見とれてしまった。 遠くまで続く海を見て、気になる人のことをつい思い出してしまった。 去年も同じ場所にいたはずなのに、今まで気にも留めなかった空の青さを知った。 少し記憶をたどってみれば、誰にでもそんな体験があるんじゃないだろうか。 旅をしている時、僕らが不意に「発見者」になる瞬間がやってくる。 それは、Amazonで買ったガイドブックを見て「ここに行こう!」と決めた場所で起こるものではなく、そこへ向かう途中で予想もしなかった景色に遭遇し、新たな感動を味わうようなものだ。 だからこそ、今まで何度も訪れた場所に行く途中でも、旅は必ず違うものになる。 僕たちが旅の「過程」で見た景色、そこで得られる驚きや感動というものはわずかでも常に新しい。もしかするとそんな「新しさ」こそが、旅の楽しさを引き立ててくれるスパイスなのかもしれない。 そう。移動することも旅の楽しさなのだ。 たとえば車窓をふと眺めた時、目の前に広がる風景の小さな新しさを感じられる人間でありたい。
      2,000円
      Gota Shinohara | 篠原 豪太
    • 商品の画像

      ポストカードセット

      展示「移動」に合わせて制作したポストカードです。計4枚セットとなっております。
      1,000円
      Gota Shinohara | 篠原 豪太

    最近の記事

    自分で決める。みんなでつくる。

    生まれてはじめて、個展を開催した。 たった一人の小さな展示だ。少しの間、会場に僕の写真だけを飾ってもらえることになった。 僕は写真とあまり関係のない仕事をしつつ、個人での仕事・活動として写真を撮っている。そんな僕が写真の個展を開くことになった。 もっとも、大きなギャラリーを何週間も借りるわけではない。費用などを考えるとそこまでベストを尽くすことはできない。 幸いなことに、知人が経営する高円寺のコーヒースタンドを会場として使わせてもらえることになった。その上、計2週間と

      • 「移動」

        「窓の外を見たり、なにかほかのものを見るとき、自分がなにを見てるかわかるかい? 自分自身を見てるんだ。ものごとが、美しいとか、ロマンチックだとか、印象的とかに見えるのは、自分自身の中に、美しさや、ロマンスや、感激があるときにかぎるのだ。」  フレドリック・ブラウン『シカゴ・ブルース』 (訳:青田 勝) 旅をしていて、楽しさを感じるのは一体どんな時だろう。 例えば街をぶらぶら散策したり、温泉でのんびりしたりするのはもちろん楽しい。一日中いろんなお店をまわり、お気に入りのもの

        • 「おすそ分け」の旅

          飛騨高山に行った。気ままな一人旅だ。 東京から名古屋または富山まで新幹線に乗り、そこから特急に乗り換えても5時間近くかかる。首都圏から見れば、日本アルプスを越えた山の向こう側になる。 その独特で歴史的な街並みのせいもあって、日本人よりも、どちらかといえば欧米の人に人気らしい。フランスのミシュランガイドによれば、国内で紹介された観光地のうち数少ない「三つ星」のひとつらしい。ちなみに、それ以外だと京都や奈良がランクインしている。 長野県や富山県だと勘違いする人もいるかも

          • 山の上の景色

            靴ひもをしっかりと結び、荷物が入ったザックを背負った。 歩いている途中でひもが緩むと、うまく足に力が入らなくなる。足首を押さえるようにきちんと締めて固定した方がいいと、前に登山靴を買ったお店の人が教えてくれた。 山道を歩きはじめる。最初の20分はまだ身体も半分眠ったままだ。 心拍数と体温が徐々に上がっていく。夏の登山は身体から止まることなく汗が出てくる。ふとした瞬間に風がふくと汗が乾いて心地よさを感じる。少し気持ちが和らぐ瞬間だ。 道の両側にある草木、名前はわからない

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • たわごとのかたまり
            Gota Shinohara

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            東京から岡山まで、バイクの旅。

            バイクに乗って少し長い旅に出た。かれこれ一ヶ月以上も前の話だ。 行き先は岡山県。瀬戸内海を目指して東京からずっとバイクを走らせた。 ホンダ・クロスカブという名の小さなバイクだ。原付ほどは小さくないけれど、高速道路に乗ることはできない。 そんな相棒と共に、東京から岡山までずっと下道を走りながら旅をした。 事前にルートをざっくり調べてみると、片道800km近くあった。ぼくのバイクだと3日以上かかるけど、新幹線ならたった3時間半だ。 照りつける日差し、突然降り始める雨。

            はじめての雪山

            一番キライな季節は冬だというのに、長野に住む友人に誘われて、人生初の雪山登山に行ってしまった。 雪山と言っても、ヒマラヤ山脈や日本アルプスのように「ガチ」の厳しい山ではなくて、スキー場もついているタイプのお手頃な山だ。 山のふもとから地道に登り始める必要がないので、スキー場のリフトに乗って、そのまま雪の中を小一時間も歩いていれば山頂についてしまう。 友だちと行ったという安心感もあるけれど、はじめての雪山登山にはうってつけのロケーションだった。 列車を乗り継いで長野県に

            深夜3時のティータイム

            訪れた場所や街の印象というものは、そこで見た景色というよりも、もしかすると、そこで出会った人たちと過ごす時間によって決まるのかもしれない。 僕たちは、見知らぬ土地で知り合った人たちを通じて、そして彼らと共に時間を過ごすことによって、ようやくその土地自体を理解できるようになるのだと思う。 ------------------------- はじめて香港を訪れたのは6年前。僕が大学生の頃だった。 東京からは飛行機で4時間半。沖縄や台湾よりも少し遠いくらいで着いてしまう

