見出し画像

既婚ビアンと言う言葉が誕生した理由

立花月夜

 今日は2002年に生まれた【既婚ビアン】と言う言葉。立花月夜の中から生まれた既婚ビアンと言うLGBTの分野の一つはどうして生まれたのか。のお話です。

【darknessLove】立花月夜から生まれた既婚ビアン

 既婚ビアンと言う言葉が誕生したのは、2002年(たぶん)結婚してすぐ、既婚ビアンを名乗り始めたので、そんなもんだと思います。

 LGBTは閉鎖的な分野ですが、今よりもっともっと閉鎖的な世界でした。

 結婚しているレズビアンは、ホント迫害される対象でした。

「LGBTを差別するなー」

 と言う割に既婚ビアンを差別したり、因縁をつけてくる人は多い様子。

 自分がされて嫌なことは自分はしない。が基本なのにね。

 まあ理由はいろいろわかりますが。

 そんな閉鎖的な世界だったので、僕はサイトを作って引きこもったわけです。

 で自分のサイト内だけでまったりやっていたら、大型掲示板で叩かれる事件発生。すごいですよ。当時のあの掲示板。

 毎日カウンターが1万くらい回ってました。

「なんじゃこりゃー」

 でも荒らしにまで来る人はいなかったので、まったりやらせてもらっていました。

自己紹介の言葉がいつの間にか他でも使われ始め

 自分の自己紹介としての言葉が、他でもどんどん使われ始め、現在では結構な数の人が

「既婚ビアンです」

と自己紹介をするようになりました

すごいですね~

「結婚しているレズビアンとして悩んで、一番先にたどり着く名前が立花月夜だった」

と言われたこともあります。今はそこまで検索ランク高くないけれど。

既婚ビアンだっていいじゃない

「女の子可愛いー」

「こんな女の子素敵だよねー」

と気軽に言える場所があればいいなと今は思います。でも作ってもみんな登録してくれても、利用はしてくれないんですよね。

どうせなら使ってほしいなと言うのが、僕の現在の悩みです。

自分が結婚したレズビアンだったから

 結婚していても、女性が恋愛対象だった自分の自己紹介として生まれた既婚ビアン。そんなに重い思いで作ったわけではないのですが。

 今はいろいろな人に使われていて、感慨深いと言うか。まあそんなところです^^

 またね


 

 


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!