見出し画像

うきくさのように始まり-041

笑容透著幾分邪氣,摻著那些不應該的老成,冷不防地舉起那單眼,快取了一份店長的失魂落魄。
*あの子供は、こましゃくれて、怪しい笑顔をして、急に手の中の一眼を持ち上げて「シャ」と、店長の啞然の顔を撮っていた。

「銀色瞳孔。」
店長表情呆愕,嘴如失控響板,逕自喀喀:「無論在什麼地方,都讓人無法忽視……」
*「その銀色の瞳だ。」
店長はあんぐりと顔をして、制御できないカスタネットのように口が勝手に動いている。「どこに居ても、その銀色の瞳は頭から離れない……」

男孩輕蔑恥笑道:「才多久沒見,你的馬屁就這麼響了?」
*あの子供は、「しばらく会っていなかった、お前、口が甘くなったね!」と、嘲り笑って言った。

接著,他用左手從自己眼前輕撫而過,原本爍爍懾人的銀色瞳孔,轉瞬變成幽邃無垠的深墨漩淵,
「那是因為你已經知道我的存在,於是這銀色瞳孔成為一種表徵……就像是『感冒的症狀會有發燒,但是發燒並不代表一定是感冒』那樣……在一般人眼裡,我也不過就是個有特殊瞳色的小鬼而已。」
*そして、あの子供は左手を上げて、右目を覆って、そして目の前から左に撫でて滑っている。さっき不気味な輝きの銀色の瞳は、一瞬に深い暗闇に変わった。
「ワタシの存在を知ったお前にとって、この銀瞳が識別の条件かもしれない……でもね、それは風邪みたいなことだ。『発熱は一つの風邪を引いた症状ですが、熱がある時に風邪を引いているわけではない』……普通の人間には、ワタシは、ただどこでも見える銀色の瞳を持ったガキの一人だけだ。」

「我知道。」店長僵硬搭腔。
*「それは知っている。」と、店長が強張った声で言った。

「但是,既然你會出現,代表這裡也快到終點了吧?」他向男孩確認這點。
*「しかし、君が現れた今、この町ももうすぐおしまいだってことだよね?」店長は、あの子供に確認している。

「終點?」男孩提高音量,毫無保留,釋放出那沒來由的高傲,「終點之後,總是另一個開始啊……不是嗎?」
他獰笑。
*「おしまい?」あの子供は、わけもなく傲慢な態度を存分にとって、声を上げて、「終点についでのは、何かが始まるってことだろう?」と、にやにやと笑った。

==========
一眼(いちがん)カメラ
カスタネット:スペインの民族楽器

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

近く図書館に行って、私を探せ~♫

近く図書館に行って、私を探せ~♪
13
あの不思議の国の中で、「私を飲んで」という紙が貼られてしまった奴です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。