CPAO(しーぱお)

子育ちを社会化するため「まずは、ごはん!」を中心に、子どもたちの生活に一歩踏み込んだ、暮らしの延長のサポートを展開しています。
  • 活動のなかで、子どもがつぶやいたり語りかけてくれた言葉や、「これぐらいでいいだろう、仕方ないだろう」というおとな・社会の

small voice#2 ~ 社会を変えるためにも子どもの声を聞く~

「お母さん、おなか、いたたやから、とくまるさん来て」 夜10時すぎ、4歳の女の子から電話がありました。 子ども時代に受けた親からの虐待のせいで、ひどいトラウマやフラ…

100

CPAOスタッフ日々精進 最終回     ~「里山のめぐみ」~

八杉 祐介 11月28日(木)、今回は、雨が降っており、またCPAO畑も端境期という事で、和歌山県橋本市にある古民家「はしもとベース」のリノベーション作業でした。 このnot…

CPAOスタッフ日々精進⑪      ~やさいづくり~

八杉 祐介 CPAOの支部がある和歌山県橋本市には、はしもとベースから車で10分走ったところにCPAOの畑があります。 子どもたちと週末に日帰りやお泊りをしながら、野菜…

CPAOスタッフの日々精進⑩     ~活動報告会&ごはん会のお知らせ~

八杉 祐介 11月29日(金)にCPAOの活動報告会&ごはん会を開催いたします。 これから毎月、活動当初行っていました勉強会を復活させたいと思います。オープンなものクロー…

CPAOスタッフの日々精進⑨     ~「柿のコンフィチュール」~

八杉 祐介 CPAOの支部である和歌山県橋本市にある「はしもとベース」には、週に1,2回、畑作業やリノベーション、お泊り会などで訪れる機会があります。 作業の合間に、…

small voice 1 ~子どもはだれのもの?~

「どうしよっかなー、うーん……。」 連日、たくさん遊んだ何日目かのお泊り会の夜、ごはんを食べ、ほかの子がうるさいぐらいにぎやかに、寝る時間まで自由に過ごしている…

100