Cato Triptyque

フランス文学の翻訳同人誌を頒布しています。既刊:シャンフルーリ『猫』『諷刺画秘宝館』/グザヴィエ・ド・メーストル『部屋をめぐる旅』『全集(上下巻)』/若月馥次郎『桜と絹の国』/キク・ヤマタ『八景』。ご用件はcatotriptyque[at]gmail.comまで。

Cato Triptyque

フランス文学の翻訳同人誌を頒布しています。既刊:シャンフルーリ『猫』『諷刺画秘宝館』/グザヴィエ・ド・メーストル『部屋をめぐる旅』『全集(上下巻)』/若月馥次郎『桜と絹の国』/キク・ヤマタ『八景』。ご用件はcatotriptyque[at]gmail.comまで。

    マガジン

    • キク・ヤマタ『八景』

      1897年、在リヨン日本領事の山田忠澄とフランス人の妻マルグリットの間に生まれた山田菊(キク・ヤマタ)は、戦間期にはヴァレリーをはじめとするフランスの文人たちと交流しながら日本を舞台とした小説をフランス語で書いていましたが、講演で日本を訪れていたときに開戦を迎えたため戦時下を日本で過ごすこととなります。戦後はジュネーヴ郊外の小さな村に暮らし、1975年に亡くなりました。ここに訳した『八景 Les huit renommées』は、山田菊が1927年に著した日本紹介で、表題には八景とありますが全6章です。原著には藤田嗣治が路地裏の月から稲叢ごしの富士山まで日本各地の情景を軽妙な筆さばきで描いた挿絵が多く挟まれているのですが、noteには掲載できませんので、ご了承ください。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。

    • フランス演説集

      フランス語でなされた演説の翻訳です。

    • アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』

      アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景 Scènes de la vie de bohème』は1845~49年に文藝誌『海賊 Le Corsaire』で連載され、1851年に出版されました。全23章。同年代の友人であった詩人ボードレール、短編作家シャンフルーリ、諷刺画家ナダールといった藝術青年たちとの暮らしを元に書かれた小説で、いま言われているところの「ボヘミアン」、すなわち藝術や文学を志しつつ未だ何者にも成れない高等遊民のような若者、という概念を打ち立て、プッチーニのオペラ(1896年)やカウリスマキの映画(1992年)にもなりましたが、肝心の原典が戦前に抄訳されたのみ(森岩雄「ラ・ボエーム」、『世界大衆文学全集20』、改造社、昭和3年)で入手も困難なため、ここに訳してみる次第です。()は原文にあるもの、〔〕は訳註、太字は原文で強調を意図したイタリックです。

    • シャンフルーリ『諷刺画秘宝館』より「日本の諷刺画」

      19世紀フランスの小説家・美術批評家シャンフルーリは、親友ボードレールの勧めで、西洋の諷刺画を古代から現代まで通覧する「諷刺画の歴史 Histoire de la caricature」シリーズ全5巻を刊行したあと、そこで扱わなかった東洋の諷刺画について『諷刺画秘宝館 Le musée secret de la caricature』(1888)に纏めます。この翻訳は、そのうち日本の部« La caricature au Japon »を訳したものです。全11章。初出は1885-86年のL'art : revue hebdomadaire illustrée誌での連載です。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。原著の豊富な挿絵はnoteには掲載できませんので、ご了承ください。なお割愛した前半部はトルコの影絵芝居カラギョズについて書かれています。

    • アルジェ覚え書き

      早瀬麻梨によるアルジェリア旅行記

    最近の記事

    山田菊『八景』第六部「松島」

    (凡例はマガジンのページをご覧ください) 日本の北、太平洋に面して、とてつもなく反対の世界たるアメリカに向かって、大日本帝国の名高い浜がある。 宮島に並ぶほど美しく、詩人や版画家に霊感を与えてきた。けれども入口に鳥居はない。松島は伊達家の領地にくっついている、小さな衛星が大きな惑星から離れられないように。けれどもその外には、無限、宇宙があるのだ。 宮島は帯留め、松島は指先の指輪だ。 8世紀からこのかた名高い岸辺を、いかに描こう?そのとき日本人が攻め入って、スラヴ人に似

