がめちゃん

様々な包むデザインを仕事にしていましたが、2018年6月20日に急性骨髄性白血病が発覚。複数回の抗癌剤治療の後、運良く造血幹細胞移植を受けることができ、現在免疫抑制を行いながら、自宅療養をしております。 noteには、明るく記事を書いていきたいです。

心の栄養が足りなくなりました

急性骨髄性白血病、造血幹細胞移植後患者の、がめちゃんです。 発病以来、常に感染症・合併症に注意しながら生活をしてきました。 頻回な手洗いとうがい、マスクの常用。...

2018年7月21日~22日

7月21日 病状説明から一夜明けた。 5年後生存率という数値を見てしまったために、少し気持ちが落ち込んでしまい引きずっている。 この日の担当看護師さんは、たまたま昨...

病人雑感~不安とともに過ごす日々

急性骨髄性白血病、造血幹細胞移植後患者の、がめちゃんです。 小学校が休校になって約3週間。こんなに長く娘と一緒に時間を過ごすことになるなんて考えてもいませんでし...

2018年7月20日

7月20日 今後の説明がある日。緊急入院からちょうど1か月たった。 今日は血液検査があった。 赤血球 313 /μl    (標準値:380~480/μl) ヘモグロビン 9.5 g...

2018年7月19日

7月19日 セミクリーンエリア外に出られるようになったので、外来エリアにある検査施設での検査が入ってきた。 午前中、まずはCTスキャンの撮影に行った。 ずっと空気が...

子供たちとの長いお休み

急性骨髄性白血病、造血幹細胞移植後患者の、がめちゃんです。 急に始まった、いつもよりも早く、いつもより長い子供たちの春休み。 1週間を終えて週末を迎えての振り返...