見出し画像

苦節15年?ライター・コラムニストになる夢を叶えたい一心でやったこと


「今日は何の日?」「そう今日は4月1日!」だったったからこんなことしてみるw 

この本の帯はもちろん嘘だけど、これから話すのは本当の話。

画像1

プロのライター・コラムニストになって早10年が経った。

10周年だからってわけでもないけど今日はあえて神崎桃子の黒歴史を開示したいと思う。本当は触れたくないパンドラの箱……。でもそれを開けたからって傷つく人間は誰もいない。強いて言えば自分が恥ずかしいだけだ。

そう、あれは15年前(※出版まで半年くらい経過したので正しくは16年前ということになる)……桃子はライターとかコラムニストとか、とにかく物を書く仕事に就いてみたくて出版社に直接原稿を持ち込んだ!(浅はか~)

しかも企画書ではなく原稿だよ!作品の原稿まるっと。メールでも郵送でもなく原稿の束だよ束っ!

重っ……(笑)

The・昭和のドラマ?みたいでしょ。

「アホちゃう?」って話なんだけど(汗)

でも、コネも人脈も金も知名度もなんにも持たない人間には
どうやって「物書き」になれるのか、その術なんて知らなかったし。

知り合いの著者さんや先輩ライターさんも、知恵を授けてくれる先駆者はおらず、

自分にあるのは熱意だけw

ただ「作品を書いて持っていく」しか考えつかなかった。

当時は検索だのリサーチだのという行為すら浸透していない。”ググる”とか”タグる”なんつ~言葉もない時代

そうそう、ミクシィくらいでSNSとかありませんから。

ただひとつ想像がついたのは、書いた原稿を出版社に”送っても”ゴミ扱いされ即ゴミ箱行きだろうと。わざわざ開封なんてしてくれないんじゃないか?という発想だけはもっていた。(そこの頭だけはあった)

「それならば勇気を出して潔く直接のりこもう」「出版社に殴り込みや~」

しかし、今思うと「直談判」ってウケる。正真正銘のバカだ。

知識のない人間というのは何でも出来てしまうのである!!

リスク回避?え?何それ、知りません!


しかし出版社に行って知ったのは現実……。「あ~世の中ってつくづく理不尽なんだな」ってこと。

なんたって出版社が欲しいのは原稿ではなくネームバリューなんだから

「その再現シーン、スタート!!」カチャ。

~神崎桃子出版物語~

出版社の受付で「原稿をみていただきたいのですが……」
と、桃子はドキドキしながら重たい原稿の入った封筒をみせながら伝えた。
受付の女性から「お待ちください」
と促され”本当に”待たされた。

ロビーにはそこの出版社が出している本がズラリと並べられていたので、それを手に取ったり、新刊の宣伝ポスターなどを眺めて長い時間を潰した。

やることがなにもなくなった頃、カッチリしたスーツを着こみ、いかにもお硬そうで柔軟性のなさそうな(※すいません)30代くらいの男性が現れた。『なんかこの人、出版社業界より銀行員のが似合いそう』と心の中でつぶやく……。

彼は「神崎さんですか?私は出版企画の〇〇です」と名刺を差し出し、椅子に座った。
桃子はテーブルの上に生まれたばかりの”原稿の束”を差し出した。

すると彼はその束を眺めながらこう言った。「神崎さん、本を出す、ということは並大抵な話ではありません。すぐに『本になる』とか思わないでください」

熱意と原稿を持ち込んだ桃子に、彼は夢も希望も与えない強い口調で言い放った。

「本になるとか思わないでくれ……」
その台詞は「早く帰ってくれ、俺はあんたに関わってるほど暇じゃない」という代弁にもとれた。

沈黙してうなだれる桃子に、彼は続けた。
「一日に送られてくる原稿は200以上、毎週送ってくる人もいます。何度も返されて『この内容のどこがいけないんだ!』と抗議してきたり電話してくる人もいます。素人だけでなくセミプロの方の原稿もあります。物を書きたい人間は山ほどいるんです!

情熱といきおいで原稿を書き綴って参上してしまった桃子は打ちのめされた。
そんなに物を書きたい人が、そんな人間が、この世に星の数ほどいるとは考えてなかった。

原稿は月に約6000本?(※当時の話)
ワケのわからない、どこの馬の骨ともわからない人間が送ってくる膨大な量の原稿の山をひとつずつ目を通すのは不可能だ。

窓口の出版企画部の彼は最後にこういって桃子を追い返した。
「タイトルのインパクト(※逃げる男)はあるので"とりあえず"お預かりはしますが、くれぐれも期待しないでください」

出版社からの帰り道……。

行きの力強い足取りとはうってかわって、トボトボと重い足取りで家にたどり着き、出版社からもらった会社案内と新刊の案内のチラシをゴミ箱にぶん投げた。

○○先生だとか著名人・芸能人、そして今ならインフルエンザ……じゃなかった「インフルエンサー」というカテゴリの人なら簡単に出版できても、無名の人間の書いた原稿を読んでくれる出版社などない。

仮にそれがどんな良書や記事でも、だ。
出版社が欲しいのは面白い内容よりネームバリューの効果!!

『自分はいったいどこでどうやって物を書けばいいのだろう……』

『あの原稿はどうなるんだろう。きっと読んでなどくれないんだろうな』
 
『もう、物を書く夢なんて忘れたほうがいいのか……』

『ただの一般人が本を出すなんてことは諦めたほうがいいのか』

……このとんでもない出版物語はまだまだ続く。「え?そんなことが」の出版裏事情、また後日に書くのでもし良かったらフォローしてやってくださいね。

<続く…>

この処女作、消したい黒歴史(笑)↓

画像2

ということで「苦節十年」どころかもうあれから十五年!

あっちこっちにぶつかり、試行錯誤しながら真摯にコツコツ書き続けてきた。その初心だけは、初志を守りぬいてきた。

だから2010年に「コラムニスト・神崎桃子」として初めて原稿を書いてお金をもらえたときは涙が出るくらい嬉しかったっけ……。

※逃げる男は愚作だったけど帯は以外とキャッチーだった?(笑)↓

画像3

画像4

「逃げる男」は神崎桃子の公式サイトでは”抹殺”してます(笑)↓




この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
何より励みになります。これからも宜しくお願いします(*´∀`*)桃子
59
2011年プロライターとしてデビュー。男女のズレや生態を言及し、自ら経験して得た恋愛の教訓を各メディアで公開。2014年に執筆したコラム「男ってこういう生き物なんです!」は100万PV以上を集める大ヒット記事に。https://www.kanzakimomoko.com