DOCTRINE

DOCTRINEというブランドで写真を使ってやや特殊な世界観を表現するための活動をしています。 活動を通じて考えたことや作品についての補足などを書くことにします。https://sinister.heavy-rubber.tokyo/
    • 制作関連の話題

      DOCTRINEの制作に関する話題が中心。 撮影で思ったこと感じたこと心懸けていることなど諸々。

    • 思うこと

      考え、思うことなどをまとめています。

    • Self liner notes

      作品の補足的に読んでください。不定期に投稿していきます。

固定された記事

DOCTRINEの「はじめまして」。特殊な写真を撮るユニット。

―「フェティッシュ」という言葉は少し前にバズワード的に散らかされ搾取され使い古されてしまった。いまは、残滓みたいな感じ。 なので、あえてフェティッシュという言葉…

7か月前

アートにみるフェティシズムとディシプリン展に作品協力しました

不思議なタイトルにあるとおりの、フェティシズムとディシプリンをテーマにした作品展に協力しました。 開催は6/4(土)からなので告知のようなかたちになりますが、様々な…

5日前

無理にゴムの服を着たり着せたりしなくてもいいですよ、という見方

「MET GALAでゴムの服を着るのは全然おしゃれでもかっこよくもないですよ。むしろ圧倒的にダサいです。 たぶん、それがわかってない人が圧倒的に多いと思いますけど。」 …

11日前

アングラ世界を脅かすのは常にそこに留まる住人だ。

いわゆるフェティッシュであるとかヱロティックであるとかを含むアンダーグラウンドの世界は微妙なバランスでなんとか成立しているところがある。 センシティブといったよ…

1か月前

作品「翳りし光の巡礼」の解説

2022年撮影の「『翳りし光の巡礼』― Widow 昨日を生きるために」から。 普段はスタジオでの作品撮り中心ですが、日中の海辺での屋外ポートレート形式で実験的に撮影したも…

2か月前

DOCTRINEのモデル(被写体)に対する考え方

DOCTRINEでは、基本的にテーマありきでの撮影になるため成り行きでのモデル募集というのはまずしていません。 テーマに対してあるていど、こういう世界観でこういう雰囲気…

3か月前