見出し画像

サマソニ3日目の記録 ~前編~

1日目は割と友達や妻と一緒にいる時間が長くて、書くべきはそっちじゃない。書くのはこっち、完全一人参加となったサマソニ3日目のこと。

音楽知らない人が読んでも楽しめるようにしたい。

よって、どんな曲をやったかだとか、音楽の専門用語を極力交えないで書いていく。ライブを観た自分に何が起こったかに焦点を当てる。

まずは下の図をご覧いただきたい。

赤マルが全部かほとんど見たアーティストで、緑マルが1曲以上30分未満といったところ。かなり頑張った。えらいえらい。
だってライブ観る以外することないんだから!ライブ観てないし移動もしてない時間は、絶えず孤独が襲ってきちゃうんだから!

1組目:Cash Cash

真面目な僕は、朝イチのマリンステージに降り立つ・・ことはせずに、「こんなに暑いと体力が持ってかれるな~!」と日和ってスタンド席に鎮座していた。
早起きしたのはCash Cashを見るため。しかし1組目でマリンの後方エリアにまで、こんなに人が入ってるのは初めて見た。

彼らの音楽性には気品があって、でも底抜けに踊れる流れを持ってきていて、めちゃくちゃ良かった。思い描いてたものが、より良い形で立体的になって目の前にあった感じ。
メンバーの二人が、踊りまくってるお客さんたちを眺めて何度もニコニコしているのが「来てくれてありがとう!!」という気持ちにさせてくれて、すっかり魅了されてしまった。

2組目:MAHALIA

屋外にいることに危機を感じ、幕張メッセに移動。
皆さんは幕張メッセを知っているだろうか?
つまり、屋根があり、壁があり、空調が効いているところだ。

MAHALIAはR&Bやヒップホップを基調とした音楽。ドラムとベースの骨太かつゆったりしたグルーヴに、伸びやかなMAHALIAのボーカルが乗る。
座っててもマリンステージでなかなか疲れた身体に染みわたっていった・・後方で座って楽しむ贅沢な時間だった。

そしてカレーを食べた。

食べ物の写真を不味そうに加工するなんて、罰当たりなことはしない。でも美味しそうに加工する気力を根底から削ぐ写真だ。過去、こんなに食欲をそそらないカレーの写真があっただろうか。

偶然通りかかって見たクロワッサンサーカス団が最高だった。

ジャズ演奏に乗せて、それぞれの得意技を繰り出すサーカス集団。これがすごく楽しい。
30分くらいあったと思うけど、子供たちに混ざってガッツリ鑑賞した。

3組目:JAIN
4組目:THE REGRETTES

1曲ずつ。マリンステージに移動しなきゃならなくて、出るタイミングばかり考えてしまったので早く移動しとくべきだった。反省。

5組目:Perfume

マリンスタジアムがパンパンのパンだった。
去年の12月、横浜アリーナ以来のPerfume。観られて良かった。
モニターに映し出されるのっちが美しすぎて鳥肌が立つこと3回。
52曲入りベストアルバムをサラッと告知したときの会場のザワザワが面白かった。最後の『無限未来』はこの距離でも圧巻。

6組目:PREP

サマソニで一番好きなステージといえば、ダントツでビーチステージだ。海辺で演奏されるR&B、しかもPREPみたいにポカポカした感じのR&Bは最高。

熱中症にビビりまくり、ここまでポカリ2本とミネラルウォーター1本を飲み狂い、塩分タブレットを絶えず接種していたが、このオアシスに来たらお酒を飲まない手はない。

ジーマを口に含み、全身を委ねられる音を浴びた瞬間の僕と言ったら・・自由だ~!!

後編へ続く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
日本語の探求。カレーをやたら食べる。年間5000曲の音楽を開拓。バナナ。 #日記 #音楽 #エッセイ #小説 #カレー

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。