マガジンのカバー画像

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』

13
アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景 Scènes de la vie de bohème』は1845~49年に文藝誌『海賊 Le Corsaire』で連載され、1851… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』序文

(凡例はマガジンのページをご覧ください) この本で言うところのボヘミアンは、大衆演劇の脚…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第1章:いかにしてボヘミアン一派は…

(凡例はマガジンのページをご覧ください) ここに記すのは、懐疑論者たちが神の代理人と呼ぶ…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第2章:神の遣わし者

(凡例はマガジンのページをご覧ください) ショナールとマルセルは勇ましくも朝から仕事に取…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第3章:四旬節の恋模様

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 四旬節の日の夕方、ロドルフは家で一仕事しようと…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第4章:アリ=ロドルフ、あるいは強…

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 心ない大家に石もて追われたロドルフは、しばらく…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第5章:シャルルマーニュの銀貨

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 12月の終わりごろ、ビドー社の配達員たちは100通…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第6章:ミュゼット嬢

(凡例はマガジンのページをご覧ください) ミュゼット嬢は容姿に恵まれた20歳の娘で、パリに来て間もないうちから、すらっとしていて愛想よく多少の野心はあるが綴字のあやしい美人のたどる道をなぞっていた。しばらくはカルチェ・ラタンの夕食に華を添えてくれた、いつも実に瑞々しい声で、音程は正確でないが、たくさんの民謡を歌ってくれたから、韻律を磨き上げる職人藝を称えて、以来ミュゼット嬢と呼ばれるようになったのだ〔ミュゼットはバグパイプの一種で、フランスの田舎舞曲に使われる〕、ところが突

スキ
1

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第7章:パクトロス川の流れ

(凡例はマガジンのページをご覧ください) それは3月19日のこと……ニネヴェ建立を目撃した…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第8章:5フラン玉の価値

(凡例はマガジンのページをご覧ください) ある土曜の晩、間もなく登場するミミ嬢と同棲する…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第9章:極地の菫

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 当時ロドルフは従妹のアンジェラに惚れこんでいた…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第10章:嵐の岬

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 季節はじめの月には、ぞっとする時期がふたつある…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第11章:ボヘミアンのカフェ

(凡例はマガジンのページをご覧ください) 文学者でプラトン哲学者のカロリュス・バーブムシ…

アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』第23章:青春は隙行く駒

(凡例はマガジンのページをご覧ください) ミミが亡くなって一年、まだ一緒に住んでいたロド…