立花月夜

結婚しているレズビアンと言う矛盾。男だと誰からも言われる性格だけど、ジェンダーは女。いろいろな矛盾を抱えつつ、【既婚ビアン】と言う言葉を最初に作ったのは2002年。それから細々ネットに生息しています。

立花月夜

結婚しているレズビアンと言う矛盾。男だと誰からも言われる性格だけど、ジェンダーは女。いろいろな矛盾を抱えつつ、【既婚ビアン】と言う言葉を最初に作ったのは2002年。それから細々ネットに生息しています。

    最近の記事

    既婚ビアンのみんなで集まれる場所が欲しいんだよー

     こんにちは。既婚ビアンの立花月夜です。  若い頃は彼女欲しいだったのですが、最近はめっきり枯れ果てて 「縁側で一緒にお茶を飲めるほのぼの関係の彼女が欲しい」 と思うのは年を取ったからでしょうか。多分年を取ったからでしょう。  既婚ビアンという名前は作って20年近くなりますが、意外と既婚ビアンが多いことを知りました  色々な場所でこの言葉を聞くことがありますし、交流サイトとかでも既婚ビアン掲示板的なものを見ることもあります   結婚していても、女の子といちゃいちゃ

      • 女に生まれて「残念」と思うこと

         こんにちは。今日は既婚ビアンの始祖立花月夜が語る『女に生まれて残念だなと思ったこと』です。いろいろあります。これ。  社会が悪いんじゃなくて、仕方ない言葉ばかりなんですけどね 女として意識されるのが嫌 これは結構大きいです。男装していてもどうしても、声は女性なので“女性”として意識されちゃうんですよね。趣味の場で思い知りました。  気をつかってくれているのはわかるんです。でも女性慣れしていない男は挙動不審になっちゃうし・・・いや扱いがどう扱っていいのかわからないのはわかり

        • 18年前に男の魂で子供を産んで“今”思うこと

           実母や彼氏、先輩、同級生  僕のことをよく知る人は、僕の性格について 「男でしょ」「男なら」 と言うし、僕自身も子供をお腹に宿すまで、自分が“女性”と言う意識はなく。  子供を産んで、18年経つけれど今現在は 女の性的役割(ジェンダー)を男の魂で生きる と言うことに面白さを感じている。体は更年期になったり、色々大変だけれど別に「女であること」で自分の本当にやりたいことを邪魔されたことがないからそう思えるのかもしれない。  子供を産んで18年以上たつけれど、子供が

          • 創業セミナー定番の質問に毎回悩む

             こんにちは。月夜です。ボイスマルシェでカウンセリングを始めます。  本名ですけども。顔出しですけども。月夜はイケメンだと思っている方はのぞかないように(笑)知らない方が良いこともあるのです・・・フフフ  さて冗談はさておいて、事業セミナーでよくある質問の一つに 〇年後のあなたはどんなあなたですか?と言う物があります。この項目で一番困るのが、お金のところ。 売り上げ・収入・年収  そんなの・・・わかんないよ・・・と言っちゃいけないのがつらい。実際わからないんですけどね

            男が妊婦?妊娠~出産で幸せを感じるより強く感じたこと

             こんにちは。既婚ビアンの立花月夜です。皆様お元気ですか?僕には子供が二人いますが、正直“幸せ”を感じたことはありません。  それより強く感じていたのは戸惑い。そんなお話です。 嫁♂と同棲、結婚後すぐ妊娠 僕は結婚後、半月目の排卵日で長女が受精しました。なのでデキ婚?いや違うか―レベルで、長女が生まれています。  生理が来なくて検査して陽性だった時の気持ちは  いやーヤることはやりまくっていたのですが、実際陽性になった妊娠検査薬を前にしばし絶句。  嫁♂に話をしたら、

            男の魂で女を生きるのも面白い?

             こんにちは。今日は母親・彼氏・同級生・先輩あらゆる人に異口同音に「男ならよかったのに」と言われた立花月夜が、女性としての性的役割を選んで思うことを書きたいと思います。 男らしい女らしいに一番捕らわれているのは、トランスジェンダーなのかもしれない? 男の魂に女の躰だから不自然? 僕はトランスジェンダーの自覚はあるし、「男性っぽい」と言われると素直に嬉しい。 男になりたいとは思うけれど・・・  でも遺伝子や過去まで変えることはできないんですよね。勃起する凸は手に入らない

            既婚ビアンと言う言葉が誕生した理由

             今日は2002年に生まれた【既婚ビアン】と言う言葉。立花月夜の中から生まれた既婚ビアンと言うLGBTの分野の一つはどうして生まれたのか。のお話です。 【darknessLove】立花月夜から生まれた既婚ビアン 既婚ビアンと言う言葉が誕生したのは、2002年(たぶん)結婚してすぐ、既婚ビアンを名乗り始めたので、そんなもんだと思います。  LGBTは閉鎖的な分野ですが、今よりもっともっと閉鎖的な世界でした。  結婚しているレズビアンは、ホント迫害される対象でした。 「L

            結婚しているレズビアンって矛盾だけどそうなんだもん

             初めまして。既婚ビアンの始祖、立花月夜です。既婚ビアンと言う言葉を作ったのは、2002年だった(はず)。  大型掲示板で叩かれたり、色々批判は浴びますが、仕方ないじゃない既婚ビアンだもの。  自己紹介も兼ねまして今日は既婚ビアンを簡単にお話したいと思います。  僕は既婚ビアンです。結婚しているけれど、基本的に女の子が恋愛対象。  既婚ビアンとは「結婚しているレズビアン」のことですが、結婚しているバイセクシャルのことではありません。 既婚ビアンと既婚バイセクシャルは