Cato Triptyque

コミケットや文学フリマなどで、主にフランス文学の翻訳同人誌を頒布しています。既刊:シャンフルーリ『猫』『諷刺画秘宝館』/グザヴィエ・ド・メーストル『部屋をめぐる旅』『全集(上下巻)』/若月馥次郎『桜と絹の国』
    • 山田菊『八景』
      山田菊『八景』
      • 6本

      1897年、在リヨン日本領事の山田忠澄とフランス人の妻マルグリットの間に生まれた山田菊は、戦間期にはフランスの文人たちと交流しながら日本を舞台とした小説をフランス語で書いていましたが、講演で日本を訪れていたときに開戦を迎えたため戦時下を日本で過ごすこととなります。戦後はジュネーヴ郊外の小さな村に暮らし、1975年に亡くなりました。この翻訳は、山田菊が1927年に著した日本紹介『八景 Les huit renommées』を訳したものです。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。なお原著には藤田嗣治の挿絵が多く挟まれているのですが、noteには掲載できませんので、ご了承ください。

    • フランス演説集
      フランス演説集
      • 5本

      フランス語でなされた演説の翻訳です。

    • アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』
      アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』
      • 13本

      アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景 Scènes de la vie de bohème』は1845~49年に文藝誌『海賊 Le Corsaire』で連載され、1851年に出版されました。全23章。同年代の友人であった詩人ボードレール、短編作家シャンフルーリ、諷刺画家ナダールといった藝術青年たちとの暮らしを元に書かれた小説で、いま言われているところの「ボヘミアン」、すなわち藝術や文学を志しつつ未だ何者にも成れない高等遊民のような若者、という概念を打ち立て、プッチーニのオペラ(1896年)やカウリスマキの映画(1992年)にもなりましたが、肝心の原典が戦前に抄訳されたのみ(森岩雄「ラ・ボエーム」、『世界大衆文学全集20』、改造社、昭和3年)で入手も困難なため、ここに訳してみる次第です。()は原文にあるもの、〔〕は訳註、太字は原文で強調を意図したイタリックです。

    • シャンフルーリ『諷刺画秘宝館』より「日本の諷刺画」
      シャンフルーリ『諷刺画秘宝館』より「日本の諷刺画」
      • 12本

      19世紀フランスの小説家・美術批評家シャンフルーリは、親友ボードレールの勧めで、西洋の諷刺画を古代から現代まで通覧する「諷刺画の歴史 Histoire de la caricature」シリーズ全5巻を刊行したあと、そこで扱わなかった東洋の諷刺画について『諷刺画秘宝館 Le musée secret de la caricature』(1888)に纏めます。この翻訳は、そのうち日本の部« La caricature au Japon »を訳したものです。全11章。初出は1885-86年のL'art : revue hebdomadaire illustrée誌での連載です。()は原註、〔〕は訳註、太字は原文ローマ字表記の日本語です。原著の豊富な挿絵はnoteには掲載できませんので、ご了承ください。なお割愛した前半部はトルコの影絵芝居カラギョズについて書かれています。

    • アルジェ覚え書き
      アルジェ覚え書き
      • 1本

      早瀬麻梨によるアルジェリア旅行記

    • すべてのマガジンを表示

アナトール・フランス「グザヴィエ・ド・メーストル」

【原典:« Préface d'Anatole France » dans Voyage autour de ma chambre, 1878 / Anatole France, « Xavier de Maistre » dans Le Génie latin, 1913】 【アナト…

バンジャマン・コンスタン「恐怖の効果について」

【原典:Benjamin Constant, Des effets de la terreur, 1797】 【総裁政府時代に書かれたバンジャマン・コンスタン初期三部作(「フランスの現政府の力について、またそれ…

山田菊『八景』第三部「京都」(後半)

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 盲目の皇子の寺 琵琶湖へ行く途中に開けた場所を見つけた、そこは罪人の首が落とされたところであり、宮廷から追放された盲目…

山田菊『八景』第三部「京都」(前半)

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 東海道 それは百年来の街道だ、侍たちを従えて漆塗の行列が通る。天皇の京都から将軍の江戸へと至る動脈であり、広重が絵にし…

山田菊『八景』第二部「東京」(後半)

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 公園 芝 齢千年の墳丘の上に、鳩小屋の軒を積み重ねたような多層の仏塔〔増上寺五重塔〕が建っている。 おお!仏塔の法悦の…

コロナウイルス対策についての仏マクロン大統領の演説(「新たなページを開く」2020年6月14日)

【原文:Adresse aux Français, 14 juin 2020】 フランス人、親愛なる同胞の皆さん、 今晩わたしは、これからの日々について、また流行に対峙するわれわれの組織につい…