日本アースバッグ協会(JEBA)

2012年から現在までの10年間にわたり、日本各地にてアースバッグ工法の普及活動と、日本風土に適用すべく米国式から日本式への改良・研究を行っている。暮らしを豊かに、楽しくワクワクできるツールとなり、土の我が家として安心して快適に暮せる"工法"を目指します。

日本アースバッグ協会(JEBA)

2012年から現在までの10年間にわたり、日本各地にてアースバッグ工法の普及活動と、日本風土に適用すべく米国式から日本式への改良・研究を行っている。暮らしを豊かに、楽しくワクワクできるツールとなり、土の我が家として安心して快適に暮せる"工法"を目指します。

    最近の記事

    【アースバッグを体感するなら、断然泊まってみてほしい!】宿泊体験@熊本県のんねむ

    アースバッグ工法を知っている人ならこの建物をみたことある人は多いはず! そう! この子は熊本県「アウトドアフィールド のんねむ」にあるククの家です🙌 ククの家はアースバッグ工法とRC造を組み合わせたハイブリットな宿泊施設です。 カテナリー曲線の4mドームの横に、アメーバ型にアースバッグを積み上げコンクリートで屋根をかけました。 2018年夏のオープン当初には建物前の半外空間はなかったのですが、2019年冬に追加工事を行いました。 プライベート空間と風を避けるため、1面

    スキ
    4
      • 現在クラファン目標金額の30%達成中!!オンラインセミナーについても簡単にお知らせ!

        今回の私達のクラウドファンディングを気にかけてくれてる方々への感謝と「気になってるんだけどなぁ〜」とか「参加は決めてるけど後でいいかなぁ〜」と思ってる皆さまへのお願いごと!! スタートダッシュに成功し、クラファン終了まで日にちはあるものの、力をぬくことなくしっかり駆け抜けたいと思っております!終了まではいつも以上にアースバッグのアレコレについて情報を発信していきます。ぜひFacebook、instagram、noteなど皆さんがやっているSNSやブログ等でシェア、拡散し

        スキ
        4
        • 【人気沸騰中】日本国内で続々とアースバッグサウナがオープンしています♪

          2021年の日本初の沖縄県でのアースバッグサウナオープンより、 「アースバッグのサウナが桁違いにヤバい!!!!!」と 日本国内でも続々とアースバッグサウナが制作されています。 今日は日本でアースバッグサウナを体験できる施設を紹介していきますよ〜♪ ここでは書ききれないので各施設のリンクもチェックしてみてくださいね! 気になる方はぜひお近くのアースバッグサウナへ足を運んでみてくださいね。(どの施設も必ず事前予約をお願いします🙏) 《日本でアースバッグサウナを体験できる場所

          スキ
          5
          • 【 いつものサウナとワケが違う!ハンパなく整いたい方へ"土のサウナ"のススメ 】

            皆さん、サウナは好きですか? 私は週一の頻度で行くほど好きになりました。 サウナブームに乗っかってサウナの入り方を学んでからは大変お世話になっています。 そんな中、昨年アースバッグでサウナを作れないか? との依頼で作図から視覚化を行いました。 自然と調和したホビットハウスのようなサウナも可愛いですよね^^ (サウナ調査、現地視察、施主の要望を踏まえ、平面立面断面をおこし、3Dモデル、レンダリングまで行っています。 因みに【あなたのビジョンを視覚化します】リターン品もあり

            スキ
            2

            さてアースバッグハウスで何をしようか!

            「アースバッグハウス作りたいな〜!」 そう思ったあなたの頭の中にはどんなアースバッグハウスができて、その中で何をしていますか?? 今回はアースバッグの用途についていくつか触れていきたいと思います! 1.住居として 「自分達の理想の家を作りたい!」「個人の部屋(書斎や子ども部屋)が欲しい!」などなど 曲線が容易に作り出せるアースバッグ。あなたの作りたい家がクネクネしたフォルムだったり、丸い空間であればアースバッグはもってこいです!そういったポジティブな思いはもちろん現代の

            スキ
            3

            自然にあるものを、その土地にあるものをいただく

            私が「アースバッグ」に実際に触れたのは1年前、 “土”でつくる空間に興味をもち1ヶ月のドームづくりに参加しました。 最初は1ヶ月のつもりが、 シンプルでありながら奥深いアースバッグに魅了され1年。 “暮らし”のありかたが大きく変わりました。 「アースバッグ」と出会う前、私は企業で働いていましたが、 ある時、働き方、大量生産の在り方に強く疑問をもちました。 “暮らし”とは何か? “生きる”とは何か?考える日々が続きました。 そしてたどり着いたのが、 「自然にあるものを、

            スキ
            3

            アースバッグマニュアル本の価値とは?

            アースバッグの洋書は数冊ありますが、日本でのアースバッグ本出版は初めてになります!! 洋書アースバッグ本は”作る”に特化しておらず、実際に作れる本にはなってないのが大半です。 私たちの本は純粋に「アースバッグの魅力」を紹介するだけでなく、「読んで建てられる」ことを目的としている"技術書"を目指しており、制作工程を丁寧に載せた本は、世界でも初になるのでは?と思っています。 マニュアル本はこの10年間で蓄積された"経験と失敗"が元になっています。 例えば、防湿対策について

            スキ
            3

            エクステリアのすすめ

            アースバッグ工法は家を作るための手段だけではありません。豊かな暮らしを自分で作ることができる手段でもあります! そこで今回伝えたいのがエクステリアの製作。ベンチ、花壇、ファイヤーピット、塀、デッキなどなど。アイデア次第で作りたいものを自由に作れちゃいます。 家づくりでは抑えるべきポイント・ルールがあります。しかしながらエクステリアの場合は「作りたい!」と思った気持ちの勢いそのままに思いっきりやっちゃっていいと思います!(もちろん作業は安全第一が大前提ですよ。) 何かを作っ

            スキ
            3

            建築という枠を超えて、人とつながる

            アースバッグの魅力の一つは「つながる」工法であるということ。   経験・年齢・性別関係なくみんなで参加できる工法で、 みんなの身体・やる気・コミュニケーションで作り上げていきます。  土を「まぜる」「運ぶ」「渡す」「詰める」のサイクルをみんなで繰り返していくことで、完成に近づいていく過程に“ワクワク”し、作っているそのモノに“愛着”が湧いてくる。  “つくる過程”で徐々にみんなのリズムが一体となり絆が生まれます。 一つ一つの工程はシンプルですが、 それぞれの作業に役割が

            スキ
            5

            土のおウチ "EarthBag / アースバッグ工法"とは??

            アースバッグ工法とは、アメリカのカリフォルニア州から日本にやってきた新しい建築工法です。 土を主材としたこのシンプルな工法は、仲間とともに作り上げることができ、表現の自由度が高く、災害に強いことも特徴です。 この次世代工法は人々の暮らしの可能性を広げ、住居だけでなく、階段や塀、ベンチ等の暮らしツールにも大きく活用できます。 素材と工法 基本どこにでもある “土” を建材に用いるので、環境に対しての付加も少なく、資材調達に困りません。 また『混合土を袋に入れて

            スキ
            5