見出し画像

2024年度🌸出版社ファンギルドの入社式🌸

こんにちは。人事総務部のぺぺです。

4月1日(月)、ファンギルドが3代目の新入社員2名を迎え、入社式を開催しました。

※ちなみに昨年度の入社式はこちらから↓


◆会場の様子

例年通り、オフィスのフリースペースで開催しました。
役員や採用チームだけではなく、40名を超える先輩メンバーが列席しました!新入社員への期待が表れていますね~🐥

↑このあとさらに沢山の先輩メンバーが駆け付けました!


はじめに、役員から新入社員へメッセージが送られました。

01 代表取締役・梅木さんのお言葉

ファンギルドのミッションは「ストーリーの力で、人生にFUNを。」
お二人はこれまでFUNを受け取る側(読者側)の人間だったけれど、これからはFUNを届ける側になります。
目まぐるしく変化し続ける世の中で、孤独や不安を抱える人たちの日常の隙間に寄り添い、喜び・楽しみ・笑い・驚き・安らぎをエンタメの力で届けるのが私たちの存在意義です。
ミッション実現のために一緒に全力を尽くしましょう!
 
また、ファンギルドでは「自ら動くこと」を行動指針として大事にしています。
自分から聞く、手を挙げる、調べてみるなど、まずは当事者意識をもって主体的に動くことをベースにしてほしいです。
常に自ら機会を作り出し、その経験によって成長を続けられる社会人になりましょう。


続いて、取締役・執行役員からメッセージが送られました。

02 人事担当取締役・小幡さんのお言葉

お二人にお伝えしたいことは3つです。
「謙虚であってほしい」
どういう立場になっても、謙虚さや感謝の気持ちを持って色々な人に接しましょう。
 
「基本動作を徹底する」
 約束を守る・挨拶を忘れない、など基本的な動作を徹底できる“所作が綺麗なビジネスパーソン”になりましょう。
 
「モチベーションを言い訳にしない」
 モチベーションが高かろうが低かろうが「結果を出す」のがプロフェッショナルです。一定のレベルでパフォーマンスを出し続けるには、体調管理が第一。そのためにも、環境に慣れることから始めましょう。そして、自分でモチベーションをうまくコントロールし、結果に拘って仕事をしましょう。
 
これから一緒に成長していきましょうね!ようこそファンギルドへ!


03 常務取締役・松浦さんのお言葉

お客様に評価されるのが仕事だと思っています。
つまり、「つくって届ける出版社側には基準が無く、買っていただく読者さん側に評価基準がある」ということですね。
まずこの部分を理解することから始めてほしいです。

ファンギルドでも昨年からマーケティング志向を軸とした作品づくりを徹底してきました。
読者の「読みたい!」という土台が何よりも大事だからです。
これが、今日一番伝えたいメッセージでもあります。

------------------

また、社会人として働くうえで、20代の時間はとても貴重で限られたものです。
限界を決めずにストレッチをかけ、社会人がスタートするこのタイミングで自分の基準を高めておくことは、キャリア形成の観点でも非常に重要です。

今後「思いはあれど形にできない」という状況にきっと直面すると思いますが、それを解決するために大切なのは基本的な働き方から形成される土台(=基礎力)と、実現させたいという思いです。

何かあれば心強い先輩たちが側にいるので、安心して、焦らずゆっくり向き合ってほしいです。


04 執行役員・横田さんのお言葉

社会人としてまず大事なマインドは「何事も楽しむこと」。
嬉しいことだけではなく辛いこと・悔しいこと、変化やその過程までをも楽しめるマインドを持ちましょう。
 
そして「トライ&エラーを恐れないこと」。
今や社会の当たり前となっていることも、誰かの試行錯誤によって生まれたものだからです。
皆さんもトライ&エラーを恐れず、仕事に挑戦し続けてほしいです。


05 執行役員・矢島さんのお言葉

毎年新入社員の入社を楽しみにしています。
皆さんが入ってきてくれることで、血が入れ替わり、組織が活性化するからです。
 
春は出会いと別れの季節でもありますね。
お世話になった先輩が先日退職されたのですが、その方が残した「受けた恩は忘れず、施した恩は語らず」という言葉を聞いて、自分もいつかそんな人になりたい、と思いました。
 
お二人には、これから色々な人の良いところを吸収しながら、
自分がどんな人間になりたいかを見極め、その道を正しく歩けるような人になってほしいです。

新入社員だけではなく、先輩メンバーにも強く響いた役員からのメッセージでした。



06 新入社員が抱負を語る!!!

最後に新入社員2名が【抱負】を語ってくれました。

「先月ファンギルドの編集スキル勉強会に参加したときに、“自分にできる事”と“できない事”が明確になりました。松浦さんの仰る通りでした。今後はその部分を焦らず、コツコツと埋めていきたいです。」

「今でも覚えているのが、最終面接で役員の方から『おもしろいって何だと思う?』と聞かれたことです。とても印象的な質問でしたが、その答えはまだ見つけられていません。ファンギルドで働く中で“おもしろい”の答えが自分にとって何であるかを見つけられる一年にしたいです。」

こうして入社式は幕を閉じました…!


◆さいごに

入社おめでとうございます!

この春晴れて社会人となったお二人ですが、新しい環境の中で慣れないこと・不安なこともきっと出てくるかと思います。

そんな時には、周りを見てください。皆さんをサポートしてくれる先輩メンバーが側にいます。どんどん頼って、質問して、吸収して…昨日より今日 今日より明日とステップアップしていきましょう!

改めて、これからよろしくお願いします🐥🐥

この記事が参加している募集

仕事について話そう