見出し画像

「生きる意味」に答え直す。合宿コーチングレポート(11月20−21日開催)

先日こんな場づくりをしました!

後から思うと、タイトルからしてちょっとやばそうなイベントなのに(?)なんと素敵な方が4人もきてくれました、本当にありがたい限りです^^

画像1

今回の合宿コーチングでは、運営側から問いかけて、内面を掘って、、、という形ではなく、参加者さんどうしでお互いの語りを聞きあい、観察しあい、問いかけあって向き合う形のワークショップになりました。

こんな感じ^^

画像3


画像4

この形をやると毎回思うのですが参加者さん、傾聴力、観察力、洞察力、そして踏み込んで伝える力がすごい。。。。

そして、場に集まったパワーが一人一人の意識の内側にみるみる入っていく感覚がとっても心地よい時間でした!


最後に自分の中で起きたことも書いてみようと思います^^

今までの自分の常識を疑い、横に置いてみて、”今ここで、本当は表現したいこと”を丁寧に見つめなおす

画像2

私にとってこの2日間は、いや〜自分を決めつけすぎているな。を改めて実感させられる時間になりました。


「あなたはどうしたいの?」を就職活動でもInstagramでも友達の近況報告でも嵐かと思うくらい問われる今の時代。誰の顔色を伺っても自分で正解の道を決定するしか己を納得させることができないらしいことに戸惑う若者はたくさんいる。

だからこそ、安心して迷って考えられる時間があったら。そんな想いからこの場をつくったのですが、まず、私自身もまだまだ人生に戸惑っていることがわかりました。

といういことは、そんな世の中に適応するために「自分の過去の経験にすがっているときもあるかもしれないな」と考えてみたり。

私は今までこういうことをしてきた、こんな人間のはずだから、だからこうしたい、てな感じで私という人間を説明して、なんとかここへ止まらせようとしてきているのかもしれない。と思ってみたり。

とにかく、自分で自分を決めつけたり、可能性や視野を狭めている自分への違和感に自覚的にありながら、今までの私の常識を疑い、横に置いてみてから”今ここで、本当は表現したいこと”はなんだろう?を丁寧に見つめなおすをひたすらにしてみました。

いやあ、とっても良い時間でしたし、まだまだやれそうだ!というパワーをいただいた2日間でした。

機会をいただけて、4人の方に参加していただけたことに本当に感謝です。


もう1日程あるのですが、こちらは満席!ですが、ありがたいことに好評だったので、また日程を追加してみようかと検討中です^^

→日程追加しました!!

是非お越しください〜〜!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わたしもすき〜〜!
6
🇩🇰フォルケがモデルの生き方テラコヤ Chief Producer,対話シェアハウス Dialog village 運営,女性が自分に戻る share×care founder|coach,counselor,対話のプロダクトづくり|やわらかくやさしい強さを研究したい