ayuka

原子力(バックエンド分野)のエンジニア。原子力、放射線などで質問があれば答えます。関心領域は核燃料サイクル、エネルギー保障、放射線管理など。 アイディア大全がきっかけで人文系の学問に興味をもち、最近は哲学をやっています。 テクノロジーが発展したとき、私たちはどう変わるでしょうね?
    • 育児記
      育児記
      • 11本
    • そろそろ真面目にエネルギーを考えよう
      そろそろ真面目にエネルギーを考えよう
      • 44本
    • ゲームにおける精神性
      ゲームにおける精神性
      • 10本

      ゲームを真面目にやれ。 そしてゲームから学べ。

    • 2020noteフェスサポマガジン
      2020noteフェスサポマガジン
      • 118本

      2020年版、noteフェスサポーターの記事をまとめたマガジンです。 サポーターのみなさんの「noteフェス楽しみ!楽しい!楽しかった!」という気持ちがたくさん詰まっています。

    • アガる
      アガる
      • 9本
    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

安全はどうやって作られる?原子力安全の例に学ぼう。

原子力施設は事故時の被害が非常に大きいため、『いかにしてより安全にするか?』は永遠のテーマです。追い求めています。 せっかく安全設計の知見が積まれているなら、い…

【下書き供養】相対的貧しさ

相対的貧しさというのがあるけど、みんながみんなそうなるっていうのは良いことか。 無地のシャツとズボンが必要量支給されて、安いチェーン店くらいの食事ができて、お金…

育児記その12 -道行く人がみんな赤に優しい-

赤を抱っこひもでくくりつけて商店街まで歩いていけば あらかわいい 見て~かわいい~ おててぷにぷに~ あちこちから聞こえる声。 街の人は赤が好き。 店に入ればア…

原子力の有識者が集まって、原子力の課題と今後の座談会をしたら、いろいろ課題が挙げられました。

昨年11月、原子力学会誌『ATOMOS』の企画で、原子力のこれまでとこれからを語る座談会が開催されました。 私はなんの関係もないですが、内容が面白かったので要約してシェ…

育児記その11 -赤はバブバブ言う-

新生児のころに(子どもがバブバブ言うのって漫画的表現だったんだな…)と思ってました。 そもそも新生児には濁音が出せません。 しかし濁音が出せるようになったらどう…

Satisfactoryもゲーミフィケーション的に使える気がする。計画立案と実現と修正、チームでの作業分担。ただ仕事度がUnrailedより高い。ちょっとマイクラ的な、無限作業的なところがあるけど、こちらのほうが目的が明確で、そのぶん遊び方の自由度は低い。