全ての旅人にオススメしたい「相棒系トラベルギア」厳選4つ
見出し画像

全ての旅人にオススメしたい「相棒系トラベルギア」厳選4つ

旅好き、お出かけ好き、そして旅行の帰りはいつも荷物がパンパンで肩が崩壊しがちな皆さんこんにちは。今日は、そんな皆さんにオススメしたい、私が旅行だけでなく日常生活でも愛用する「トラベルギア」のお話をしてもいいですか。
いつまでも使えて、どこまでも行ける軽さと快適さ。君さえいてくれたらこの先ずっと大丈夫。そんな相棒とも言えるアイテムたち。出会えてヨカッタ……と思うくらいには推しです。

画像12


相棒「TO&FRO」との出会い

出会いは職場です。(馴れ初めみたいな言い方)
実は私は、21年4月にオープンした石川県金沢市にあるLINNAS Kanazawaという宿泊できる複合施設に勤めておりまして、オープンにあたって「FROM 石川」のブランドとコラボして、素敵なアイテムを一緒に作りたいなと思っておりました。

画像2

いろいろ調べてみると、ある生地メーカーがヒット。
それが、世界でいちばん薄くて軽い生地をつくることができるカジレーネ株式会社さんでした。1950年の創業以来、日本3大繊維産地である石川県で、テキスタイルの開発を続けている専門メーカーです。

 特に、薄くて軽い生地「軽量織物」の分野では、世界中のアウトドアブランドや大手アパレルメーカーからも信頼を集めるほど、高い開発力・技術力で業界のトップを爆走なさっている…!

画像11

しかも、その「軽量・コンパクト」という機能性の高さをコンセプトに掲げた、トラベルギアブランドまで手がけていると言うではないか…!!これは…!!

そうしてたどり着いたのが、TO&FROというブランドでした。


TO&FROマスクの快適さたるや

LINNAS Kanazawaでは、TO&FROコラボアイテム第一弾として「マスク」を作らせてもらうことになりました。
初めて試したTO&FROのマスクはADJUST COMFORTABLE MASK。
身につけた瞬間に、今まで使ったことのあるどのマスクとも、全く違うと思いました。もう一言ではその快適さ伝えきれない。

•まず、とんでもなく息がしやすい
•アジャスター付きなので顔に完全にフィット
•ゆえに顔がシュッと見える。だぶだぶしない。
•サラッサラの着け心地。
•ゴム紐不使用。生地のストレッチを利用しているので耳が全然痛くない

画像3

生地は、TO&FROオリジナル生地FERAL PIGEONを使用しているとのこと。抗菌防臭、吸水速乾機能に優れ、綿100%の2倍の乾燥スピード。洗って乾かして、長く使用できます。
内側のサラッサラの秘密は、長繊維生地が肌にやさしく触れるから。しかも紫外線も95%以上カット。ちなみにメガネも曇りづらいらしい。
そして高スペックなだけでなく、毎日付けたくなるシルエットの良さ……。もうこれ以上優れたマスクはこの世に無いのでは?と思った。


画像8

こうしてTO&FROのマスクに完全ノックアウト。こんなに自信を持って「コレ最高」と言えるものを、コラボアイテムとしてLINNASのロゴを入れて販売できることが嬉しいです。LINNASの制服マスクとしても愛用してます。ゲストにも、私たちの宿でFROM石川のプロダクトに触れ、長く愛着を持って使えるマスクに出会ってもらえたらと思っています。

TO&FROのストーリー

TO&FROには、その高機能•高品質と共に、旅好きの心をくすぐるコンセプトストーリーがあって、それも個人的に好きなポイント。

「TO&FRO」というのは、“行ったり、来たり”という気軽な旅をイメージしている言葉。「TO&FROと共に旅に出て欲しい」という思いで、生地からオリジナルでトラベルギアを作っています。

画像4

そして、その生地には一つひとつ、鳥にちなんだ名前がついているんです。例えばさっきのマスクの生地は、FERAL PIGEON。カワラバトのこと。平和のシンボルでもあり日常生活において身近で親しみのあるハトの名前をとって、生地の性質を表現してる。アイテムは後に紹介しますが、HUMMING BIRD-AIR-っていう、世界で一番軽くて小さい鳥「ハチドリ」の名前を持つ生地もあります。何だか愛着が湧いてくる。

「鳥のように自由に旅に出てほしい」生地の名前からも、そんな思いが溢れていて素敵なんですよ……。


厳選!相棒アイテム4選

それでは、そんなTO&FROのアイテムの中から、旅用にも使えて、相棒と言わんばかりに日常でもほぼ毎日使っているアイテムを紹介します。

ちなみにレイングッズや、旅先に持っていきたいアイテム他にもたくさんあるので(でもそれ全部一度に語ると1万字くらいになりかねないので)、他のアイテムが既に気になる方はサイトを見てね。

1、BOSTONBAG-MINI-

何でも受け止めてくれるキャパの広さ。懐の深いキミに感謝。

大容量のボストンバッグ。トートにもショルダーにもなる2WAY仕様。なんと外ポケット4か所、内ポケット3か所で収納力がハンパじゃない。何でもかんでも入るし中で迷子にならない。
しかも内側のポケットに本体を畳み込むこともできるから、急な荷物が増えたときのサブとしても使えるし、外ポケットはキャリーケースのハンドルが通せる仕様になっていたりもする。やばいな。どんだけ旅人のこと考えつくしてるの。

