見出し画像

女性に嬉しい3つの効果!コリコリ食感がたまらないキクラゲの食べ方

こんにちは。
ごはんが主役の料理研究家、おくのひろみです。

最近、関西エリアでも中華食材のキクラゲをよく
見かけるようになりました。

ごはんのお供に、
しっかり噛んで食べたい、キクラゲの炒め煮(佃煮)のレシピと
女性に嬉しい3つの効果をお伝えしますね!
画像1

美肌力アップ!しっかり噛んで食べたいコリコリのキクラゲ

食育セミナーでは、よく噛んで食べることが大事ってお伝えしていますが、
10回噛んでない~って方がほとんど(笑)
目標は30回噛むことですが、10回噛んでない方は、
まずは10回を目標に、「美味しく噛んで」食べましょう!

実は噛むことで、「若返りのホルモン」と呼ばれる耳下腺ホルモンが
分泌され、美肌力アップに良いんです!
「噛まなければいけない!」となると、プレッシャーなので、
美肌になれて、コリコリ噛むと美味しく食べれる
キクラゲの炒め煮のレシピを
ブログにアップしました>>★★
美味しく噛んで、
「若返りホルモン」たっぷり分泌させましょう!

キクラゲ炒め煮

便秘改善!キクラゲには善玉菌の大好物がたっぷり!

キクラゲは、しっかり噛むことで美肌アップ+唾液が
たくさん出ると、消化吸収がアップします。

おまけに
キクラゲには、お腹のなかの善玉菌たちの大好きな
食物繊維がたっぷりなんですよ♥

善玉菌がパワーアップして腸内環境が整ううえに、
食物繊維は腸内の老廃物を一緒に、排泄してくれる優れもの。

食物繊維には、水に溶けるもの(水溶性)と
とけにくいもの(不溶性)があり、
キクラゲは両方ふくまれているので、
便秘改善にはとってもおすすめ食材。

骨粗鬆症予防に!キクラゲ+αで、骨粗鬆症予防にも♪

画像2

さて、キクラゲは食物繊維のほかにももう一つ女性に嬉しい
ビタミンDが豊富。カルシウムと一緒にとりたい栄養素です。

カルシウムなどのミネラルの吸収をお助けしてくれる
ビタミンKは、きゅうりの成分に含まれています。

先日紹介した、きゅうりのグリーンドレッシング
キクラゲの炒め煮と、ちりめんジャコを入れて
さっぱり和え物に♪

ちりめんジャコ(カルシウム)
キクラゲ(ビタミンD)
きゅうり(ビタミンK)

この3つの食材が、
骨粗鬆症予防になる嬉しい食べ合わせ♥

きゅうりの食べ合わせは、ココを読んでくださいね(^_-)-☆

生のキクラゲが出回る、6~7月。
そして乾物は、年中、中華食材コーナーで手に入ります。

ぜひ、手に取って30回噛みたくなる
コリコリのキクラゲ、ごはんのお供に活用してくださいね♪

今日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました!

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
大阪で食育活動、いなほ料理教室を主宰しております。 noteでは、身体によいって情報がたくさんあるけど、 食べもの選びのモノサシになる情報や、食べ物の食べ方、食べ合わせ、 また、法人様向けの食育セミナーなどでお伝えしている、お役立ち情報を 一部有料記事で発信していくつもりです!

こちらでもピックアップされています

食べ合わせ
食べ合わせ
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。