Me'sotes(メソテス)

健康や医療、生き方の心地よい着地点を考えている薬剤師で二児の母。ランニングと字を書くことが趣味。日本酒とワインとこってり系のものが大好き。頑張りすぎるところが短所でも長所でもあり、肩の力を抜く練習中。ゆるりと更新します。

Me'sotes(メソテス)

健康や医療、生き方の心地よい着地点を考えている薬剤師で二児の母。ランニングと字を書くことが趣味。日本酒とワインとこってり系のものが大好き。頑張りすぎるところが短所でも長所でもあり、肩の力を抜く練習中。ゆるりと更新します。

    マガジン

    • 大好きなnote

      フムフム納得、心に響いたnoteを集めてます。

    • タベタモノデ ワタシハ ツクラレル

      日々のちっぽけな食事の記録を。 ご馳走じゃなくても、簡単なものしか作れなくても、それが毎日の私を作り、いつしか思い出の味、風景となる。

    • 気になる記事をシェア

      医療や健康、その他私が気になった情報をシェア。

    • 気ままなラクガキ

      絵に関してド素人の私が気ままに描くラクガキ公開。

    最近の記事

    • 固定された記事

    名前に込めた気持ち

    ちゅうよう 【中庸】 ①儒教の徳目。中は偏らず、庸は平常で、偏らず常に変わらないこと。不偏不倚で過ぎたると及ばざるとのないこと。②(mesotes ギリシア)アリストテレスの徳論の中心概念。過大と過小の両極の正しい中間を知見で見定めることで、それにより徳として卓越すること。 ----- 私のペンネームの話である。 mesotes (メソテス)は、上記の通り、中庸という意味だ。 告白すると、哲学のことや儒教のことはよくわからない。 ただ、自分が病気になったとき東洋医学に出

      • 押し込めていたものが、はじけた。そして...

        まいにち、マスク。 手洗いうがい。 ソーシャルディスタンス。 検温。それも、1日に何度も。 外出は家の近所と仕事場のみ。 外食にも、ホントはすごく行きたいけれど、行かない。行けない。飲食業の方には本当に申し訳ないのだけれど、私の職業柄、リスクマネジメントの観点から、どうしても。 私が体調を崩してはならない。絶対に。 子ども、家族のため。 そして、仕事場で会う沢山の高齢者にうつすようなことがあっては、決して、ならないから。 マスクの中でも、声を押し殺すような、誰にも聞こえ

        • 大切なフォロワーさんにとりあえず近況報告を。毎日上手くパズルを嵌め込むように仕事と家事のやりくり。そこに余暇という時間や隙間は存在しない。無理矢理ランニングだけはねじ込んでいる。気付いたらもうすぐ師走に突入。毎日不安を抱えて仕事しながらもやり甲斐のある一ヶ月にしたいと願う。

          • 目新しいモノを片っ端から取り入れて...

            久々の投稿。 誰か特定の方を否定・批判するものではないことを書き添えておきます。 ただの呟きと思ってお読みください。 ◆ みんながインターネットを使い、色々な表現したり、意見を表出できるようになったり、作品を発表できるようになったりして、物事がいろいろな人の手で肉付けされるようになったり、考えをみんなが少しずつ寄せ集めて熟成させていけたりできるようになった。 しかし一方で、それらがコンテンツとして捉えられるようにもなり、いままでプロや一部の人しか提供してこなかったエンタ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 大好きなnote
            Me'sotes(メソテス)
          • タベタモノデ ワタシハ ツクラレル
            Me'sotes(メソテス)
          • 気になる記事をシェア
            Me'sotes(メソテス)
          • 気ままなラクガキ
            Me'sotes(メソテス)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ついに新しいケータイを迎え入れることとなった。ぱっくり液晶が割れてしまった先代のケータイは、諸々の引き継ぎ事項が終了して役目を終える。それにしても年々、機能が良くなるにつれ、引き継ぎが面倒になるのは気のせいか。それとも自分が機械に疎くなっているのだろうか。

            ケータイって皆さんどのくらい使って機種変されるのだろうか?昔と違い本体が高額なのに大抵毎回二年経たぬうちに電池がダメになり、さらには今回うっかり地面に落として液晶にヒビが入ってしまった...買い替え時だと皆から言われるが、高額なため躊躇う。無いと困る、見られないと困る必需品...

