ハセガワタクミ

2021年よりブログ「スパイスフルライフ」(https://spicefull-lif…

ハセガワタクミ

2021年よりブログ「スパイスフルライフ」(https://spicefull-life.com/ )運営。 家庭料理を10年以上、スパイス料理は3年ほど作ってきました。スリランカ料理&カレーがお気に入り。でも、ここではスパイスから離れた日々の暮らしのこと、感じたことを書きます。

マガジン

  • 一汁一菜を通して考える

    食事の型、「一汁一菜」を通して考えたこと、実践の記録です。

  • 我が家の伝統を残す

    我が家の伝統的な食を作り直し、見つめ直すマガジンです。

  • 食の戯言(ざれごと)

    共感できないかもしれないけど、新たな視点が得られるかもしれない、食のマガジン。

最近の記事

  • 固定された記事

7年ぶりに、我が家の手作り恵方巻が戻ってきた話

戻ってきた……というか、私が作ったから戻したという話です。 7年前までは母親が作っていた我が家の恵方巻。 毎年この時期になれば張り切っていて、病におかされながらも、このときばかりは気合を入れて巻き寿司巻き巻き。 何が母をそうさせているのかはついぞ知れなかったけど、母親にとっては大切な行事だったのでしょう。 しかし、6年前の1月に母親が他界。 当時大学4年生。直後の節分は作る気力なんてなく、買ってきた恵方巻で済ませてからはズルズルとその習慣が続いて今年(2024)を迎えたわ

    • あなたは、平べったいオムライスの海を泳いだことはあるか

      我が家のオムライスは平べったいオムライスでした。 喩えるならば平原、あるいは海。 皿の上には、木の葉型のこんもりした島が浮かぶのではなく、ただひたすら広漠な海。 中のライスは皿の窪みにそのボリュームを収めるから、ドーム型にもならない。 ま、今ではこれも悪くないと思うんですが、昔の私は「テレビで見るオムライス」らしいオムライスを求めていたガキンチョだったわけです。 で、所謂「たんぽぽオムライス」がテレビで紹介されるや、そのガキンチョ、親に「作ってくれ」とせがみます。 「よっし

      • 我が家のお雑煮が消えてなくなる前に、記録を残しておこうと思う

        我が家のお雑煮がピンチ。 今年の正月3日間、お雑煮を食べていなかったことに気づいたのだ。 これまで20余年、当たり前に食べていたものが、作る人を喪ってパタリと途絶えた。 そう、これまで我が家の伝統を担っていた祖父母が、ここ数年で急にみんな旅立ってしまった。 親戚の集まりは規模が小さくなり、おせちは正月の食卓に上らなくなった。 父方でも、母方でも、祖母がずっとおせちを手作りしていたからか、我が家では「おせちを買う」という選択肢は出てこない。 そして、おせちがなくなれば、つら

        • イカスミパスタ食って思い出す、サイゼリヤの理念

          朝11時前、サイゼリヤに一人でふらっと入った。 まだ昼飯の時間でもないのでガラガラ。学生の一団も屯していない。 この日は朝から冷えていたので、とりあえずスープとして「田舎風ミネストローネ」は決定。あとはパスタにでもしようとページをめくる。 「エビとアスパラガスのオーロラソース」の口で入店していたが、その下にある「イカの墨入りスパゲッティ」にどうしようもなく興味をもっていかれた。目が釘付けになって離れない。 でも、これまで一度もイカスミパスタを食ったことがない。こんな気楽に入

        • 固定された記事

        7年ぶりに、我が家の手作り恵方巻が戻ってきた話

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 一汁一菜を通して考える
          ハセガワタクミ
        • 我が家の伝統を残す
          ハセガワタクミ
        • 食の戯言(ざれごと)
          ハセガワタクミ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          紀州の巨大梅干しは昔ながらの「しょっぱ~い」味

          父親が和歌山で梅干しを買ってきた。 一般的なサイズの梅干しと、でっかい梅干しの2つ。 でっかいほうは、見ているだけでもその肉厚さが伝わる。でっぷり、ふっくら。 あまりにも立派だからさぞいい店で買ったのだろうと思っていたら、寺のそばで無人販売していたという。しかも1パックなんと100円。 よく見ると皮に斑点のようなものがあるから、訳あり品扱いだったのかもしれないが、それでも破格である。 この写真を撮ったときには、もう何個か食べてしまったが、最初はパックにミチミチと詰まっていた

          紀州の巨大梅干しは昔ながらの「しょっぱ~い」味

          【一汁一菜】続けるための味噌汁マイルール3つ

          ご飯と味噌汁、そしておかず(たいてい漬物か佃煮)をもって一食とする、日本の食事の最も基本の型、「一汁一菜」。 私は今冬(2023)から夕食の基本を一汁一菜にしてしばらく経ちます。 以前から献立に迷ったときや、冷蔵庫の余り野菜をキレイにするためスポット的にやっていたものの、習慣にしてみると、一汁一菜が生活の土台をきっちり整えてくれ、重心低く、色んな事に対してどっしり構えられるように。 一汁一菜に固定することで夕食に迷わなくなったことと、その安定感から、今やりたいことに集中でき

          【一汁一菜】続けるための味噌汁マイルール3つ

          【一汁一菜】平日の夕食をご飯と味噌汁固定で一週間過ごしてみた

          一汁一菜。 ご飯と味噌汁とおかず(基本的に漬物)の食事。 2016年に出版された、土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」は多くの悩める家庭料理人を救った……というのはもうあちこちで語り尽くされていると思うから、まず、私と一汁一菜との出会いについて書きます。 私が「一汁一菜」を知ったのは「一汁一菜でよいという提案」ではなく、「おかずのクッキング」(後に「一汁一菜でよいという提案」も読みました)。私が中学生のときから親が買ってきていて、私の料理の基礎を鍛えてくれた「おかず

          【一汁一菜】平日の夕食をご飯と味噌汁固定で一週間過ごしてみた

          2年続けたブログがとんでもないことになったので、noteをはじめることにした話。

          直滑降。 うちのブログ「スパイスフルライフ(https://spicefull-life.com/)」のユーザー数。 ご存じの方も多いと思うけれど、2023年10月のGoogleコアアップデートにうちも見事に被弾。ユーザー数は半減、PVも40~50%減。2年間、シャニムニ突っ走ってきて、ニッチなテーマ(スパイス料理・スリランカ料理がメイン)ながらも成長を続けていたブログだけに、そのショックは計り知れなかった。 (ご存じでない方に説明すると、Google検索では年に数回、検索

          2年続けたブログがとんでもないことになったので、noteをはじめることにした話。