    スキ
    1
      • 山田菊『八景』第五部「浜辺」

        (凡例はマガジンのページをご覧ください) 鎌倉まどろまじ 今宵ならでは いつか見む くろとの浜の 秋の夜の月 和泉〔正しくは菅原孝標女『更級日記』より〕 12世紀から15世紀まで、将軍家の首府、封建政の中心であった。 今日では釣り人の村となっており、わたしは夏の住まいとして日曜日ごとに東京から通っている。 ゆっくりと曳かれる茶色の網や、焚火、揺れる海藻、丘のほうへと傾いだ松を、よく知っている。 豊かな稲田の匂いを吸いこみ、川にかかる橋の下、葦のあいだに船灯を探した。

        スキ
        1
        • ヴィクトル・ユゴー「1849年平和会議」開会・閉会の辞

          【原典:Victor Hugo, « Congrès de la Paix 1849 » dans Actes et paroles tome I : Avant l'exil 1841-1851, publié en 1875】 【1849年にパリで開催された平和会議にて議長を務めたヴィクトル・ユゴーによる開会・閉会演説です。ここでユゴーは「ヨーロッパ合衆国 États-Unis d'Europe」という構想を提示し、ヨーロッパ統合の歴史におけるひとつの重要な宣言となってい

          スキ
          1
          • ダランベール「翻訳技術についての考察」

            【原典:D'Alembert, « Observations sur l'art de traduire en général, et sur cet essai de traduction en particulier » dans Mélanges tome III, 1759】 【正式な表題は「翻訳技術一般について、そしてとくにこの翻訳の試みについての考察」です。「この翻訳の試みについて」とあるのは、この文章はダランベール自身によるタキトゥス『年代記』の抄訳の前に置かれ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • キク・ヤマタ『八景』

            • 9本

            1897年、在リヨン日本領事の山田忠澄とフランス人の妻マルグリットの間に生まれた山田菊(キク・ヤマタ)は、戦間期にはヴァレリーをはじめとするフランスの文人たちと交流しながら日本を舞台とした小説をフランス語で書いていましたが、講演で日本を訪れていたときに開戦を迎えたため戦時下を日本で過ごすこととなります。戦後はジュネーヴ郊外の小さな村に暮らし、1975年に亡くなりました。ここに訳した『八景 Les huit renommées』は、山田菊が1927年に著した日本紹介で、表題には八景とありますが全6章です。原著には藤田嗣治が路地裏の月から稲叢ごしの富士山まで日本各地の情景を軽妙な筆さばきで描いた挿絵が多く挟まれているのですが、noteには掲載できませんので、ご了承ください。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。

          • フランス演説集

            • 6本

            フランス語でなされた演説の翻訳です。

          • アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』

            • 13本

            アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景 Scènes de la vie de bohème』は1845~49年に文藝誌『海賊 Le Corsaire』で連載され、1851年に出版されました。全23章。同年代の友人であった詩人ボードレール、短編作家シャンフルーリ、諷刺画家ナダールといった藝術青年たちとの暮らしを元に書かれた小説で、いま言われているところの「ボヘミアン」、すなわち藝術や文学を志しつつ未だ何者にも成れない高等遊民のような若者、という概念を打ち立て、プッチーニのオペラ(1896年)やカウリスマキの映画(1992年)にもなりましたが、肝心の原典が戦前に抄訳されたのみ(森岩雄「ラ・ボエーム」、『世界大衆文学全集20』、改造社、昭和3年)で入手も困難なため、ここに訳してみる次第です。()は原文にあるもの、〔〕は訳註、太字は原文で強調を意図したイタリックです。

