見出し画像

カタール人お勧めのアラブ料理レストラン Orient Pearl Restaurant @ドーハ

Bahargul

ワールドカップで盛り上がる中東の金持ち国家カタール

2022年11月からワールドカップが開催されるカタールですが、日本でカタールの国としての知名度はあまり高くないらしく、まだ「ドーハの悲劇」と言った方がわかる人が多いようです。(…私の友達だけでしょうか?笑)

こちらはワールドカップのキャラクターのラエーブ(لعيب)ちゃんです。

画像14

ドバイに比べて知名度やギラギラ感は落ちますが、ビジネスエリアは高層ビルが立ち並び、海も綺麗なブルーです。

画像10

カタールは、ドバイと同じく外国人労働者の比率が高く、カタール人はたったの12%しかいません。

国土面積も秋田県程しかないために、他のGCC諸国よりも一人当たりのGDPが高く、「世界一裕福な国」とも言われています。

カタール人は皆ヴィラ(戸建て)に住んでいて、高級車に乗っています。女性は高級ブランドのバッグを持っていますが、自然と嫌味になりません(笑)

また、挨拶のチークキス(頬にするキス)をすると、いつもとても高そうな香水の良い香りがします。

カタールは、カタール国民だけでなくカタール在住している外国人にも無料で医療を提供していて、友達(外国人)はお腹の手術をしていましたが、それも全部無料だったと言っていました。

カタール人は他のアラブ人に比べてお上品で、週末の夜はこの写真のように高級デパートに大集合しています。

画像12

昔は旅行者の間で「世界一退屈な街」と言われていたドーハですが、近年カタール政府は観光にも力を入れており、ふんだんに富を使っています。

なので、スークワーキフカタラ文化村など今はワールドカップに来た観光客を楽しませる位のエンターテイメント力はあるかと思います(笑)

画像11


ローカルに評判のアラブ料理レストランOrient Pearl Restaurant

こちらの記事でも触れていますが、カタールは国土が小さく、純粋なカタール料理を見つけるのが難しいため、カタール料理と言って紹介されていても周辺の湾岸諸国にもある料理ばかりです。


なので、レバント料理ではなく、湾岸料理であればひとまず良しとしましょう。

カタール人の友達数人にカタール料理(湾岸料理)を食べたいと言ったら、レストランをいくつか教えてくれましたが、皆各々Orient Pearl Restaurantの名前を出していたので、早速行ってみました。

画像4

建物全体がレストランで、1階のJoury Restaurantはシリア料理、2階のSMAT Restaurant がカタール料理(湾岸料理)です。

せっかくカタールに来たら1階に行かないで、ぜひ2階に行って欲しいです(笑)

伝統的な家庭料理のレシピを守っているドバイやアブダビのAl Fanar Restaurant and Cafeとは違い、ここは少しフュージョンですが、味はとても美味しかったので、お勧めのレストランです♪

1階のレセプション近くにアラビックコーヒーデーツがあり、ウェルカムドリンクのような感じでサーブしてくれます。

画像3

混んでいない時はそのまま見晴らしの良い窓際に通してくれますが、ワールドカップ開催期間中は窓際関係なく、予約をした方がいいと思います。

画像2

内装を眺めているだけでワクワクします♪ 1階も突き抜けの天井から水が流れていて素敵ですが、ちょっとバブリーに見えないこともないです(笑)

画像5

まずは、アラブ諸国だけでなく中東やインドでも飲まれているひよこ豆のスープです。

画像6

カリッと揚げられたケールやローストされたバーミセリ(ビーフン)が入っている、創作風のひよこ豆のスープでしたが、一口飲んでとても美味しいと思いました。隠し味にトリュフオイルを使っているようです。

ひよこ豆のスープは多くのアラブ(やその周辺諸国の)料理のレストランで出されるだけに比較がしやすく、ヒヨコ豆のスープが美味しいとそのレストランの味付けは自分の口に合うことが多いため、勝手に一つの指標にしています(笑)

こちらは湾岸諸国で食べられる、ハンファルーシュ (Khanfaroosh, خنفروش)と言うカルダモンとサフランを使って揚げたスイーツです。

画像7

カタールでは分かりやすく、カルダモン&サフランケーキやカタールドーナツと紹介されていたりします。

このハンファルーシュはゴマが使われていますが、通常はないことが多いです。また、スープの付け添えとして出されていたので甘味は抑えられていました。

次に、冷菜としてムルタエーシュ(Al Murtaeashuh, المرتعشة)を選びました。

画像8

キュウリに、ヨーグルトソースとオリーブオイルがかかっています。

中東やインドでは甘くないヨーグルトがソースとして出てくることが多いですが、消化を助けてくれるので、炊き込みご飯やケバブなど水分が少なめの料理の際には家で食事をする時も一緒に用意しています。

メインディッシュはこちらのサフリーヤ(Safriya, صفرية)と言う煮込み料理を選びました。

画像9

湾岸諸国では牛ではなくがよく食べられており、こちらはラムのスネ肉(250グラムも入っていて嬉しい)がゆっくり調理されていて、とても柔らかくなっています。

トマトベースのスープで、色々なスパイスの味がしましたが、辛さは強くなく、スープもサラサラではなくどろっとしていてとても濃厚でした。

他に、有名なアラブの伝統的な煮込み料理と言えばサルーナ/サローナ(Saloona, صالونة)があり、下の写真はオマーンの首都マスカットで食べた魚のサルーナです。

画像13

サルーナは元々はベドウィンの料理と言われている家庭料理です。

お肉(鶏肉、羊肉、牛肉)と、その時に家にある野菜など色々バリエーションがあり、お肉だけでなく魚も使われます。

味付けはトマトベースであることが多く、野菜はソテーした玉ねぎ、ニンニク、生姜にジャガイモ、人参、ズッキーニ、ナス、オクラなどが入れられます。

豪華なレストランの内装や美味しい食事以外にシーシャ(水タバコ)も楽しむことができるレストランで、お昼過ぎには1階の窓際でシーシャを吸う男性をたくさん見かけました。

食事が終わった後はレストランから歩いて行ける距離に、外観が特徴的なカタール国立博物館もあるので、ぜひ足を伸ばしてみてください♪

画像1





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!