画像5

めちゃくちゃ軽いのに、ハリのある裏地を使用していて丈夫なこの生地はKITE(トンビ)。撥水機能付きなので多少の雨なら中身濡れないです。ボストンバッグミニは大きすぎないサイズなので、私は出勤の時も使うし、1泊2日くらいの旅行なら余裕で行けると思います。

2、PACKABLE TOTE BAG-AIR- Sサイズ

最初持った時の感想「え!?ティッシュ並に軽いww」フッ軽なキミがいればどこに行くにも安心

世界最軽量ナイロン織物6.5デニールの極細ナイロン糸を使用した、世界最軽量クラス生地製トートバッグです。重量わずか約15g。ほんとに紙1枚ぐらいの、ふわっと浮くくらいの軽さ。これが生地名HUMMING BIRD-AIR-のアイテムです。
それなのに強度はしっかりあって、持ち手は2枚仕立てになっているから安心。(3kgの荷物を入れて24時間耐久試験済み)。

画像6

こちらも内ポケットに本体を収納可能で、超コンパクトな手のひらサイズになる。ちっちゃくて軽くて、コレ持ってお買い物行こうと思ったら実は持ってなかったことがありました、そのくらい軽い。(違う)
そんな私のような人間のために、ボールチェーン等をつけられるタグがさりげなく付いています。ありがとうございます。

画像7


3、PACKABLE POUCH-SQUARE-

どこへでも一緒に行きたくなる、スマートなデザインと機能性の高さ。気づけばずっと側にいてくれたキミ…


シンプルな四角形のコンパクトポーチ。旅のお供に1億%オススメ。私は勤務中にずーーっと着けてます。ペン、A5ノート、名刺入れ、財布、メイク直しアイテム、カードケース、スマホ、会社ケータイ、鍵…。こうして挙げてみるとすんごい入れてる。見た目はすっきりなのに、実は500mLのペットボトルが2本も入る容量。ポケットは外に2つと中に3つ。想像以上に入るよ。

肩紐とファスナーの引手にはリフレクト機能付きのテープを使っているそうです。夜道で光るというもの。安全で、暗い中でも開閉が簡単。こちらも本体自体はすっごく軽いので、夜道のランニングとかにもいい。

画像8

LINNASのゲストが、「チェックアウト後に大きなカバンを預けたい、でもこまごました財布やらスマホやら飲みかけの水やらがポッケには入りきらない……ちょ、ごめんそっちのカバンに入れさせて(と同行者に頼む)」みたいなシーンがめちゃくちゃ起こりうるんですけど(ホテルフロントあるある)、そんな時にこのパッカブルポーチをお貸し出しすると、やっぱりすごく喜んでくれます。
この間のゲストは「こんな良いもの貸してくれるのー!?」と仰ってました。えへへ。皆さんもお試ししたいときはLINNASで見る蔵にお声がけくださいね。

4、UMBRELLA -LARGE SIZE-

傘はもうコレだけでいい。キミがいれば天気の心配がいらない。心まで軽くしてくれる存在。

中長期の旅の間は、折り畳み傘は必需品だと思う。TO&FROの軽量折りたたみ傘は、約230g。だいたい缶コーヒー1本分くらいの重さしかないので、全然かさばりません。旅行の荷物はちょっとでも軽くしたいもの。

画像9


この生地は撥水性が高いEmperor Penguin(コウテイペンギン)。表面の水をびっくりするくらい弾いてくれます。ひと振りで水滴を振るい落とせるので、使った後すぐにポーチに収納できる!移動中にも嬉しいポイント。

フレームには強化プラスチックを使っているので、弾力性と耐久性に優れていて壊れにくい。強風にあおられた時は反り返って折れにくくなってます。

しかもUVカット率99.9%で日傘としても使えるとは……。非の打ち所がないパーフェクト•カサ。万が一折れた場合は修理もしてくれる。ね、傘はもう一生コレだけでいいでしょ……。

旅人はもっと身軽になれる。

マスクを含め、計5つの相棒系トラベルギアをご紹介しました。TO&FROのトラベルギア、本当に良いです。全てのアイテムにおいて、何より軽くて、ものすごく丈夫、そして毎日でも使える合わせやすいデザイン。これからも末永く一緒に旅したいと思います。そういうモノに出会えてよかったな。

画像11

ただ、私が書いたこの文章、「さすがにやや盛ってるだろ」「言うてもティッシュ並の軽さはウソだろ」と思う方もいるかもしれない。それで大丈夫です。その期待感は絶対に超えられるので、実際に手に取り、驚いてください。いろんな方にぜひ試してもらいたい。

そして飛ぶ鳥のようにどこまでも、身軽な旅を楽しめますように。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事は、中川政七商店が運営する「大日本市」の企画で、
暮らしの道具を実際に使用し、感想を記事にしています。
大日本市のサイトはこちら

他のカタリベの記事一覧についてはこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事が参加している募集

おすすめギフト

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ホテルみるぞー。

頂いたサポートを励みに、ホテル発掘&レポ発信を続けることができます。また皆さんにホテル情報をお届けできます。 ありがとうございございます!!優しいあなたに幸あれ...!!!

わーい!小躍りする蔵!!
【全てのホテルラバーへ。素晴らしいホテルで、特別なひと時を過ごせますように】ホテル業に勤める身として サービスマンの目線も織り交ぜながら、実際にお邪魔したホテル・旅館での体験をレポートします。よければ旅のご参考になさってくださいねInstagram @hotel_miruzo