130年間もウイルス分離に毒を使ってた。そして分離の対照実験が無かった。更に感染の証明ができなかった。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

130年間もウイルス分離に毒を使ってた。そして分離の対照実験が無かった。更に感染の証明ができなかった。

Dkz


こんな実験結果と結論があります。


実験→培養細胞に病人の痰と「毒」を投入し培養した。
結果→培養細胞が変性・壊死した。

考察→この結果は、病人のウイルスだけが増殖した事を示す。
結論→ウイルスの分離に成功した。


はあ?何言ってんだ?毒を投入したらダメじゃん!と思うんですが…
これは、CDC論文と、「感染研・地衛研専用」SARS-CoV-2遺伝子検出・ウイルス分離マニュアル Ver 1.1 に示されているウイルスの分離方法です。
超ざっくりだけど、インフルエンザも風疹も同じです。


あったりまえだけど、この実験と結果から「ウイルスの分離に成功した」と主張できない。「毒無し」と「病人の痰無し」の対照実験が必要です。でも対照実験は無いようです。

わかりやすく解説してる動画がありました。

痰でも鼻水でもOK
ストレプトマイシンの毒性マウスLD50(半数致死量)は、静注145〜300 mg/kg、皮下注600〜1,250 mg/kgである。マウス(静注)145 mg/kg をヒト等価用量 (HED) 換算すると、ヒト11.79 mg/kgとなる。マウス(皮下注)600 mg/kgをHED換算すると、ヒト48.78 mg/kg(3,170〜3,415 mg)(Wikipediaより抜粋)
追い毒して
培養細胞にイン!
壊れなければ…?
細胞が壊れるまで追い毒
培養細胞が変性・壊死(CPE)しました(そりゃそうだ)
うわあ…
えー!
「対照実験がありません」
小道具?
国立感染症研究所もVeroE6細胞使ってます
ベロ細胞の多くは異数体であり、正常な細胞が60本の染色体を持つのに対し、(アメリカ細胞銀行ATCCの株は)58本しか染色体を持たない(Wikipediaより抜粋)
写真は証拠にならないね
そういやウイルスが細胞を壊す機序を聞いたことない
無視するよね。仕事なくなるから
ウイルス感染のお話
1918年、ミルトン・ローゼナウ博士の感染実験です
感染しなかったので…
きゃあー!
この感染実験の詳細の動画→インフルエンザの「非」感染実験
ウイルス分離に対照実験が無かった! 感染を証明できなかった!

CDC論文国立感染症研究所
ウイルス分離に毒を投入して、
対照実験がありません

まだ誰もウイルスを見つけられてない。130年くらい。

130年も騙されてきたのか…

ウイルスはいる!って人が大多数でしょうけど、
・ウイルス分離に毒を投入すること、
・対照実験が無いこと、
・感染の証明が無いこと、
をどう説明するのか?聞いてみたいなあ。

厚労省は電話で「科学的根拠はありません」と言ってます。
「根拠はないけど、あるということで対応してる」と。

これが「オトナの対応」ってことか。


ウイルスの証拠が無いのであらゆるワクチンは詐欺です。
詐欺がバレると医者も製薬会社も困るだろうけど…
こんな医療はグレートリセットされちゃえー!

Bio Sinfoniaさん、字幕大王さん、コジコシさん、
いつも日本語字幕ありがとうございます。
最後までありがとうございました。



追記
じゃあ風邪ってなんだ?って言うと、

・患者の多くは回復まで大抵7-10日間を要する。
・健康に問題がある患者は肺炎に進行する可能性がある。
・成人は年間2-3回の風邪にかかり、児童はそれ以上。
・風邪の直接的な治療法は存在しない。罹患期間を短縮させる方法もない。
・不快な症状は対症療法で緩和可能。

風邪-Wikipediaより抜粋

風邪は寝てれば治るが高齢者は死亡することがあるからナメんな。
…という、今までと同じで良いと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございまーす!
Dkz
ふと思いついた妄想です。点と点をすぐ繋ぐのが大好きですー