ぱるぱる/村山悠

ライター https://note.com/boushiseijin/n/nd91ba34939d5 『マンガでわかる妊娠中のレシピ』『編集者ライターへの道2017』『他人の心がわかる心理学用語辞典』、薬膳、レシピ、不妊治療、メイク、スキンケア、恋愛心理、精神医療

ぱるぱる/村山悠

ライター https://note.com/boushiseijin/n/nd91ba34939d5 『マンガでわかる妊娠中のレシピ』『編集者ライターへの道2017』『他人の心がわかる心理学用語辞典』、薬膳、レシピ、不妊治療、メイク、スキンケア、恋愛心理、精神医療

    マガジン

    最近の記事

    国葬の朝の夢

    90年代に王子様として、一世を風靡した有名シンガーソングライターとの邂逅 スピリチュアルや代替療法にハマっている友人とその娘 彼女の娘は鍼で歯痛が治るという シンガーとの情事の比喩がばれて、彼の妻にブロックされる 目の前で無視される私は、子どもがいないことに劣等感を覚え どうやっても彼らには勝てず、私は彼の妻がプロデュースしたメダイをつけたくなる *** 男は浮気する 女も 洗濯に失敗してまだらになったパンツとブラジャーは また買えばいい マザー・テレサは、あな

    スキ
    1
      • 死にたいけれど困ってはいない

        新しい職場に来て3年、夫は適応障害がぶり返し、とうとうしんどくなって7月に退職した。仕事がないのは羨ましいけれど、私は連休のない仕事をやめる気もなく続けている。 すごくつらいわけでもなく、役所に健康保険や年金の手続きに行く夫にすごいなと思ってついて行く。 困ってはいない。夫がずっと家にいるとなると少し窮屈だけど、勉強するときくらいしか困らない。貯金もあるし。 何を思っているかわからないけれど、夫の口から死にたい消えたいといった言葉が出ることも減ったようだ。 ……なのに

        • 江戸切子風鈴・金魚

          • 風景以外すべて幻

            夢の中では、有料サイトを無料サイトにしてすべて想像できる。 できちゃった結婚で結婚式の前に男に逃げられた女の子、でもあれは夢ではなく聞いた話。 不幸だとか不幸じゃないとか、そんなもの存在しなくて、ただ風景だけが現実。

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • すべて愛するものたち
            ぱるぱる/村山悠
          • コスメ・美容関係
            ぱるぱる/村山悠

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            殺人鬼の気持ち

            映画を見に行った。 「死刑にいたる病」という映画。 善良な市民を装って、猟奇的な殺人を繰り返してきた男と、かつてその男に優しくされ、男が刑務所に入ってからも手紙をもらっていた青年の物語。 グロテスクで直視できない描写はあったけれど、私にはこの殺人鬼の気持ちが少しわかるような気がした。 両親の仲がよく幸せな家庭に育ち、褒められれば素直に喜び笑顔を見せる人。 そうでない人がそんな人を見かけたら、自分と同様に傷ついてほしいと思うのではないだろうか。 自分にないものを持っ

            スキ
            6

            ジョジョと猫背

            「ジョジョの奇妙な冒険」第1部1巻と、第6部・ストーンオーシャンの1巻を読んでから、東京スカイツリーとアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボイベントに行ってきた。 「ジョジョの奇妙な冒険」はもちろん知っているけど、子どもの頃は内容がよくわからず、ちゃんと読んだことはなかった。 第6部の最後まで読んだ夫に解説を頼めばなんとなく理解できるだろうと思い、金曜の夕方、夫と一緒にスカイツリーに向かった。 こういったイベントに行くのは初めてで、あまり詳しくないため

            スキ
            1

            生きてることを思い出す

            夫の適応障害がぶり返して休職したり、職場の人が新型コロナに感染したため休日出勤したりといったことが重なり疲れて、次の休みにホテルへ泊まることにした。 都心のホテルで、ファンシーなキャラクターのアメニティが売りの、朝食つきプラン。 コロナ禍のためか、ターゲット層には手の届きにくい価格だったのか、思ったより空いていて、予約はすんなり取れた。 朝食はレストランから和洋のビュッフェが選べたが、おなかの調子がそんなによくなかったこともあり、動き回りたくないのでルームサービスを頼ん

            スキ
            3

            できること、大切なこと

            疲れちゃった日。 たいしたことないトラブルをリカバリーできなくて、元気出すために観に行った映画はトイレ我慢できず最後まで観られなくて。 できることやるしかないって分かってても、たいしたことできなくてため息出ちゃう。 すごくすごく大事なことと、そうでもないことがあって、自分にできることはそうでもない方かもしれないけど、それでもきっと、世界の中で、人生の中で、できることやるのが大切なこと。