            潜る場所、熟成する時間

            その喫茶店は、とあるビルの地下にある。 大人一人がやっと通れるほどの狭い階段を降りて、ドアを開ける。そこにはマホガニーの大きなカウンターと椅子があって、反対には小さめのテーブル席が5つほど用意されている。 狭い店だ。席を埋めようとしても、15人は入れないだろう。 この店には大きな特徴がある。店内はメニュー含めてすべて撮影禁止なのだ。注意書きがきちんとマジックの太字で、誰でも見えるよう壁に掲げられている。 明らかに人を選びそうな、やや昔気質で、決して万人受けなどしなさそ

            スプライトとルーフトップ

            バングラデシュという国に行った。もう5年以上前の話だ。 あまり有名な国ではない。少し地理に詳しい人なら、日本の国旗に似た、日の丸のようなデザインの国旗を見たことがあるかもしれない。 インドの東、本州の3分の2ほどの大きさに1億人以上が住むこの国には、不思議なほど観光客が少ない。 もちろんこの国にも世界遺産はあるし、国全体に広がる沼地やジャングルは、それこそベンガルトラのような貴重な動物の生息地としても知られる。 だからこの国に観光に資するものが何もないわけではない。し

            海辺の路線バス

            一台のバスが止まっている。お客さんの姿はまだなく、エンジンもかかっていない。海の近くを走っているせいか、車体はどこか錆びついてみえる。 ここは中国地方のとある駅前。セミの声が徐々に聞こえだす夏の初め、ぼくはこの少し古ぼけたバスに乗って、海辺の小さな町に向かおうとしていた。 よくある田舎のバスだ。都会の乗り物と違って本数が少ない。 1時間に1本もないバスの発車時刻まで、あと15分はある。ぼくが乗ってきたJRの電車は30分に1本の間隔で走っていたけど、もちろん乗り継ぎが

            黄色い背表紙

            「子どもの味覚は、おおよそ12歳までに完成する」という話をどこかで読んだことがある。有名なフレンチのシェフが書いた記事だったような気がするけど、もしかすると和食かイタリアンの話だったかもしれない。 「味覚」についていえば、だいたい8歳から12歳ごろに受ける刺激の数や質というものが大きな影響を与えていて、言いかえれば、その時期に何を食べていたのか、どれだけの味の違いを体験できたか、という点によって、人の持つ味覚の基礎はだいたい出来上がってしまうらしい。 ぼくは料理のプロでは

            Beef or Chicken?

            飛行機で機内食が出てくるときの「決り文句」になっているこの言葉だけど、ぼくの乏しい経験やイメージで考えると、このセリフの登場回数というのは想像していたほど多くなかった気がする。 「和食か洋食か」と聞かれたことも多いし、あるいはこちらに何の選択の余地もない場面だってある。だいたいそういう時は、さえない色をしたプラスチックのお盆の上に、味のないロールパンとマカロニグラタンあたりが乗っかっている。マカロニは美味しいから好きだけど。 それはともかく、こうした機内食の場面もふくめて

            島へ行く

            こんなご時世だけど、少し旅に出た。 行き先は東京・伊豆諸島。三宅島に行き、その帰りに伊豆大島へ寄った。 伊豆大島といえば、東京から高速船に乗れば2時間でつくけど、三宅島はそれよりもう少し遠い。大型客船に乗って、夜出発して明け方に着くような距離だ。東京からは200km弱離れている。 ------------------ はじめに断っておくが、新型コロナの影響で移動を控える人が多い中、この状況下の旅をよく思わない人がいることは理解している。 その一方で、マスクをした

            旅が遠くなってしまった日、僕は空港へ向かった

            雨が降っていた土曜日、僕は羽田空港へ向かった。 これから飛行機に乗るわけでも、あるいはどこか遠くに行くわけでもなかったのに、年に何度かそんな日がやってくる。僕は旅をするのが好きだけど、それと同じぐらい好きなのが「旅を感じられる場所」へ行くことだ。 大きな駅のホーム、外国語のきこえる空港のロビー、賑やかなバスターミナル。そんな場所に自分も立ってみると、たとえこれからどこかに行く予定などなくても、「旅する気持ち」のようなものを追体験できる気がする。 それは、これから遠く

            一年のはじまり

            新しい年になった。2020年になった。 この文章を書きはじめたのは、1月1日の昼過ぎだ。なのに、どうもまだ年が変わったという実感がわかない。元日と言われてもピンとこない。けれど元日はすでに半分以上終わっている。 でも、年の始まりってきっとそういうものなんだと思う。ひょっとすると新年に限らず、なにかの節目とか、本当に何かが変わりだす瞬間というのは、実感なんてすぐには湧かないのかもしれない。 すべてが終わってから、もしくは起こり始めてからずっと長い時間が経って、ようやく

            イカの街と、食堂のおばあさんたち

            泊まっていた福岡の街から、高速バスに乗って旅に出た。片道1時間半ぐらいの旅だ。 つくづく思うけれど、福岡という街は都会と自然の距離がとても近い。バスに乗って街の中心を通りすぎ、少しうとうとしはじめた頃には、すでに窓の外に青くきれいな海が見えている。 僕はむかし、4年ほど仙台に住んでいた。仙台もすごく大きな街なんだけど、少し街の外へと車を走らせるだけで、海や山がみえて景色があっという間に変化する。 たとえ都会に住んでいたとしても、行こうと思ったときに自然がすぐそばにある生