見出し画像

男の魂で女を生きるのも面白い?

立花月夜

 こんにちは。今日は母親・彼氏・同級生・先輩あらゆる人に異口同音に「男ならよかったのに」と言われた立花月夜が、女性としての性的役割を選んで思うことを書きたいと思います。

男らしい女らしいに一番捕らわれているのは、トランスジェンダーなのかもしれない?

男の魂に女の躰だから不自然?

 僕はトランスジェンダーの自覚はあるし、「男性っぽい」と言われると素直に嬉しい。

男になりたいとは思うけれど・・・

 でも遺伝子や過去まで変えることはできないんですよね。勃起する凸は手に入らないし、睾丸だって手に入らない。

 何かを諦めなければならない性転換なんて意味がない。

と思っちゃったんですよね。

 ここで間違えないでほしいのは、僕の場合はであって、僕以外の人が性転換手術をするのは僕は応援したいです。

 その人が考えて考えて決めたことを、僕がとやかく言えるわけはないし応援したいとは思います。

僕が女に生まれた理由はある

と思っています。なぜなら、嫁♂が男だから。結婚するには僕が女じゃないとダメだったし。

男だから、女だから相手を好きになったわけではなく、もう色々オカルト的な要素も詰め込んでのパートナーなので

「女に生まれたのは仕方ないかな」

とは思っています。今は。

男の魂で女を生きるのも面白いんじゃない?

 そんなに経験できるものじゃないですよね。男が妊娠出産するとか。専業主夫にはなれるし、子育てはできるけれど。出産は女の特権。

 二回の妊娠出産で思うのは、女ってすごい。と言うこと。女の人を働かせて、その上妊娠出産しろだなんて国は何を考えているのか。

とののしりたいくらい、女性って大変。ですごいと思います。

 男の魂で女を生きる

 それはとても面白いことだと今も思っています

 

 

 

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!