          • シャンフルーリ『諷刺画秘宝館』より「日本の諷刺画」

            • 12本

            19世紀フランスの小説家・美術批評家シャンフルーリは、親友ボードレールの勧めで、西洋の諷刺画を古代から現代まで通覧する「諷刺画の歴史 Histoire de la caricature」シリーズ全5巻を刊行したあと、そこで扱わなかった東洋の諷刺画について『諷刺画秘宝館 Le musée secret de la caricature』(1888)に纏めます。この翻訳は、そのうち日本の部« La caricature au Japon »を訳したものです。全11章。初出は1885-86年のL'art : revue hebdomadaire illustrée誌での連載です。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。原著の豊富な挿絵はnoteには掲載できませんので、ご了承ください。なお割愛した前半部はトルコの影絵芝居カラギョズについて書かれています。

          • アルジェ覚え書き

            • 1本

            早瀬麻梨によるアルジェリア旅行記

          • ジュゼップ・プラ 『灰色のノート:日記』

            • 3本

            カタルーニャの作家ジュゼップ・プラ(Josep Pla)の代表作『灰色のノート:日記』(El quadern gris un dietari)の翻訳です。当翻訳は翻訳権の十年留保に基づき公開しています。

          • キク・ヤマタ『八景』

            • 9本

            1897年、在リヨン日本領事の山田忠澄とフランス人の妻マルグリットの間に生まれた山田菊(キク・ヤマタ)は、戦間期にはヴァレリーをはじめとするフランスの文人たちと交流しながら日本を舞台とした小説をフランス語で書いていましたが、講演で日本を訪れていたときに開戦を迎えたため戦時下を日本で過ごすこととなります。戦後はジュネーヴ郊外の小さな村に暮らし、1975年に亡くなりました。ここに訳した『八景 Les huit renommées』は、山田菊が1927年に著した日本紹介で、表題には八景とありますが全6章です。原著には藤田嗣治が路地裏の月から稲叢ごしの富士山まで日本各地の情景を軽妙な筆さばきで描いた挿絵が多く挟まれているのですが、noteには掲載できませんので、ご了承ください。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。

          • フランス演説集

            • 6本

            フランス語でなされた演説の翻訳です。

          • アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』

            • 13本

            アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景 Scènes de la vie de bohème』は1845~49年に文藝誌『海賊 Le Corsaire』で連載され、1851年に出版されました。全23章。同年代の友人であった詩人ボードレール、短編作家シャンフルーリ、諷刺画家ナダールといった藝術青年たちとの暮らしを元に書かれた小説で、いま言われているところの「ボヘミアン」、すなわち藝術や文学を志しつつ未だ何者にも成れない高等遊民のような若者、という概念を打ち立て、プッチーニのオペラ(1896年)やカウリスマキの映画(1992年)にもなりましたが、肝心の原典が戦前に抄訳されたのみ(森岩雄「ラ・ボエーム」、『世界大衆文学全集20』、改造社、昭和3年)で入手も困難なため、ここに訳してみる次第です。()は原文にあるもの、〔〕は訳註、太字は原文で強調を意図したイタリックです。

          • シャンフルーリ『諷刺画秘宝館』より「日本の諷刺画」

            • 12本

            19世紀フランスの小説家・美術批評家シャンフルーリは、親友ボードレールの勧めで、西洋の諷刺画を古代から現代まで通覧する「諷刺画の歴史 Histoire de la caricature」シリーズ全5巻を刊行したあと、そこで扱わなかった東洋の諷刺画について『諷刺画秘宝館 Le musée secret de la caricature』(1888)に纏めます。この翻訳は、そのうち日本の部« La caricature au Japon »を訳したものです。全11章。初出は1885-86年のL'art : revue hebdomadaire illustrée誌での連載です。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。原著の豊富な挿絵はnoteには掲載できませんので、ご了承ください。なお割愛した前半部はトルコの影絵芝居カラギョズについて書かれています。

