見出し画像

女に生まれて「残念」と思うこと

立花月夜

 こんにちは。今日は既婚ビアンの始祖立花月夜が語る『女に生まれて残念だなと思ったこと』です。いろいろあります。これ。
 社会が悪いんじゃなくて、仕方ない言葉ばかりなんですけどね

女として意識されるのが嫌

 これは結構大きいです。男装していてもどうしても、声は女性なので“女性”として意識されちゃうんですよね。趣味の場で思い知りました。
 気をつかってくれているのはわかるんです。でも女性慣れしていない男は挙動不審になっちゃうし・・・いや扱いがどう扱っていいのかわからないのはわかりますけど・・・。
 女性経験4桁?楽々突破の昭和のアウトローに

「お前みたいな“女”はいない」

と言われてましたし・・・。

「天然記念物じゃ。大事にしろ」

と返してましたが←苦笑される性格

 あと、最初は意識してなかったのに、途中でなんだかお互いの間の雰囲気が変わる時ないですか。自意識過剰ならそれはそれでいいんだけれど。

 関係が微妙に変わると「またか」と思っちゃうんだよね。・・・哀しい

 気をつかわせたくないけれど、女と言うだけで気をつかわせてしまったりするんだよね。
 その人のやさしさなんだけれど、なんだか・・・複雑。

女とか男とかそういうのが面倒な時ない?

 男が女に惚れて、逆も人間の摂理の一部ではあるんだけれど・・・。そういうのに関わりたくないなあと思う時がある。
 僕自身は男は嫁♂がいるし、友人関係でいたい。けどそれが無理なことは結構多い。
 
 自分は自分を男だと思っていても、周囲はそう受け取ってくれない。
 男装していても、僕はやっぱり女なわけで・・・。

 でもまあ男装していて、何か言われたこともないし差別されたこともない。・・・実際似合う服が男装しかない。それも黒・・・。

顔濃いんです。僕って。

LGBTじゃなくてもそうでも性別って面倒だね

 男と女の間に友情は成立するか

 なんて哲学的問いがあるけれど、僕は成立するとは思う。でもそこになるまでに超えるものが多すぎるんだよね。
 異性愛は本能だから仕方ないけれど。同性愛も本能みたいだけれど。
 恋愛ってのはとかくめんどくさいものですな

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!