マガジンのカバー画像

ヨロイマイクロノベル

34
思いつくままツイッター上であげていた140字ほどのお話(あるいはその断片のようなもの)をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

ヨロイマイクロノベルその33

321. あるもの出せよ。路地裏に連れてきたブルボンを脅す。何も持ってない、と涙を浮かべる。…

5

ヨロイマイクロノベルその32

311. ミモザの花がこぼれるように咲き誇る。その下で小さな女が口を開けて立っていた。わたし…

渋皮ヨロイ
2か月前
9

ヨロイマイクロノベルその31

301. 古い籐椅子が死ぬ。長く共に暮らした女が裏山に埋めた。夜、狸が掘り起こすが、椅子はす…

渋皮ヨロイ
5か月前
4

ヨロイマイクロノベルその30

291.「賑わう海の家」 秋が過ぎても海の家は解体もされず、夜な夜な賑わっていた。煌々と明る…

渋皮ヨロイ
6か月前
6

ヨロイマイクロノベルその29

281. 愛のブーメランは五年前に完成していた。でも作業が楽しくて夜ごとヤスリをかけ続けた。…

渋皮ヨロイ
7か月前
2

ヨロイマイクロノベルその28

271. 白と赤の彼岸花がそれぞれ列をなして咲き誇る。真夜中、茎が曲がり、交差する。6本の雄…

渋皮ヨロイ
8か月前
8

ヨロイマイクロノベルその27

261. 一日署長をはじめとして、一日巡査や一日巡査長、さらには一日被害者、一日犯人が集まる。デモンストレーションじみた逮捕劇が交番前で繰り広げられ、沿道で一日野次馬たちが喝采をあげた。秋晴れのいい日だった。それぞれが職を解かれる中、翌日も一日犯人だけは捕まったままだった。 262. 妻が忍者になりたいと言い出す。語尾ににんにんってつけるといいよ。俺のアドバイスのせいで、にんにんが溢れる。俺も対抗する。会話にならない。にんにん言い合い、げらげら笑う。ある日、書き置きを残して

ヨロイマイクロノベルその26

251. 「今夜、貴方の夢に参上します」。獏からメッセージが届く。うっかり昼間に眠ってしまう…

渋皮ヨロイ
10か月前
3

ヨロイマイクロノベルその25

241. 黒い獣の赤ちゃんを二匹育てる。「フーダニット」「ホワイダニット」と名付けた。無邪気…

5

ヨロイマイクロノベルその24

231. 瓶のキャップを集める男と七秒で恋に落ちた。男はすべての指にキャップをはめていた。ど…

3

ヨロイマイクロノベルその23

221. 大晦日くらい俺たちにも笑わせてくださいよ。多様な角を生やしたあらゆる色の鬼がサロン…

6

ヨロイマイクロノベルその22

211. うまいもん食わせてやるよ。叔父と林の中を進む。枝先に丸くて白いものがつるされている…

7

ヨロイマイクロノベルその21

201. 恋人が顔はめ看板ごと帰ってきた。大名の格好がやけに似合う。「ようこそ古都××へ」。…

5

ヨロイマイクロノベルその20

191. こんな夢を見た。「それってあなたの感想ですよね? と口にする彼氏を助走つけて殴ったら、2回バウンドしてゴミ箱に入った」。しばし自分を責めたあと夢占いのサイトで調べてみる。「金運絶好調」と出たから、宝くじ売り場へ走った。コインでこすると3等だった。よし、旅に出よう。 192. Y字路で別れることになった。右が兄で左はわたし。手を振って独りになる。はじめは兄の姿も見えて、跳ねたり大声で呼びかけたり、さよならの過程を楽しんでいた。やがて道は大きく曲がり、丸い陽は落ちる。