福井県での飲食店開業を応援!招福プロジェクト

食の國ふくい。山海の恵みはもちろん、漆器や打刃物など伝統工芸の技が継承される福井県。東京から「福井」「敦賀」と北陸新幹線の延伸が決定し盛り上がりを見せる地で、他県から飲食店開業を目指す方の応援するサイトです。県内で活躍する料理人や補助金などの情報を紹介します。

福井県での飲食店開業を応援!招福プロジェクト

食の國ふくい。山海の恵みはもちろん、漆器や打刃物など伝統工芸の技が継承される福井県。東京から「福井」「敦賀」と北陸新幹線の延伸が決定し盛り上がりを見せる地で、他県から飲食店開業を目指す方の応援するサイトです。県内で活躍する料理人や補助金などの情報を紹介します。

    最近の記事

    越前酒乃店はやし/林 宏憲さん(酒販店4代目)

    飲食店開業のキーマンとなる方にインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、さまざまな分野の方に教わります。今回ご紹介する林 宏憲さんは、明治時代創業『越前酒乃店はやし』の4代目。全国各地の酒造りの現場に足を運び、その様子を肌で感じることで「瓶の奥に見える風景」を伝えることを大切にしています。自身も料理人の経歴を持ち、飲食店との関係性も深い林さんに、福井の食についての思いを伺いました。 1.「瓶の奥に見える風景」を伝える酒屋を目

    スキ
    2
      • 福井県農林水産部/橋本大樹さん

        飲食店開業のキーマンとなる方にインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、さまざまな分野の方に教わります。今回ご紹介する橋本大樹さんは、福井県庁農林水産部流通販売課で、福井県食材の県外国外の販路開発に携わっています。土地ならではの食材に関する情報収集や、トレンドについてお話を聞きました。 1.冊子に動画、食材イメージを膨らませるツール福井県と言えばどのような食材をすぐにイメージできるでしょうか?やはり「越前がに」を代表に、海の

        スキ
        2
        • 奥井海生堂/奥井 隆さん(老舗昆布店4代目)

          飲食店開業のキーマンとなる方にインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、さまざまな分野の方に教わります。今回ご紹介する奥井 隆さんは、明治時代から続く老舗昆布店の4代目。国内外の高級料亭などに昆布を提供する一方、福井ガストロノミー協会を立ち上げ、福井の食の振興にも寄与しています。 1.独自の昆布文化が息づく福井の食福井と昆布とのかかわりは歴史が深く、江戸から明治にかけては北海道でとれた昆布が北前船で日本海を経て、京都や大阪ま

          スキ
          4
          • 杉原商店/杉原吉直さん(和紙問屋)

            飲食店開業のキーマンとなる方にインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、さまざまな分野の方に教わります。今回ご紹介する杉原吉直さんは、世界のアーティストからも全幅の信頼を寄せられている「和紙のソムリエ」。伝統工芸と食の親和性やこれからの福井の食に期待することを伺ってきました。 1.職人たちの高い技術力が支えてきた越前和紙福井県は越前和紙、越前打刃物、越前漆器、越前焼などさまざまなものづくりが半径20km圏内にある国内でも珍し

            スキ
            2

            福井県定住交流課/三津谷勇気さん

            飲食店開業のキーマンとなる方にインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、さまざまな分野の方に教わります。今回ご紹介する三津谷勇気さんは、福井県定住交流課で県外からのU・Iターン等移住支援に携わっています。実は近年、東京や大阪など都市部からの移住が増えているという福井県。その秘密について伺ってきました。 1.福井県、2年連続で移住者1000人を超える福井県では県や市町の移住支援を受けて県外からU・Iターンされた方が2020年度

            スキ
            3

            むつのはな/五十嵐美雪さん(日本料理)

            飲食業界のトップランナーにインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、飲食に関わる様々な分野の方に教わります。今回ご紹介する五十嵐美雪さんは、京都で和食、東京でイタリアンの修業を積み、2020年に地元である福井県にUターン。2021年に鯖江市河和田(かわだ)地区で週2日限定の飲食店『むつのはな』をオープンしました。 1.東京から地元・福井にUターンし、コロナ禍で開業。地元・福井にUターンしたのは2020年。大学卒業後に料理の世

            スキ
            4

            福井県で働く、飲食店開業するメリットって何ですか?