            年末年始、体調がよかった理由

            あけましておめでとうございます。 2022年の年明けは、今までにないほど体調がよく、不思議に感じるほどでした。この体調をキープするために、理由を探ってみたいと思います。 年末に江の島に行ったまずは、昨年末に江の島へ行き、海を眺めながらアジの刺身や焼きハマグリといったおいしい料理を食べたこと。神社の急な階段を上り下りしたのも、いい運動になりました。 運動不足だと気分が落ちてしまうので、少しでも出歩くよう心がけたいです。 命の母ホワイトと漢方を飲んだ生理前なのでPMSにな

            スキ
            1

            不安から解放されるには

            以前、フラワーエッセンスの教室に行ったときのこと。 ストレスから来る不調にいいというフラワーエッセンスを綿棒につけて生え際をツボ押ししたり、手のマッサージを教えてもらったのですが… 講習のあと参加者のひとりが講師の先生に悩みを相談していて、最近不安になりがちで、飲食のバイト中、簡単なこともうまくいかないとか。 講師の人はフラワーエッセンスの紹介・宣伝をしに来ただけで、悩み相談に乗る感じではなく回答に窮しており 私が代わりに相談に乗れていればと後からずっと気になっていま

            事件

            事件は非日常ではなく、日常の中で起きる。先週起きた事件も、何の前触れもなくいつもの仕事中に起きた。 僕はスーパーで青果担当のバイトをしている。8時出勤の16時上がり。昼すぎに社員のひとりが休憩に入る間、1時間だけレジに立つ。 青果と違って、レジは重いものを持つこともなく楽だけど、暇だとつまらないし、混むと焦るから苦手だ。 午後2時に社員が戻ってきて、僕が青果の作業の続きをやっていたら、レジが混んできたのか店内放送で応援を頼まれた。 急いでレジに駆けつけると、太った女性

            スキ
            1

            変身願望

            毎年秋には、季節に合った作品を頼まれる。 作品というのは、小説やエッセイ。 十五夜、ハロウィン、読書の秋といった、普通の主婦や会社員に喜ばれそうなネタをストックして書いていく。 秋に限ったことではなく、春なら別れと出会い、夏には夏休みの思い出、冬ならクリスマスネタだとか、春夏秋冬ほとんど同じことをしている。 そうすると、時々スランプというのがあって、読者はこれで満足してくれるのか? 他の作家も同じようなことを書いているんじゃないかと、自信がなくなってくる。 今書いて

            スキ
            1

            つらいとき楽しいとき

            中学のとき、気が強い友達にからかわれて言い返せなかったこと、高校ではあまり友達ができなかったこと、部活のセンスなくてつまらなかったこと、今でも思い出す。 学校つまらないっておじいちゃんに言ったら、「お前、本好きだから本でも読め」って言われた。 夏休みにお父さんの部屋にある本を読んだら、グロいけど面白かったよ。 センスないのに大学でも同じ部活に入って、しんどくて1年でやめたら居場所がなくなってた。どこでお昼食べればいいかわか

            スキ
            2

            うまい寿司で宇宙の真理が解る

            先日、デパートのお寿司屋さんでちょっとしたお寿司のコースを食べた。 自慢がしたいわけではない。 ただ、人生の食体験の中でも一二をを争う感動があったので、記しておきたい。 コースでは、先付けの海そうめんと追加で頼んだ茶碗蒸しが来て、その後タコの薄造りとアジの刺身、天ぷら盛り合わせを食べ終えると、 いよいよメインのお寿司がやってきた。私はコースの他に、蟹の身にみそを乗せた握りを頼んだのだけど、どうやら蟹みそに関してはうまく板場に伝わらなかったらしく、蟹の握りが来た(メニュ

            スキ
            1

            CAKESへの批判と擁護に対する違和感

            CAKESに連載されている相談形式のコラム、『幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。』において、2件の記事における幡野氏の回答と、編集部の対応が問題視されている(他にも批判されている点がありますが、ここでは2件の記事とその対応について書きます)。 ひとつ目は、夫からDV、モラハラととれる行為を受けている相談に対して、「大袈裟」「ウソ」と決めつけるような回答をしたこと。 ふたつ目は、年上の男性とつきあっている幼馴染を心配する、中学生への回答だ。 上記ツイートのスクリーンショ

            スキ
            11

            私には何かをやる資格がない

            私には、何かをやる資格がない。 気のきいたことが言えない、人に指示を出すのがヘタ。料理は好きだが決してうまくはない。介護の仕事に興味はあるが、体力や精神力がない。 新卒の頃、病院で看護助手をしていたけれど、適性に疑問を感じ、介護の資格取得の条件となる実務経験3年以上も持たずにやめてしまった。 それから通信教育で輸入関税の勉強をしてみたり、親に言語聴覚士を勧められたり保育士や幼稚園教諭の資格にも興味を持ってみたものの、あるのは心理学やリフレクソロジーの講習修了認定や、化粧

            スキ
            4