COM-design

名古屋拠点の業務用製品を中心としたプロダクトのデザイン事務所です。美しさだけでなく、使いやすさや安全性に配慮した製品・サービスとなるように心がけています。 HomePage https://www.com-design.co.jp Instagram com_design_pro

COM-design

名古屋拠点の業務用製品を中心としたプロダクトのデザイン事務所です。美しさだけでなく、使いやすさや安全性に配慮した製品・サービスとなるように心がけています。 HomePage https://www.com-design.co.jp Instagram com_design_pro

    最近の記事

    ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで

    東京都田代美術館で行われているジャン・プルーヴェ展を観てきました。土曜日が出張となり、せっかく東京まで来たのでどこか面白いところに寄って行きたいなと調べたら、ちょうどプルーヴェ展の初日でした。仕事は16時まであったので急いで移動し、18時閉館の東京都現代美術館へ17時に到着して息も荒いまま観始めました。 ジャン・プルーヴェ展椅子から建築まで 東京都現代美術館 https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/Jean_Prouve/ 2階

    スキ
    1
      • デザインセミナー「OEMからODMへ」報告

        弊社代表が会員となっている日本インダストリアルデザイン協会(JIDA)中部と名古屋市工業研究所「Nagoya むすぶ Tech Lab. 」で開催している月1回開催のデザインセミナーの簡単な報告です。 今回は名古屋学芸大学の黄ロビン教授が講師で「OEMからODMへ」のタイトルでお話いただきました。以下は箇条書きでロビン先生のお話の内容を記載します。ロビン先生は大変話し上手で楽しく聞いていましたが、文章にすると無機質になってしまいますがご了承ください。 ・台湾と日本で勉強、

        • コンタクトシート作成に便利! ACDSee

          皆さんは画像(写真)出力のときにどのようにしているでしょうか。 デザインを始める前に対象物の事前調査に行ったときの写真、複数の造形案を作成したときのレンダリング画像や模型写真、アイコンの画像をいくつか作ったときなど、デザインを行っていると多くの画像を扱うことになります。それらの大量の画像を一覧するPDFファイルを作ったり出力したりするときに便利なTipsの紹介です。 Tipsといっても画像編集ソフトASDSeeの出力機能を使うことです。このACDSeeのコンタクトシート作

          • 3Dプリンターで作る顕微鏡

            3Dプリンターで作ると書きましたが、3Dプリンターだけで作れるわけではありません。でも3Dプリンターならではの構造になっているので、表題としては間違っていないかと思います。 この顕微鏡のことはWEBニュースで見たのが最初でした。外観の面白さ、オープンな開発姿勢などに惹かれ作ってみようと思った次第です。 Fabcross 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下 https://fabcross.jp/ne

            スキ
            4
            • デザインセミナー「OEMからODMへ」報告

              11か月前
              • コンタクトシート作成に便利! ACDSee

                11か月前
                • 3Dプリンターで作る顕微鏡

                  スキ
                  4
                  1年前
                  • あけましておめでとうございます。

                    昨年は新型コロナウイルスにより予想外の年になりました。年初は普通に始まったかに思いましたが、春の感染拡大から緊急事態宣言がありかつてない停滞した社会の雰囲気になりました。年末にかけては一転して再稼働したと思ったら、また感染拡大してしまうなど、最後まで高低の激しい1年でした。 今年も年初から関東では緊急事態宣言が検討され、愛知も病院のキャパシティーが限界に近づいていると報道され、予断を許さない状況です。凪の中の出港とは行きませんが、風がなければヨットは進まず、向かい風であって

                    スキ
                    1
                    • ビデオ会議用のカメラ案

                      仕事の打ち合わせや職業組合の会合でTeamsやZoomを使用するようになり、大学の授業もオンラインになって、すっかりビデオ会議も普通になりました。そのための機材としてノートパソコンではカメラは画面の上にあり、デスクトップパソコンも後付けのWEBカメラは上につけるようになっています。でも、それではテレビ会議の間、相手の顔をしっかり見れば見るほど、目線は下を向いてしまいます(もちろん慣れた人ならカメラに向かってカメラ目線で相手に語り掛けることもできるでしょう)。今回はそれを解消で

                      スキ
                      5
                      • 手に入りにくいものは3Dプリンターを使う

                        会社の古いパソコンを順番に整備しています。固定用の部品やスペーサーなど、ちょっと手に入りにくかったりピッタリのものがないときには、3Dプリンターを使って自分で作っています。 今回は比較的薄型のパソコンに、他のパソコンからグラフィックボードを移植します。元は一般的なケースに入っていましたので、固定用の金具は大きくて薄型には対応していません。グラフィックボードそのものは薄型にも対応しているのですが、随分前に購入していて薄型用の金具は探しても見つかりません。 金具を外してもボー