            招福プロジェクトは、福井県の食振興の活性化を目的とした県外からの飲食店(料理人)の誘致/スカウトを目的としています。活動の中で受ける質問として様々な要素があるのですが、大別すると下記のカテゴリーに分けられます。 福井県で飲食店を開業するメリットってなんですか? 商売だけでなく、実際に生活環境はどうでしょうか? 食材などの調達で不便さを感じる事はないでしょうか? 上記の質問を掘り下げますと膨大な情報になりますので、まず簡易版としてまとめてみました。 1)福井県で飲食店

            スキ
            3

            Restaurant cadre/濱屋拓巳さん(フランス料理)

            飲食業界のトップランナーにインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、飲食に関わる様々な分野の方に教わります。 今回ご紹介する濱屋拓巳さんは、福井市高木にあるRestaurant Cadre(カードル)のシェフ。2021年にシェフに就任し、福井の食材とフランス料理が融合した“ここでしか味わえない”イノベーティブな料理を生み出しています。 1.一度は北陸で働いてみた方がいい 高校を卒業後、地元静岡から愛知の専門学校に進学し、

            スキ
            5

            御料理 一燈/倉橋宏紀さん(日本料理)

            飲食業界のトップランナーにインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、飲食に関わる様々な分野の方に教わります。 今回ご紹介する倉橋宏紀さんは、JR福井福井駅から車で約5分、さくら通りに面した日本料理店『御料理 一燈』の大将です。2021年にはミシュランガイドブックで二つ星店に掲載され、全国各地の食通たちが季節ごとに福井の味を求め訪れます。 1.北陸の味を堪能できる「越味」を表現 実家がお酒を飲む家だったので、小さい頃から簡

            スキ
            4

            ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野/土肥さん(フランス料理)

            飲食業界のトップランナーにインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、飲食に関わる様々な分野の方に教わります。 今回ご紹介する土肥さんは、フランス料理人。高校卒業後県外に出て、フランスを始め、京阪神を中心に様々なレストランで経験を積まれた方です。「おいしい料理は美しい」をフィロソフィーに掲げ、現店では2018年からシェフを務め、兵庫県食材をふんだんに使ったテロワールを感じるコースが人気を集めています。 1.顔上げて仕事をする大

            スキ
            6

            株式会社やまよ/廣瀬さん(漆器屋)

            飲食業界のトップランナーにインタビューする「つなぐ人」。福井県での開業準備で心がけることや土地ならではの魅力について、飲食に関わる様々な分野の方に教わります。 今回ご紹介する廣瀬さんは、兵庫県神戸市と福井県鯖江市の2拠点で活動する漆噐屋さんです。「料理人と雑談含めコミュニケーションするのが面白い」と満面の笑顔でお話された廣瀬さん。現在「福い学(※)」のメンバーとして活躍され、兄貴と慕う料理人も多い人物です。 1.もっと福井県の認知を上げたい! ホテルやレストランの料理人の

            スキ
            4

            福井県での飲食店開業を応援。招福プロジェクト始動!

            1.招福プロジェクトとは 東京から北陸新幹線が「福井駅」~「敦賀駅」まで延伸する2024年。現在福井県内外では様々な取組みが活況です。中でも「福井で飲食店を開業したい!」と検討されている方が増えていますが、このプロジェクトはそんな福井県で飲食店の開業を目指す方を応援する取組みです。 福井県にはたくさんの魅力的な観光資源がありますが、飲食店の方にとって大切なのが食材の豊かさです。もちろん福井県は山海の恵み溢れ、四季折々の福井特産物がたくさんあります。そして飲食店を営む上で必

            スキ
            8