身体障害者野球 千葉ドリームスター公式note

身体障害者野球チーム「千葉ドリームスター」の公式noteです。 スポーツライターとしても活動しているチームスタッフが選手紹介や活動報告、地域貢献活動の模様などをお伝えしていきます! ▼公式ホームページ▼ https://chibadreamstar.jp/

身体障害者野球 千葉ドリームスター公式note

身体障害者野球チーム「千葉ドリームスター」の公式noteです。 スポーツライターとしても活動しているチームスタッフが選手紹介や活動報告、地域貢献活動の模様などをお伝えしていきます! ▼公式ホームページ▼ https://chibadreamstar.jp/

    最近の記事

    千葉ドリームスター 関東甲信越大会連覇!(後編) 決勝で戦った”盟友兼ライバル”絆の物語と”全員野球”の記録

    9月3日(土)、埼玉県さいたま市の大宮けんぽグラウンドで「第28回 ゼット杯争奪 関東甲信越身体障害者野球大会」が開催されました。 千葉ドリームスターは全国大会常連の群馬アトムに5年越しの初勝利を挙げ、2連覇に王手をかけて決勝へと臨みました。 相手は創設期から11年、共に支え合ってきた”盟友”との真剣勝負です。 決勝戦の相手は名門「東京ブルーサンダース」前の試合で群馬アトム相手に7−1で勝利し、大会連覇に王手をかけます。ただ、次も決して気を緩めることなどありませんでした

    スキ
    2
      • 千葉ドリームスター 関東甲信越大会連覇 !(前編)5年越しに成し遂げた高き目標と新主将による牽引

        9月3日(土)、埼玉県さいたま市の大宮けんぽグラウンドで「第28回 ゼット杯争奪 関東甲信越身体障害者野球大会」が開催されました。 我々千葉ドリームスターは昨年に続き連覇をかけて挑んだとともに、2019年以来3年ぶりに関東甲信越の5チームが一同に会した大会でもありました。 3年ぶり、5チームでの開催に本大会は、関東甲信越エリアに拠点を置く7チーム(※)の頂点を競う大会です。 例年8月下旬から9月上旬に行われ、優勝チームは同年11月に行われる「全国身体障害者野球選手権(以

        スキ
        1
        • 【TV出演情報】小笠原ミニ大GM補佐と笹川代表が登場!「ジモトに乾杯!居酒屋 小堺クン」に千葉ドリームスターが出演します

          8月20日(土)から千葉県内のJ:COMサービスエリア(CATV)で、「ジモトに乾杯!居酒屋 小堺クン」に千葉ドリームスターが出演します! 本番組は千葉県内のとある居酒屋を舞台に千葉県・茨城県に住む方々が来店し、市川市出身の”大将”小堺一機さんと”看板娘”の中村愛さんとジモトトークに花を咲かせる番組です。 人を通して街が見える、地元密着型トーク番組として5月より開始しました。 ドリームスターからは笹川代表、そして小笠原ミニ大GM補佐が出演します! ちなみに、GM補佐は

          スキ
          1
          • 第30回全日本身体障害者野球大会2日目 ”この大会はエースと心中”序盤接戦も終盤力尽き敗退...次は夏の関東甲信越大会へ

            3年ぶりに参加した「全日本身体障害者野球大会」。 千葉ドリームスターは、初戦に昨年秋の選手権で対戦した「仙台福祉メイツ」と再戦。打線がつながり10−1で快勝し、リベンジを果たしました。迎えた2戦目は岡山桃太郎との対戦になりました。 城が先発、序盤は接戦に 岡山は本大会で準優勝、昨年の選手権では優勝している強豪で、今回は”もうひとつのWBC”と呼ばれる「世界身体障害者野球大会」にて日本のエースでもある早嶋健太投手と相対する事になりました。 この日は、小笠原一彦監督に代わり

            スキ
            3

            「第30回 全国身体障害者野球大会」3年ぶり出場!昨秋の悔しさを糧に臨んだリベンジマッチは大勝で2回戦へ

            久々の更新となりました。時間が空いてしまいましたが、5月に行われました「第30回全国身体障害者野球大会(以下、選抜大会)」の模様をお伝えします! 19年以来3年ぶりの参戦 春の選抜大会は毎年5月に行われる身体障害者野球の全国大会の一つで、毎年11月に行われる「全日本身体障害者野球選手権大会(以降、選手権)」とともに、全国の身体障害者野球の頂点を争う大会です。 選抜大会は、「NPO法人日本身体障害者野球連盟(以下、連盟)」に加盟している全国38チームの中から、前年の地区大

            2021年最終練習。トラバース高谷川球場で豪華活動締め!