          • アルジェ覚え書き

            • 1本

            早瀬麻梨によるアルジェリア旅行記

          • ジュゼップ・プラ 『灰色のノート:日記』

            • 3本

            カタルーニャの作家ジュゼップ・プラ(Josep Pla)の代表作『灰色のノート:日記』(El quadern gris un dietari)の翻訳です。当翻訳は翻訳権の十年留保に基づき公開しています。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • フジュレ・ド・モンブロン「ガリア人の首都あるいは新たなるバビロン」

              【原典:Louis-Charles Fougeret de Monbron, La Capitale des Gaules ou la Nouvelle Babylone, 1759】 【放浪の諷刺作家ルイ=シャルル・フジュレ・ド・モンブロンが、晩年にパリの堕落を難じた小冊子です。都市の頽廃とは虚飾と実態の乖離であり、その最たるものが賭博と演劇だと考えているのは興味深いところです。なお本編に対する批判に答えた続編(Seconde partie)もあるのですが、拙訳では割愛しま

              スキ
              3
              • 山田菊『八景』第四部「山々」

                (凡例はマガジンのページをご覧ください) 日光わが恋は 知らぬ山路に あらなくに 迷ふ心ぞ わびしかりける 貫之 杉の長い闇、この植物の列は柱や桁まで続く、緑を脱がされ、枝葉を落とされ、金に飾られ、漆を塗られた、精気のない動かぬ植物だ。 美しき森の柱廊は、長く緩やかに、彫刻を施された山、日光へと至る。 震える柱、華厳の滝は、透明な二段目の高台、中禅寺とその湖を支えている。 流れる早瀬をさらに少しずつ遡ると、最後の高原、湯元に出る、そこから虹が伸び、卵の臭いのする温泉

                スキ
                4
                • スタール夫人「翻訳の精神について」

                  【原典:Madame de Staël, « De l'esprit des traductions », article inséré dans un journal italien, 1816(Sulla maniera e la utilità delle traduzioni (tradotto in italiano da Pietro Giordani), in «Biblioteca Italiana», Gennaio 1816)】 【スタール夫人による翻訳論

                  スキ
                  9
                  • アナトール・フランス「グザヴィエ・ド・メーストル」

                    【原典:« Préface d'Anatole France » dans Voyage autour de ma chambre, 1878 / Anatole France, « Xavier de Maistre » dans Le Génie latin, 1913】 【アナトール・フランスによるグザヴィエ・ド・メーストル評です。初出は1878年版『部屋をめぐる旅』(「部屋をめぐる夜の遠征」との合冊)の序文で、のち1913年刊の『ラテン精神』にも収録されています。本

                    スキ
                    3
                    • バンジャマン・コンスタン「恐怖の効果について」

                      【原典:Benjamin Constant, Des effets de la terreur, 1797】 【総裁政府時代に書かれたバンジャマン・コンスタン初期三部作(「フランスの現政府の力について、またそれを支える必要について」「政治的反動について」「恐怖の効果について」)の最後にあたる短編の全訳です。ここでいう「恐怖 la terreur」とは、具体的にはフランス革命期の山岳派による恐怖政治(1793-94)のことですが、テロや圧政といった政治手段としての恐怖一般のこと

                      スキ
                      2
                      • 山田菊『八景』第三部「京都」(後半)

                        (凡例はマガジンのページをご覧ください) 盲目の皇子の寺琵琶湖へ行く途中に開けた場所を見つけた、そこは罪人の首が落とされたところであり、宮廷から追放された盲目の蝉丸が住んでいた出会いの山〔逢坂〕でもある。彼は琵琶を弾き、こう詠んだ。 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 その姉、逆髪姫は、逆立つ髪の皇女で、狂人だった。さほど遠くないところには、蓮糸で曼荼羅を編んだ千代姫の寺もある〔中将姫の織ったという當麻曼荼羅のことか?ただし當麻寺は葛城にある。

                        • 山田菊『八景』第三部「京都」(前半)

