クラリネット&アレクサンダーテクニーク 豊永よしこ

    • 自分の力を発揮したいプレイヤーのためのヒント
      自分の力を発揮したいプレイヤーのためのヒント
      • ¥500 / 月
      • 初月無料

      クラリネットの奏法、アレクサンダーテクニークを使った楽器奏法、身体の使い方、自分の力を発揮できる考えかた、行動習慣のヒントを書いています。

こういうときは特に息のことを考えよう!

クラリネットを始め、管楽器は息で音の発生源を振動させていないと何も始まりません。どんなに指が滑らかに動いていても、舌の動きが速くても息がなければ全部帳消し、残念…

200

速いパッセージが仕上がらないのは、これができていないから

速いパッセージを完成させるために、細切れ練習、ゆっくり練習、リズム変え、ドレミ読み、数稽古など、色々なことをしていると思います。 これでできてしまえばOKですが、…

200

練習を休むと罪悪感いっぱいになってしまう方へ

疲れているのに練習を休めない、休むと衰える気がして休めない、「1日休むと3日戻る」と思ったら怖くて休めない・・・という方へ贈る提案です。 プロ、アマチュアを問わず…

200

「rit.」「accel.」がうまく出来ないときにやりたいこと

楽譜には沢山の指示が書いてあります。その中でも自由度が高いのは「rit.」「accel.」「rubato.」など、テンポを動かすところ。大枠はありますが、奏者のセンスに任されて…

200

リードが突然豹変したらチェックしたい8つのポイント

昨日まで調子が良かったのに今日吹いてみたら全然鳴らない、吹きづらい、音がガサガサ・・・そんなときどうしますか? 今日はリードが豹変してしまった時に確認したいチェ…

200

【参加者のご感想・その3】ステージで本来の力を発揮しよう!緊張対策グループレッスン

緊張対策グループレッスンのご感想、最後はNさん(クラリネット愛好家)です。 先日は緊張対策レッスンありがとうございました。お陰様で色々考えるきっかけがあったと思…