PMO日記:初見が故の新たなテーブル定義
見出し画像

PMO日記:初見が故の新たなテーブル定義

今日も基幹システムテーブル定義書とにらめっこ。

週が明けて、早速にらめっこは
メンタル的にあまり宜しいものではない。

ただスッキリした状態でマスタテーブルを見ると
発見もあったりする。

表示させたい項目が、指定のテーブルに無く、
そのテーブルは、他のマスタとサマっており
省かれた項目だということが分かった。

そこで
『ここをこうすれば低リスクで定義付けできるんじゃないでしょうか』
と自信なさげにメンバーに共有すると

そこはそうかも…

みたいな雰囲気になり、
追加検討して貰えることになった。

初見だからこその視点なのでは?と思うと
あながち経験が浅くても周りの諸先輩方よりも
良い点に気付くことがある。

初見は見方によっちゃ武器だ。

ただ、武器にするためには、
テーブル定義書を理解して、ある程度は
会話についていける前提があってこそ。

会話についていけないと、
何が問題で、どうすれば良いかもわからんからね。

そんな当然の事に、数ヶ月経ってようやく。
システム開発もなかなかに奥深い。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう。あと365個欲しいです。
ごんた。社会人5年目。会社でPMOをすることになって意味がわからないまま、まずメモをとることに。仕事の事、趣味をありのままに。最近パパになりました。パパについても記事にしていきます。