                          (凡例はマガジンのページをご覧ください) 東海道それは百年来の街道だ、侍たちを従えて漆塗の行列が通る。天皇の京都から将軍の江戸へと至る動脈であり、広重が絵にしている。 最初の道程を富士が睥睨している、富士、神道的な白無垢に包まれ、日本の景色を司る偉大な神官、崇高な静寂、峻厳な不動、この国の辻々で旅行者が巨大な里程標としている。 往時と同じく、もぐら塚の野原一面に稲叢が立つ。鴉雀が飛びたつ。葉蔭に艶めく蜜柑、早雪の斜面に散りばめられた野菊。生気の衰えとともに木々が紅葉する

                          スキ
                          1
                          • 山田菊『八景』第二部「東京」(後半)

                            (凡例はマガジンのページをご覧ください) 公園芝 齢千年の墳丘の上に、鳩小屋の軒を積み重ねたような多層の仏塔〔増上寺五重塔〕が建っている。 おお!仏塔の法悦のような、長夜の深い眠りよ! Oh ! dormir d'un sommeil aussi profond Que l'extase de la pagode Durant une nuit longue ! ... 〔原句不明〕 森から頭を覗かせ、車や市電のうなりにも泰然としている。金の宝珠が寺社の緑の軒並を睥睨

                            • コロナウイルス対策についての仏マクロン大統領の演説(「新たなページを開く」2020年6月14日)

                              【原文:Adresse aux Français, 14 juin 2020】 フランス人、親愛なる同胞の皆さん、 今晩わたしは、これからの日々について、また流行に対峙するわれわれの組織について話し、この危機から最初の教訓を引き出し、そして今後の道筋を手短に描きたいと思います。 われわれは明日から、いうなれば、ついに乗り切った危機の第一幕のページをめくることができます。 明日から、依然ウイルスが猖獗を極めているマヨットと仏領ギアナを除く全ての領土は、これまで「緑の地域

                              スキ
                              1
                              • 山田菊『八景』第二部「東京」(前半)

                                (凡例はマガジンのページをご覧ください) 鳥の羽ばたき大きな灰色のしみが、鬱蒼とした日本の中で、青く美しい裂け目に縁どられている、東京湾だ。 1世紀の間に大地の痙攣が2度もこの都市を揺らし〔安政の大地震と関東大震災〕、火山国の首都は赤々とした炎、「江戸の華」を上げた。 河川や大河や運河といった何本もの血流が流れ込み、多くの人口を呑み込む太鼓腹。 泥道と静かな舗道、レンガ、セメント、銑鉄、優雅な木が、混ざり合って肌理をなす雑多な町。 電線の網が都市を包んでいるようだ。

                                スキ
                                8
                                • 山田菊『八景』第一部「宮島」

                                  (凡例はマガジンのページをご覧ください) 神殿の島霧のなか聖なる島に船が着く。艶の出た桟橋に立つと、わが国の盆石作家が漆の上に羽根ペンで描いたような起伏ある見事な風景のひとつだと、さっそく言いだす者がいた。 わたしはというと、太陽神の弟である荒神スサノオの3人の娘〔宗像三女神〕の住まうところをお参りする。大きな鳥居、つまり木の門があり、先端が水に浸っているこの都市の、まさしく玄関となっている。 神殿は満潮に呑まれ、沈んでゆく。木々に覆われた山々が青空に聳え、くっきりと姿

                                  • 山田菊『八景』序文「事のいきさつ」

                                    (凡例はマガジンのページをご覧ください) 「おばさん、一緒に来てください。鳥を買いたいのです」日本の学生が大家に言った。 川辺の並木の下、ふたりは小鳥屋の前で、図書館の本棚にいるかのごとく熱心に眺めていた。 ここでは色が表題だ。柵の向こうで飛び回っている。叫び、歌い、羽ばたく。積まれた鳥籠は人間の家に似て、2階から7階まである。地面には亀が群れ、動く敷石のようだ。 「ほら、日本のサヨナキドリよ!」フランス人の女店主が言う。 すると若者は懐かしさに襲われ、顔を上げた。