            12月26日、千葉ドリームスターは年内最後の練習を終えました。この日は最後を締めくくるにふさわしいグラウンドそして練習内容でした。 トラバース 高谷川球場での初練習この日の練習場所は「トラバース 高谷川球場」。その名の通り株式会社トラバースさまがつくられた球場です。 株式会社トラバースは、かつて西武・ロッテなどで活躍したG.G.佐藤さんが現在副社長(お父様の克彦さんが社長)を務めており、測量・調査・設計・地盤改良工事を行う会社で市川市に本社があります。 同社が社会貢献の

            女子野球「スピリッツ」さんとの合同練習&交流試合を行いました!

            少し前後してしまいましたが、12日の模様を更新します。 この日は千葉県立特別支援学校 市川大野高等学園で、「スピリッツ」さんとの合同練習などを行いました。 スピリッツさんは1990年設立の女子野球チーム。20代〜50代の社会人を中心に構成されており、東京都・千葉県北西部を拠点に活動。現在は、関東女子軟式野球連盟の2部リーグに所属しています。 今シーズン、積極的に他チームとの交流に尽力してき土屋ヘッドの計らいで今回も実現。女子野球チームは「千葉マリンスターズ」、年内最後に

            千葉ドリームスター 地域貢献活動再開。 市川市立菅野小学校 体験授業レポート

            12月15日、千葉ドリームスターは市川市立菅野小学校を訪問し、身体障害者野球の体験授業を行いました。 社会貢献活動の一環で2017年より実施ドリームスターは昨今、スポーツ界においても積極的に取り組まれている「SDGs(Sustainable Development Goals)」に着目し、SDGsで定められている全15項目のうち4つの目標にフォーカスしています。 千葉県唯一の身体障害者野球チームとして、「千葉県との密着」や「身体障害者の方々に向けた交流機会創出」に向けた活

            宮内新キャプテン就任!来シーズンに向け新体制始動

            12月19日(日)、市川市の原木運動公園で自主練習を行いました。 練習開始前、新体制を発表。前日新キャプテンかに任命された宮内隆行外野手が初めてグラウンドで挨拶。「まずは来年5月の選抜大会に勝ち進む」ことを直近の目標に設定し、「練習でも何を意識するか聞くかもしれないので」と練習でも個々が目的意識を持つよう促しました。 グラウンドで挨拶すると、ウォーミングアップでは全体で行うようキャプテンは率先して呼びかけます。ランニングでは部活動さながらで全員で掛け声を発して列を揃え走り

            スキ
            1

            第2回小笠原ミニ大杯 開催!ドリームスターの連覇、篠原が2つ目のMVPに

            11月21日(日)、市川市の千葉県立特別支援学校 市川大野高等学園で「第2回 小笠原ミニ大杯」が開催された。 昨年に続き、GM補佐の冠大会を開催同大会はチームのGM補佐(小笠原道大GM公認)を務めるモノマネ小道具芸人 小笠原ミニ大氏が主催し、名を冠した大会。 昨年、公式大会がすべて中止になったことにより真剣勝負の場がなかったことから、「身体障害者野球を盛り上げたい!」GM補佐が立ち上がり開催したこの大会。 地元TV局やメディアも駆けつけるなど大きな盛り上がりを見せ、「継

