見出し画像

はじめての渓流釣り。

2020/3/22 躁鬱日記112日

画像1


ずっとやりたかったことを初体験してきた。

"渓流釣り"

少し前に、わかさぎ釣りに行ってきたので実質2回目ではあるが、今日のほうが本格的な釣りという感じだった。

自宅から約1時間の山奥に、友人2人と朝6時半出発で行ってきた。

釣りのポイントに行く前に、コンビニで釣り券を購入。釣り券を買うなどということも知らないど素人。友人に頼りっきり。

絶対すれ違えない狭い道を通り、山の奥へ奥へと進む。今日は、アマゴの放流の日らしく、周辺にはちらほらと釣り人の姿が。

さらに、奥へと進み、釣り開始。オーバーオールに長靴がついたような"THE 釣り人"なコスチュームに着替える。

竿はリールのないもので、エサはミミズを使用。竿の投げ方や動かし方を教わりながら釣っていく。

といっても、中々釣れるものではない。ひとつのスポットで5回ほど試してもダメなら移動していった。

魚の習性から川の下流から上流へと上がっていく。気がつくと、2時間があっという間に経過していた。

川はとても澄んでいて、魚影などほとんど見えなかった。内心、釣れるのかな?と思っていたとき、友人が15cmほどのアマゴを釣った。

(釣れるんだ)少し落ちかけていたやる気が、持ち上がってきた。

画像2


しばらくして、放流ポイントへ移動する。多くの釣り人の姿があり、一部が時間限定で子どもの釣りポイントになっていた。

その周辺で釣りを再開する。しばらくすると、もうひとりの友人が15cmほどのアマゴを釣った。こちらは、養殖のような感じで色が少し違っていた。

いいなぁと思って、竿を垂らしてぼんやりとしていると、なんだか引っ張られるような感触があった。

釣竿を上げてみると、小さいハゼのような魚が釣れた。ぽっかりと口を開けた様は、少しマヌケだった。小さすぎたので、リリースする。

しばらく釣るも、結局それっきりだった。

画像3

最後に、アマゴと焼きおにぎりを焼いて休憩。少しもらったけれど、美味しかった。焼きおにぎりも最高。

釣果としては、全然ダメだったけれど釣りの雰囲気を楽しめたので良かった。またリベンジしたいなと思う。

昔は、釣りなんてぼーっとしてやるものかななんて思っていたけれど、意外とそうでもないなと思った。川も空気も澄んでいて、気持ちの良い時間を過ごせた。

自然はいいね。

今日の1枚「スモーカー」

画像4



6:00 起床
6:30 釣りへ出発
7:30 釣り開始
14:00 終了
15:30 帰宅
   休憩
18:00 ウォーキング
18:35 夕食 寿司
19:30 ウォーキング
20:10 入浴
20:45 note 描いたり、絵を描いたり、、、

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝でございます😊
14
表現するひと。小説やエッセイを読むのも書くのも好き。絵も見るのも描くのも好き。漫画はじめました。音楽にも挑戦したいよな。躁鬱人。ちなみにLGBTのGですのであしからず。

こちらでもピックアップされています

はざまの躁鬱日記
はざまの躁鬱日記
  • 223本

双極性障害でゲイの人間の日々を綴ろうと思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。