                        スキ
                        2
                        • 仮想空間で体を動かすことのリアリティ

                          今年のゴールデンウィークは新型コロナウイルス感染症対策で人の多いところや景色の良い所に遠出ができず、家の周辺をランニングしたりソロサイクリングしたりする程度でした。外で自転車に乗れないときに室内で自転車に(楽しく)乗れるZwiftの環境を少し良くしてみようと考え、自宅のスピンバイク改善以外にちょっと違うチャレンジもしてみました。 Zwift スピンバイク改善 <note https://note.com/com_design/n/na42d2f0ff55a Zwiftユー

                          スキ
                          5
                          • Zwift スピンバイク改善

                            以前「Zwift」という室内で自転車をこいだ情報によって、仮想空間上を走るサービス(表現が難しい)を紹介しました。 スピンバイクでZwift   <note https://note.com/com_design/n/n862a11600bc7 Zwift https://zwift.com/ja 当時の記事では自宅では静かさの点でスピンバイクを使用していて、センサー類を工夫して取り付けることで、サービスを利用する方法について書きました。その時はスピードセンサーをディス

                            スキ
                            5
                            • フェイスシールドは大阪大学のもので

                              弊社に関係のある介護施設では、対面で話をするときに顔や口元をしっかり見せなければいけない職種の人がいます。医療用のフェイスシールドが良いということで相談をうけたので、弊社でフェイスシールド用の部材を3Dプリンターで出力しました。 データは大阪大学で開発、公開されているものを使いました。弊社で検討やモデリングをすることもできますが、すでにいろいろなところで設計、公開されているので、新たには設計せずにそのまま利用させていただきました。 細かな機構設計でご協力いただいている取引

                              スキ
                              4
                              • 透明パーティションは簡易でも

                                これまで3回ほど飛沫感染防止用の透明パーティションの記事を書いてきましたが、実際問題として新規のアクリル板を加工したり、アルミフレームを加工したりすることは大変なことは、自分でも製作しているので分かってきています。 今回はもっと簡易的なものを作っている事例です。 これは家族が務めている職場で、たまたま置いてあった透明板とブックスタンド2つをクリップで留めただけのものです。これでもしっかりとしたものになっています。透明の板の入手が一番困難な気がします。普通の事務所で透明の板

                                スキ
                                2
                                • 透明パーティションを作ってみた3

                                  なんだか透明パーティションがシリーズ化している感があります。前回の卓上設置型を作ってから少し時間を空けていたら、コンビニやお店などは各自でありもののポールとビニールを使って皆さん自作されていますね。ひょっとしてもう必要ないのではないかとも思いつつも、新たなバージョンを考えてみました。 今回はモニターのアームを使います。この方法のメリットは、下記になります。 1.透明アクリル部分を高さも左右も高い自由度で動かせる。 2.透明アクリルの大きさに自由度がある。 3.アクリルの加工

                                  スキ
                                  3
                                  • 歯科医院用の新型コロナ感染症についてのご案内を 作成しました

                                    先日、歯科医院の予約を入れていた弊社の社長は「歯科医院のコロナ対策はどうしているだろう」 と思い、日本歯科医師会のホームページを検索したそうです。 歯科医療機関用掲示物の院内掲示用がこちらです。 日本歯科医師会 新型コロナウイルス感染症について https://www.jda.or.jp/dentist/coronavirus/ あれっ?わかりにくい?ということで グラフック担当が視覚的にも見やすいフローチャート式でまとめてみました。 歯医者さんに来て、なんだか症状が怪

                                    スキ
                                    1
                                    • 透明パーティションを考えてみた2

                                      新型コロナウイルス対策として、弊社で出来ることをやってみようという試みから、先日に飛沫感染軽減用透明パーティション(ミスミ発注)をアップしましたが、ミスミは少し敷居が高いかもと思い、ホームセンターで透明アクリルを購入して、その場でレーザーカッターにて加工することを想定したバージョンも作ってみました。 今回は少し小さくています。飲食店などでテーブルの真ん中に置くようなことを想定していて、向かい合って食事するときに使えるような想定です。座っている状態として、仕切りとしての高さは

                                      スキ
                                      8
                                      • 透明パーティションを考えてみた

                                        日に日に新型コロナウイルスの脅威が近づいてきているように感じられ、弊社のお客さんでも出張禁止になったり、自宅からのリモートワークになったりと、ウイルスに感染しないための取り組みが本格的になってきています。 弊社のスタッフは全員自転車通勤しており、街に出かけることが好きな人がいないことから、アルコール消毒を玄関に配置する、外出時はマスクをする程度の対策でしたが、4月6日からは愛知県の学校は授業が始まることからも、もう少し本格的な対策が必要になりそうです。 さて、そんな中で弊

                                        スキ
                                        29
                                        • Strava俳句のアイデア

                                          ※ 今回も会社の業務ではなく、きわめて個人的な内容です。 ときどき運動しているのですが、運動そのものよりも外で季節を感じながら体を動かすことそのものが好きなんだと、今の年齢になって実感しています。自然を感じるために自転車に乗ったりランニングしたり、ときどき低い山に登ったりキャンプをしています。 40歳過ぎてから高校体育以来の運動復活だったので、体に負担の少ない自転車から始めました。ガジェット類も好きということもあり、スピードが測れる単純なメーターを買ってから、GPS付きの

                                          スキ
                                          1