            上位打線が機能し大会初勝利!初の選手権は5位に。「第23回 全日本身体障害者野球選手権大会」~2日目~

            11月6日(土)〜7日(日)、兵庫県豊岡市の「全但バス但馬ドーム」で「第23回 全日本身体障害者野球選手権大会」が開催された。(以下、選手権大会) 前日敗戦の悔しさを胸に5位決定戦へ初の選手権出場となったドリームスター。仙台福祉メイツとの試合は投手戦の中1点の奪い合いに。 仙台に先制を許したが、本大会主将を担った土屋来夢の執念の本塁ヘッドスライディングで最終回に追いつき、1−1で規定の100分に。9人制のじゃんけんによるタイブレークも最後の9人目までもつれ惜しくも敗れた。

            スキ
            3

            節目の創設10年で初の選手権へ「第23回 全日本身体障害者野球選手権大会」~1日目~

            11月6日(土)〜7日(日)、兵庫県豊岡市の「全但バス但馬ドーム」で「第23回 全日本身体障害者野球選手権大会」が開催された。(以下、選手権大会) 全国7ブロックの優勝チームが集う大会選手権は、毎年8月〜9月にかけて行われる全国7ブロック(※)の地区大会で優勝したチームのみが参加権を得ることができる特別な大会。 (※九州・中国四国・西近畿・東近畿・中部東海・関東甲信越・北海道東北の7ブロック) 主催する「NPO法人 日本身体障害者野球連盟(以下、連盟)」には29都道府県

            スキ
            2

            11/21(日)第2回「小笠原ミニ大杯」開催!

            更新がご無沙汰しました。久々の投稿は告知になります。来る11/21に「第2回 小笠原ミニ大杯」を開催します。 昨年の11/8に近隣の身体障がい者野球チームらを招き大盛況となった本大会。今回も我らが小笠原ミニ大GM補佐の名を冠した大会を開催します。 本大会では、今シーズンから参加承認いただいた浦安リーグのチームを招待。ドリームスターを含めた4チームのうち3チーム、そして9月の関東甲信越大会で凌ぎを削った東京ジャイアンツの計4チームで1Dayトーナメントを開催します。 1位

            スキ
            1

            2年ぶり開催!関東甲信越代表としていざ秋の全国大会へ〜関東甲信越大会レポート〜

            9月4日、東京・世田谷区で「ゼット杯争奪 関東甲信越身体障害者野球大会」が開催された。(以下、関東甲信越大会) 加盟チーム協議のうえ、2チームで開催関東甲信越大会は、信濃レッドスターズ(長野県)、群馬アトム、栃木エンジェルス、埼玉ウィーズ、東京ジャイアンツ、東京ブルーサンダース、千葉ドリームスターの7チームがトーナメント方式で戦う大会。 優勝チームは、関東甲信越地区の代表として秋に兵庫県豊岡市但馬(たじま)で行われる「全日本身体障害者野球選手権大会(全日本選手権)」と翌年

            スキ
            2

            【リーグ戦レポート】浦安リーグ vs高洲ベースボールクラブ戦 首位相手に守りが崩れ、リベンジならず

            今シーズンより参戦中の「浦安リーグ」。先日、約2ヶ月半ぶりにリーグ戦が行われた。 6月12日以来となったこの試合、ホーム市川で「高洲ベースボールクラブ」(以下、高洲BC)を迎えた。高洲BCはリーグ戦全勝を誇り、4月に対戦した際には大敗を喫するなど現在リーグで最も強いチーム。 ドリームスターは試合前の時点で2位。優勝の可能性が残されており、ここで首位に勝利し大きく引き寄せたいゲームである。 この日の先発は藤田卓。7月の練習試合では遊撃・三塁と内野を守った後に投手を務めるな

            スキ
            2

            真央が行く!

            [集合写真はNHK BS1 2021年8月12日(木)放送 真央が行く!「千葉」より] 先日の放送をご覧いただきました皆様、様々な応援コメント、メッセージをいただきありがとうございました。 浅田さんの人柄で、いつも以上に選手達の賑やかさを引き出していただけたと思います。 『身体障がい者野球』といえど、球場の大きさ、使用する用具・ユニフォームは健常者の野球と殆ど変わりません。 なので、球場に来て見ていただくのと今回のようにテレビ番組で取り上げていただけると、全く見え方が

            スキ
            33