            秋も深まり走りやすい季節に。昼間街ブラを兼ねてランニングできる気候になってきた。気がつけば400回程走っているらしい。何度も同じ道を走りながらも違う感触や考えや気持ちになり、それを何度も走って塗り替えたり直したり。機械のようには一気に分かりやすく改善できないけど少しずつ少しずつ。

            檸檬堂のキャンペーンに応募したらなんと裏メニューならぬ裏檸檬が当たった!!突然宅急便の方が届けてくれてびっくり。今年の運はこれで使い果たしたか!?

            その価値観も尊重したい。

            いつからだろうか。 パタリとファッション雑誌を見なくなった。 大学時代、"イケテナイ"と自覚していた私は、一生懸命にファッション雑誌を読んだ (いや、その前から十分イケテナイという自覚はあった。→それも歪曲した自意識なのかもしれないと今は思うが...。だってイケてる女子はカーストのほんの一部、トップの少数であり、その他大多数がほぼイケテナイことになるから。それはどんな価値観なんだ?と思う。魅力ということを一定の価値観で括り、それ以外をイケテナイと排除しようとするのは、あまり

            スイッチが切り替わるおばあさんの話

            私が薬を届けている高齢者施設にとあるおばあさんがいる。 かずこさん(仮名)は認知症の患者さん。 一緒に入居されてる他の方も、程度の差はあれ、認知症の方ばかり。 でも皆さん認知症とは思えない穏やかさで全員で歌を歌ったり、楽しく朗らかに体操したりしている。 さて、そのかずこさんだが、介護をしているスタッフにも抑揚のない、淡々とした口調で、すごくすごくひどいことを言うのだ。 文章にするのを躊躇ってしまうほどの内容を。 私が薬を届けに行っても、 アイツは誰なんだ? 頭がおかし

            無駄だと分かっていてもやめられないこと。ランニング中のドングリ拾い。しかもこの丸いタイプのが好きで見つけるとテンション上がり拾ってしまう。子どもから頼まれてもないのに、せっせと。拾ってどうしようということもないが、拾うという行為に一種の充実感を覚えるのである。素敵な秋のカケラ。

            考えることを邪魔する呪縛

            考えていない。 いや、考えられていないのだ。 考える隙間時間がない。 いや、時間を作れていないのだ。 知りたい情報、読みたい本、学ばなければならないこと... 激流の如く押し寄せてくる。 それを左から右へと一生懸命に追いかけるので手一杯。 それらをうっかり鵜呑みにして、無意識のうちにトゲトゲ呪縛を抜くのは、やはり自分の意見とすり替える。 あたかも自分が考えたかのように思えてくる。 * そんな具合だから、いざ自分の頭で考えてみようと腰を据えて挑んでみても、なかなか

            真面目、ってなにかをかんがえてみた。

            私は、よくnoteで自身のことを「真面目」であると書いている。 有難いことに、職業柄、真面目であることは安心を与えますよね、と書いてくださる人もいた。 私の真面目は今に始まったことではなくて、幼少期からと自覚していて、親だけでなく、軒並み友人や同僚、先輩からもよくこの言葉をかけられる。 それに甘んじて、真面目だねと言われることにどこか安心してしまう節はある。         ◆ でもよく考えてみたら、真面目だねと言われるのは全然褒め言葉じゃない気がする。 真面目という

            私事ですが、今日一つ歳を重ねました。朝から一走り。帰ってきたら、子どもたちから心のこもったお手紙をもらう。嬉しい一日の始まり。今日はゆっくり過ごします。

            考えるために休みはある。

            忙しい。 仕事も、家事も、育児も。 こう書いてしまうと、非常にありふれた、単なる多忙な日々を送ってるだけの人のように捉えられてしまうのかもしれないが、私がなんで忙しいのか、具体的に考えてみた。 もちろん、子どもたちそれぞれに予定があり、それに付き添ったり、親が準備や参加をしなければならないことが多いから、ということもある。 それだけではない。 ...たぶん、コロナのせいだ。 コロナで在宅勤務をしてから、在宅でできることは在宅でやるように、との流れになった(事務作業的

            びっくりするほど毎日仕事に追われ気がつくと一週間ということが続いている。雨続きで走れなかったが今日は朝から秋晴れの涼しい1日。心拍数もいつもより上がらず、マスクしながらでもスイスイ走れる心地よさ。季節はまた次へとバトンタッチの最中。道端の彼岸花が小さく赤く燃えていて綺麗。