いとだま けーと

観劇が好きな毛糸の玉。 ジャンルは雑多に、気に入ったものを観に行きます。円盤も観ます。クリエーターにはなれない。ただ自由に書いているよ。

矛盾してるかもだけど、大好きなまま熱がおさまっていくというのは、ある。燃え上がることはもう無いけれど、消えることもない。炭火みたいな想いかしら。上に乗せたものにじっくり火が通ってひどく美味しくなるような、自分の土台になってくれたような、そんな"好き"へと、また一つ昇華させられた。

好きな人を神様にしたくない話

※「私には私の神様がいます!」という方たちへの反論ではけっっっっっっして無いです、わたしにもわたしの神様がいます。その神様はお酒が主食のハスキーボイスの男性ミュ...

2019年に置いてきた感想を成仏させるための話。

作品への感情が馬鹿みたいにデカいというだけの話。  冒頭に何を書いてももはや信じてもらえなさそうな感想を書きあげたのですが、私は【Fate/Grand Order The STAGE 絶...

テニミュ3rd立海を観ての、今年の目標など

何事も自分で観て聴いて考えてから、扱い方を決めないといけないなと思った話。そして2020年はそんな自分になりたいと思った話。  2019年8月1日に、ミュージカルテニスの...

【宇宙戦艦ティラミスⅡ 〜蟹・自分でむけますか〜】を観てきた話

好きな役者さんが主演を務めるこちらの舞台、2作目を観てきました。  内容は、ポスター見ていただけたらわかるように、端から端までコメディです。親子愛ですとかそうい...

随に

ありったけの『好き』という気持ちが、健全に確実に奪われていくこの感覚を、私は他には知らない。それしか見えなくなっていつしか自滅していくタイプの『好き』ではなく、...